優雅(Gracefully)に浪費(Waste)するGWにしようぜぇヘ( ゚▽。ヘ) (c/w ”アニソン三昧は楽しいんだZ!!!”)

 長さを他所様と比べてがっかりするよりも、たとえ少なくともまとまった休みを取れることを喜ぼうと頭を切り替え中ですが、とりあえずあれもしたいこれもしたいと考え過ぎて何も手に付かないなんてことが無いように、まずは掃除から始め気持ち良く引き篭りたい(出掛けようとは思わない)


 それにしても昨日途中から聴き始めたアニソン三昧面白かった。好きな曲、知らなかったけど好きになった曲、懐かし過ぎて泣けそうな曲まで色々流れて胸の中がいっぱいになっていた。丁度”飯島真理”さんがゲストで登場する辺りから聴けたのが本当に嬉しかったなぁ...本気でリン・ミンメイに夢中だった頃があるから、中の人である飯島真理さんも僕には大事な女性なのだだだ。他の曲と一味違い、スイスイ自分の気持ちがツィートにも溢れていた。














 アニメもセットでもれなく思い出してしまうアニソンはやっぱり味わい深い。アニソン三昧聴くとついついアニメを見たくなってしまう。カラオケにも行きたくなるしね。

 それはそうと、日本初のテレビアニメが放送されてから既に60年近く経った今、そろそろ年代別にアニソン三昧をやっても良いような気がした。確かに若い子が好むアニメをアニソン経由で知るのも乙な物だけど、30代も終わりに近づいた僕でさえ苦手なアニメがあるくらいなのだから、もっと目上の方なら更にツボにハマる範囲が狭いことになっているんじゃないかと思うのだ。

 昔を懐かしむだけが人生じゃないが、自分の知っているアニソンが全く流れないのはやっぱり寂しい。毎年のように曲数の記録を更新しているアニソン三昧ではあるが今回も200曲には届かず、フルバージョンで流しているからどうしてもカバー仕切れない所が出て来てしまうのも仕方の無い話なのだから、1960年〜80年、81年〜90年、91年〜2000年、といった感じに分けて三昧をやるのも面白いんじゃなかろうか?


 TVサイズ(90秒)で流した方が良い曲もあるし、これから先のアニソン三昧は曲数や水木一郎の兄貴にばかり頼らない痒い所に手が届く番組作りを目指して貰いたいものですね。贅沢言ってすんませんo┐ペコリ 





 さぁーて。消化し切れて無いアニメ見ながらまずは部屋の掃除だぁぁヾ( =ワ=)ノ ダラダラ
posted by lain at 09:40北海道 ☔雑記