自己犠牲は旧懐の調べ「オーバーウォッチ」Blizzard Entertainment/PS4/Xbox One/PC/感想

僕は子供の頃、兎に角周囲に泣かされてばかりだった。幼稚園に行けば意地悪な友達にからかわれ、家に帰れば姉二人に弄ばれていた。内気な性格で、何処に行くにしても長い田舎道のお供は独り物語を空想することだった。

中でもお気に入りのシチュエーションは「ここは俺に任せて先に行け!」状態の自己犠牲物である。頭のネジが少し緩かったのか?それとも自身の星座である乙女座が自己犠牲精神に溢れているとかなんとかと占いの本で知ったからだろうか?そもそも単純に男の子という生き物はそういうのが好きなだけなのかもしれない。





さて、そんな気の弱い男の子の今はどうかというと、実はあまり変わっていない気がする。せいぜい図体がでかくなって苛められたり泣かされなくなり、本心を偽って強がることが出来るようになったくらいで、いまだに自己満足でしかない自己犠牲物に目が無い。




 ”俺が耐えているうちに頼む!”

昨日発売されたオーバーウォッチは、拠点の確保や対象を護衛するルールがメインで、使用出来る21人のヒーロー固有の能力には補助的な物(敵の攻撃を防ぐ盾やバリア、体力の回復や移動力の増加など様々)も非常に多く、自己犠牲精神を活かし易いゲームバランスで僕の得意技が存分に発揮出来る良いゲームだ。β版を散々遊んだ後なのに、まだまだ個々の特性やチームの組み合わせに試行錯誤する楽しさが止まらない。

残念ながら野良プレイではチームがなかなか噛み合わずフラストレーションも溜まり易いものの、ここぞと言う場面で互いに空気を読み合いガチッと役割がハマった時の気持ち良さはなんとも言えず癖になる。どう"殺すか"では無く、どう"死ぬか"が重要に思えて来る点が実にヒーロー物らしくて面白い。あまりに熱中し過ぎて自己中心的に"俺がこんなに頑張ってるのに他の連中は何をしてやがるんだ!"に陥りそうになった時、「あぁ、俺今ダークサイドに堕ちそうだった...」と思えるかどうかも自分次第なのである。


美味しそうなお肉を目の前にしたらつい食べてしまう自称菜食家のように、FPSにおいては勝敗を左右しない場面でも"つい"ド派手にキル数を稼ぎたくなってしまうが、そこをあえて我を殺し仲間を活かす道を選択するのも「乙な物だろ?」なんていうヒーローの囁きが聴こえて来そうだ。

良い生き様なんて今更都合良く夢見る気はない。せめて良い死に方をしたいと切実に感じるお年頃な僕である.....








関連過去記事

続きを読む

posted by lain at 07:17北海道 ☔Comment(0)ゲーム

35年必要とされる仕事

今朝はなんだかへらへらしながら目が覚めた。珍しく夢がちょっと笑える展開だったからだ。内容は起きて直ぐ霧散してしまったけれど、もう少し見ていたくなる夢だったと思う。お陰様で昨日焼肉をたっぷり食べて内臓が疲れている割に、悪く無い朝だ。


昨日は何かと充実していたような気がする。焼肉をやったのもそうだがオタク活動がなかなか忙しかった。艦これのレベリングをしたり、FIFA16のキャリアモードを進めたり、焼肉で幸せになった身体のまま居眠りをかましたり、日本向けのタグを付けてTwitterをやりながらMotoGPを観戦したり、こりゃ家の外に出てる暇なんて何処にもありゃしないぞ!と、いった感じだった。

特に、夜になってアーカイブを聴き始めた先週分の坂本真綾のラジオ「ビタミンM」は面白かったなぁ。滅多にラジオ出演などしない”岩里祐穂”さんが自身の作詞活動35周年を記念して発売するコンピレーションアルバムを引っさげて登場し、真綾へ提供した楽曲達の話を聴かせてくれたのが凄く良かった。真綾も岩里さんも勝手知ったる仲といった感じで、師弟であり友人である二人の互いを認め合う関係が羨ましく思えた。流石は40曲もの歌詞を提供した(してもらった)間柄です。



