夢日誌 1

"何処からか自転車で逃げ出す僕。亡くなった祖母の家から我が家へと続く道を疾走。

とうに取り壊した納屋へ自転車を放り込み、ふと後輪がズタボロになっていることに気付く。


母屋の方へ目をやると、横で何やら工事中。鉄骨と鉄板で出来た物体に人が群がっている。

そこに大きな声。女性の死体が出たと言うのだ。

引き摺り出された変死体。その女だった肉塊に縋りつく男の悲鳴が辺りに響き渡り、釣られて僕も大声で泣いている。



今度はその喚いていた男が何を思ったのか、捨て身の覚悟で宇宙空間に直接繋がっているエレベーターへ乗り込む。彼を追うように僕らは港で宇宙に出る船を待つ。

一見フェリー乗り場のようだが、壁際には扉の付いてい無い女性用トイレがあり、誰かが座っていたから思わず目を逸らす。

待合席とカウンターの間にある広いスペースには無料で食べられるレトルトのカレーが何故か並んでいて、僕は腹が減っていたのか素直にカレーを食べだす。

スパイスも程よく効いていて、具の形がしっかりしているから食感も良いカレーだと思った。もっと食べようかと思っている所に、カレー関連の食品を作っている会社の社長が現れ、そのカレーを一緒に食べだし、完食した割には、あーでも無いこーでも無いと言いつつ去っていく。彼はまるでgleeの校長先生みたいな姿をしていた............"






これが昨晩〜今朝に見た夢である。若干曖昧な部分を覚醒後の自分が無意識のうちに脚色・歪曲している部分も多分にあるだろうが、ほぼこんな内容だった。相変わらず夢というのは摑みどころが無くて不思議な物である。

夢を見ない日は無いと断言出来るほど、毎朝目覚めると夢を見ていた自覚が昔からあり、子供の頃は器用なもので、寝る前にこういう夢を見ようと思えば大筋望んだ通りの夢を見る事が出来たから、毎晩寝るのが楽しみだった。

だが今では、仕事で疲れ、趣味で疲れ、夢でも疲れ、何処にも逃げ場無くなってしまった。カウンセラーと夢診断でもしたら、何をどう変えたら良いのかなんて本当は分かっていて、それと向き合うのが怖いから、いつまでもこんな状況と付き合っているのだと言われかねない。



下手に医者なんて頼ったらロクな目に合わないだろうし、1発で鬱と切り捨てられそうだから、こんな自分の状況さえ愉しめるように夢の内容を気が向いたら記録しておこうと思い立った木曜の朝であった...
posted by lain at 07:06北海道 ☔Comment(0)夢日誌。