叢雲の肋骨は、水葬にします.....

刑事「なんでこんなことしたの?」

僕 「ただの出来心だったんです....」

刑事「大破したままダメコンも積まずに進めば、こうなるってことくらい今時小学生だって知ってるでしょ?」

僕 「本当にすみませんでした.......」

刑事「俺に謝られても困るんだよ貴方。亡くなられた方と、その家族に伝えなきゃ。もう戻って来ないんだよ?叢雲さん.....」

僕 「うぅぅぅぅ.....」


刑事「とりあえずどうしてこうなったのか最初から話て」

僕 「はい....あれはそう、確か北方海域での事でした....」



初めて、艦娘が轟沈した。

今までに見たことも無いで告げられ、本当にあっさり居なくなった.....



普段からダメコンは積まずに遊んでいた。ダメコン積むぐらいなら少しでもアイテムでパラメーターを上げたかったのだ。どうせ危なくなったら引き返せば良いのだから。

ところが、その日の僕は本当にどうかしていた。既にボス手前で大破していたにも関わらず、後はボスだけだし大丈夫だろうと高を括ったのだ。

結果は当然のように轟沈。まさにヒューマンエラーの見本のようだ.....

スクリーンショット 2016-04-19 20.12.45.png




ひたすら自分の好きなデザインや性能の良い娘を選んで戦略もへったくれも無い遊び方をしていたせいで、少し前から壁にぶつかっていた。特に軽巡と駆逐艦だけで進めというキス島沖の撤退作戦に泣かされていて、たいした装備も無いまま何度も何度も運任せで強引に出撃させたものである。

ようやくレベル上げが進んで、今度こそという気持ちがきっと強すぎたに違い無い。少年漫画じゃあるまいし、気合いや根性がプログラミングにまで影響を与えるわけも無いのに、なんとかなると思い込んだ僕が阿呆だったのだ.......

特別強いというわけでもなかった”叢雲”だが、最初に選んだ”五月雨”の次に好きになった艦娘であったし、思っていたより喪失感が漂っている。それこそただの止め絵とCVとプログラミングの産物でしか無いのだから、代わりの叢雲を拾ってくればそれで良いだけであるのに、あの叢雲は帰って来ないと思うと寂しくなるのが不思議だ。

しかもこういう時に限って叢雲がドロップしないからヤキモキする。こちらとしては早く新しい叢雲を迎えて忘れてしまいたいのに、まさかロストさせた艦はわざと出難くしているんじゃ無いだろうな?!と、疑心暗鬼にまでなる始末.....


新米提督の僕が言うのもなんだが、油断してると本当に轟沈する羽目になるので、手塩にかけた娘たちを失いたく無かったら無理だけはさせちゃいけませんぜ.........

あぁ....俺の肋.......俺の黒タイツ........俺の眉...........艦バック叢雲っ!

Attachment.png










関連過去記事
posted by lain at 07:20北海道 ☔Comment(0)ゲーム