僕がいたい街だった...「僕だけがいない街」三部けい(原作)/伊藤 智彦(監督)A-1 Pictures/感想

※ネタバレ有り









何処までを真実として受け取るか?

その差でもしかしたら、本作は大きく意味合いの違う物になるのかもしれない。





素直に受け取れば、うだつの上がらない主人公が子供時代にタイムリープし、自分の母親を殺した連続殺人犯の餌食となっていた小学生時代の同級生達を救うべく奔走して、その代償に自分が傷付いて行くという、ミステリー要素と悲壮感が上手く混じり合った感動巨編だと感じるだろうし、岡田斗司夫のように斜め上からストーリーを回収したならば、すべては売れっ子漫画家となった主人公の深い深い妄想が暴走した産物で、あの子との感動の再会であるラストシーンもストーカー的執着のスイッチが入る瞬間を捉えた序章に過ぎず、あの後ロックオンされた女の子は、今まで生きて来た中で一度も味わったことの無い性質の恐怖を長年かけて味わう事になるというスリラーなのだと受け取る事も出来るだろう。


しかしまあ、やっぱり前者として楽しむのが正解の話である。あっちを足すと、こっちがマイナスになるという、思い通りに過去を改変出来ないタイムリープ能力に苦しみつつも、母親の死をきっかけに本気で過去に挑み続ける主人公の自己犠牲的ヒロイズムには実に男の美学を擽られる。テレビや漫画の影響のせいか、僕はよく自分を犠牲にして誰かを救うお話を考えながら、学校から家までの長い道のりを一人で歩いていた。「ここは俺に任せて先に行けっ!」である。本作の主人公はまさにそれで、自分にマイナスな力が働くと分かっていても過去改変をやめられない彼の性分は、僕が何処かに置き忘れた自分の理想を反映させた妄想を振り返るようで、懐かしくも気恥ずかしいなんとも言えない郷愁を誘う。

この物語が上手いのは、もう直ぐ三十路の男が、そのまま自己犠牲の物語を演じるのではなく、子供に戻った自分が”それ”を演じているということ。いくら中身は大人でも、姿形が子供の方が自己満展開は見てて小っ恥ずかしく無いし、子供のやることだからと、より自然に受け容れられる。

未来と過去を行き来しつつ物語は進み、最後には過去に戻った自分のいる時間軸だけが残って、大勢救った分10数年に渡る昏睡を強いられた主人公は子供の心のまま大人に戻る(子供時代のモノローグが成人後の”僕”を担当する声優であるのと対照的に、昏睡から目覚めた後のモノローグは子供時代の声であるのが良い演出だと思った)と言う自己崩壊しそうな複雑な経験をして本物の誇りと本当の親友を手にするわけだが、そこに至るまでの要所要所のシーンをじっくり演っているのが本当に良いアニメだった。製作陣は空気感や”間”の使い方にかなり気を使ったことだろう。

主人公とメインヒロインと言うべき加代の口癖を良いタイミングで使っていたのも印象的で、考えていたことがうっかり「声に出てた」主人公に対し、加代の「バカなの?」と返すバリエーションだけで、彼らの関係性がどう変化したか表現するシーンなども大好きだった(これは原作の良さなんだろう」。加代の声を担当する”悠木碧”の声は、僕らの世代のDNAに深く刻まれている”林原めぐみ”を彷彿とさせ、可愛くも芯のある声に何度も心を揺さぶられた。見た目だけじゃなく、やはり声優は演技力が大事だとつくづく思う。




終わってみれば犯人も判り易い人物であったし、使い古されたなんて事無いベタさだったかもしれないが、演技や演出の拘りがワンランク上の作品へと押し上げていたように思う。数多ある創作物の山を前に、オリジナルの作品を作れと言われても、途方にくれるしかない今の時代、こうした細かいディティールへの執着こそ物作りに欠かせない物なのかもしれない。


それはそうと、女の子にしか見えない広美がちょっとふっくらした大人になってしまった事と、あの加代がその広美に持って行かれた事実は地味にショックだったなぁ....どっちも好きだったんだけどなぁ...... サラ(・ワ:.;:…


1A60DDD9-2AD2-45C0-ACD8-80E4034DC3F5.png
posted by lain at 07:54北海道 ☔Comment(0)アニメ

フラットアウトするのがこれほど怖いラリーゲームを僕は知らない「DiRT Rally」Codemasters/Xbox One/PS4/感想

去年日本から撤退して以来のコンシューマ向けDiRTなわけですが、先行してプレイしていたPCユーザーの反応通り、骨太で緊張感たっぷりの硬派さが辛くて最高に楽しい。





今回のは最近までDiRTとは違い、ショーアップしたレースでは無く、あくまでも原点のラリーに焦点を合わせているのが実に良いです。昔から定評のある埃っぽい空気感の美しい風景なか、オフロードならではの一癖も二癖もあるコースレイアウトを疾走するのは本当に怖いし、本当に気持ち良い。



