思春期の生臭い黄金比「変身! 2巻」横山旬/感想

※ネタバレも含む






いつもお昼休みの合間に小説を読んでいるのだけど、昨日はうっかり本を忘れてしまった。

こういう時こそ電子書籍だなと思った僕は、すっかり失念していた"横山旬"さんの「変身!」の2巻を読むことにした。


お婆さんと2人暮らしのとある少年が、どんなものにも変身できてしまうと言う、タイトルそのままの漫画なのだが、少年の変身に対する拘りがとても細かく描かれている為、ぐいぐい引き込まれる。例えばカラスに変身するにしても、知識だけではうまく理解できないから、本物のカラスに弟子入りし、鶏と言うのは飛ぶのではなく浮かんでいるものなのだと本質を見極めるまでに至り、身も心もカラスになって残飯から屍肉までご馳走に見えて来るまで成り切ろうとするのだ。


自意識がぶっ飛んでしまうけれど無機物にだって変身出来るし、構造を事細かに理解すれば複雑な装置にもなれるのだから、こんな凄い才能があったら天狗になってしまいそうなものだけど、そこはそれ、思春期の少年らしい詰めの甘さがある主人公のため、毎度騒動を引き起こし大いに笑わせてくれる。唯一変身後の彼を彼だと認識出来るヒロインの尻に敷かれているのも相変わらずな2巻だった。駄目駄目な旦那と、懐の広い肝っ玉女房の夫婦漫才を読んでいるような節もある。

興味本位で色気ムンムンの女性に変身しても肝心な場所は見たこと無いから不完全だったり、気落ちして帰宅したらうっかりサグラダファミリアに変身してしまうし、どんどん彼の変身能力が周囲にバレそうになって来た所で、人外や怪しい組織の臭いがして来る辺りの新展開も見逃せない。



人間として心身共に1番変化する時期である思春期は、まさに変身の季節であります。苦いことも甘いことも全部が糧になる。僕には縁が無かったエッチな青春にも有りつけた主人公にはちょっぴり嫉妬してしまうけれど。

ポジティブな人は何度でも青春は取り戻せると言うかもしれないが、僕はそう思えない。取り戻せない一瞬一瞬だからこそ失ってから恋い焦がれたり、大事な想い出として残り続けるのだと思うからだ。悔いは残すより残さない方が良いに違い無い。でも、最初から全て思い通りに行くなら誰も苦労はしないのであります。



僕は後悔し通しの人生ですが、それはそれで味わい深い物もある。思春期で変身出来た人、出来なかった人、違いはあれど正解は無い。生きるってそういう事で良いんじゃないでしょうかね?







関連過去記事
posted by lain at 09:23北海道 ☔Comment(0)漫画