そんなこんなで岩里さんの記念アルバムが出ると知って、どんな楽曲が収録されるのか見てみると、新旧・ジャンル・レーベルを問わない面々の歌が並んでいてバラエティーに富んでいた。言わずと知れた今井美樹、まさかの”ももクロ”、懐かしの”西田ひかる”やガチな女性シンガー”矢野まき”、奥さん(今井)に続いて旦那である”布袋寅泰”まで居た。35周年にかけて35曲を選んだそうだが、ここには収録し切れず泣く泣く切った曲も沢山あるに違い無い。ディスク2枚組で、DISC2には真綾の「プラチナ」も含めアニソンがたっぷり収録されており、僕のようなオタクも必聴のアルバムになっている。

ジャケットは岩里さんと交流のある高橋留美子さんだと言うし、気になって仕方ない35周年アルバムだが、とりあえずAppleMusicと手持ちの楽曲で半分ほど今回収録される曲のプレイリストを作れたので、それを聴きつつ懐事情と相談してみようと思った。


今週分のビタミンMで、どんな話の続きを聴けるのか楽しみだなぁ。











関連過去記事


posted by lain at 07:03北海道 ☔Comment(0)音楽

誰が読んでも得しない愚痴と愚痴

他人に気付かれない所で努力することを白鳥のみずかきに例えることがある(水の上で優雅に浮かんでいるように見えて、水中では足をバタつかせていること)けれど、僕には体面を取り繕って格好付けているだけに思えて、まるで良い例えには思えない。

誰かに見られていようがいまいが気にせず努力出来る人こそ真の努力家だろう。努力を隠すと言うのは泥臭く頑張る事自体を嘲笑したり恥じているのと同じだ。目立ちたいだけの汗なら話は別だが、ただただ愚直なだけの汗であればそれだけで十分美しいはずである。




話は変わるが、また会社の制服の色が少し変わった。親会社の体制が変わる度服の色も変わって近年忙しない。今まで一番嫌だった色は黄土色で、着た期間も1番短かった。僕のような使い捨ての兵隊にはおよそ窺い知れない自称偉い人達の熟孝あっての変化なのかもしれないが、実質の変化をまるで実感出来ないところに注力しているようで馬鹿馬鹿しい。これまた親会社が今頃になって全員幸せになれるような構造改革がどうのと言い出しているが、おそらく何も得る物は無いだろう。現場レベルは毎年増える品質と安全を守るためのルールで雁字搦めで効率化は望めないし、結局のところ互いの利益を調整し、PCでの処理効率を上げて管理部門は人減らしを進めるくらいしかやれることなど残されていないのだから。

構造改革の話し合いの場に、親会社の更に上の大元の会社の面々もいて、若くて世の中を甘く見ていそうなキャリア組の男が三人ほどいたが、彼らはそうした事実を分かっているのだろうか?業界を正常化するということは、無駄に金を獲っている人達の利益をまず削らなければならないということを。呑気にパイプ椅子に座っている場合では無い。その覚悟が無いのに歩み寄ろうと言うのでは、まるで貧困に苦しむ地域へ行き「可哀想に...」と悲しげな顔で自己陶酔に浸る人道主義の皮を被った資本主義者と何ら変わらない。


ほんの短い時間の会議ではあったけれど、普段から燻っている物を刺激するのには大いに効果的だった。お陰様で手渡された意見記入用のアンケート用紙はあっという間に枠いっぱい文字が収まっていた。こんな喧嘩腰の文面を読んでも尚"共存共栄"を口に出来る物なら、やっと同じ土俵に登って来たなと頭を撫でてやりたい。

もういい加減現場を知らない頭でっかち共のお遊戯に付き合うのも楽じゃないな.......
posted by lain at 07:11北海道 ☔雑記