DiRTシリーズだけではなく、昨今のレースゲームで当たり前になりつつある”巻き戻し”機能をあえて排除したことも、新鮮な緊張感を味わえる良い判断だと思いました。コリンマクレーの名を冠した初代DiRTを遊んだ時の、瞬き一つ出来ないようなヒリヒリとしたスリルが本作では存分に味わえます。

33C16D43-FE84-4578-8E74-1DA46AC286E8.png
マシンを労わる事も今回はかなり重要


ゴールまでたった4、5分、迫り来るコーナーを走り抜くだけのことなのに、それがこんなにも難しいことなのかというのが痛いほどDiRT Rallyからは伝わって来るので、ラリードライバーへの尊敬の念も強まること必至です。


油断大敵

初フィニッシュはこのザマ....



ライトユーザーには優しく無い設計かもしれませんが、これぞDiRTだ!といえる内容なので、オフロード好きなら是が非でも遊ぶべきタイトルですし、暫くDiRTシリーズやってないなぁと言う古参コドマスファンも見逃す手は無いでしょう。

今回もしっかり壊し、しっかり土煙をあげてやりましょう🚗〜💨
posted by lain at 07:56北海道 ☔Comment(0)ゲーム

マザコンのススメ<冬季アニメ感想>

出張続きでまだ前期のアニメを全て見終わっていないものの、日曜だけ自宅に帰れた時何本か最終回まで観ることが出来て、なんかちょっと思ったのが、やっぱ男はマザコンで女の尻に敷かれるものなんだなってことだった。




「牙狼 -紅蓮ノ月-」では孤高の悪役が”朴璐美”演じる陰陽師にプリキュアも真っ青の母性で看取られ
IMG_1154.jpg
IMG_1155.jpg



ナイスバディがお好みと言いつつ、幼女に助けを求めて膝まで折った「ヘヴィーオブジェクト」の坊やが命懸けで助けたのは、また違う幼女で
IMG_1165.jpg
IMG_1162.jpg
IMG_1164.jpg


申し訳無さそうにゴミ溜めの中でストーキングしてる元警官は、ストーキング相手に最高の温もりを分けて貰い、まるで野良犬のように可愛かった
IMG_1158.jpg
IMG_1160.jpg



高度な遺伝子操作云々で目に見えない存在を認識出来るようになってしまったという「無彩限のファントム・ワールド」も、自分を慰める為無意識に分身である可愛いマスコットを生み出したオナニー主人公が巨乳の先輩に優しくされたり、ファントムに身体を乗っ取られた生き別れの母親とぶちゅっとやってしまうなど、なんとも羨ましく
スクリーンショット 2016-04-03 15.54.31 1.jpg
スクリーンショット 2016-04-03 16.05.50.jpg
スクリーンショット 2016-01-27 6.49.32.jpg



いじけ根性丸出しの回収屋は生意気で尻尾が最高に可愛らしい人形に気合いを入れ直され
スクリーンショット 2016-04-05 7.37.59.png
スクリーンショット 2016-04-05 7.39.16.png


頼りない騎士はお姫様の鼻歌で目覚めた...
スクリーンショット 2016-04-05 7.48.27.png


少し趣は変わるが、欲しかった物を全部持ったまま死んだ男と師の墓前で邂逅し取り乱す落語家のアニメも女という存在に男がしこたま翻弄されていた。

スクリーンショット 2016-04-03 19.25.29 1.jpg

男と女、男と男、女と女、性別の差に無く因果は人間を結びつける。特に、最初から絶対的な繋がりが築かれている”親子” ”兄弟” ”師弟” のような深い関係になると更に逃れられない感情がのしかかる。だから、どんなに頑張っても一生子供を産む事は出来ない男としては、生まれ出た段階で女性に一生頭が上がらない事が確定しているも同じなのだから、マザコンであることを別段恥じる必要は無いのかもしれない。

でも流石に”キュアラブリー”(ハピネスチャージプリキュア!)のように、14才の小娘が全世界を愛で包み込むような展開になると、製作陣のコンプレックスを生々しく解釈してしまい辟易してしまう。何事もほどほどが肝要なんだろう。







なんだかんだで前期も大いにアニメは楽しかったかもしれない。きっとまだまだ僕らの心に入り込む余地のあるコンテンツだ。

次はどんなアニメが別れを惜しませてくれるのか楽しみであります。

posted by lain at 07:54北海道 ☔Comment(0)アニメ