どんなに文明が反映しようとも第一次産業は欠かせない「オデッセイ(原題:The Martian)」リドリー・スコット(監督)/マット・デイモン(主演)/感想

 近年、何度こう思ったかしれないが、今一番面白いのはSFでは無いだろうか?

 僕の個人的な旬も然る事乍ら、毎年のように質の高いSF(化け物が出て来る物ではなく、現実に起こりうるかもしれない事態を描いた作品)が作られ、観客もそれに歓声で応えていることから、決してマクロな人気では無いことが伺えます。

 勝手な解釈としては、年々高まる国・人種・宗教という摩擦に嫌気が差して、アメリカお得の全員の気持ちを一つに出来る目標が欲しくて”宇宙”に希望を見出したいというのがあって、近未来に実現しそうなSFが増えているのかもしれないし、もしくは宇宙がいかに過酷な場所であるかを知らしめ、この狭い地球で仲良くやって行くしか無いんだよ、と訴えかけているように思えなくも無い。

 そして、「オデッセイ」は、その両方の要素を大事にした作品だったように感じました。





 冒頭、火星の有人探査を行っていた”マーク・ワトニー”等アレス3のクルーを予想外の大砂嵐が襲い、命辛々火星からの脱出を果たすが、風で飛んだアンテナが直撃してしまったマークは死んだものと判断され、独り不毛の地”火星に取り残されることになる。しかしマークは全然挫けない。Mr.ポジティブ。植物学者としての才能を遺憾なく発揮して、次のミッションで誰かが火星にやって来るまで生き延びようと行動を開始します。

 専門的知識が無くともそれと分かる緻密で、正確性のある長期的プランをマークが練って実行して行く過程が、とても丁寧に描かれていて、火星に独りで居る怖さだけでなく、火星で生きる面白さも存分に感じさせられました。勿論すんなり彼の作戦が成功するわけもなく、トラブル続きではありましたが、なんとか連絡を取れるようになったNASAの面々に支えられ、最後にはリドリー・スコット映画とは思えないぐらいの爽やかさで幕を閉じたのも新鮮でしたね。



 特殊効果もかなり良かったし、有る物でなんとかしようとするマークをマット・デイモンが絶妙な匙加減で演じているのも素晴らしかった。開き直ったマーク。憔悴したマーク。脱出が近付き感情が込み上げ顔をくしゃくしゃにするマーク。涙こそ最後まで溢れなかったけれど、彼の喜怒哀楽にかなり引き摺られた為、ラストシーンの穏やかな彼の表情には物凄く安堵しました。

 ベタと言えばベタな映画ではあるけれど、火星におけるサバイバルのディティールが細やかであることで、ワンランク上の映画に感じる良作です。少しアメリカらしいご都合視点もあるけれど、過剰にアレルギー反応が出るほどではありませんでした。


 ただ一つクレームを付けるとしたら、わざわざタイトルをそれらしい意味を持った「オデッセイ(長期の放浪,長い冒険)」に変えて日本で上映したことくらいでしょうか?

 語感とか詩的な意味においては良いタイトルかもしれませんが、情緒より泥臭いサバイバルが脳裏に残る作品なので、ずばり火星人と言う名を付けた原題『The Martian』の方が皮肉で良かったんじゃないかと思いました。オデッセイだと思って観てるのに、タイトルコールで全然違うタイトルが表示されるというのは、どうも好きになれないですね。






posted by lain at 11:03北海道 ☔Comment(0)映画

変わりたく無い者から、変わり行く者へ「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」押井守(監督)/感想

僕の小さな頃は、まだまだアニメ=子供の観る物だった。

既に社会現象にまでなったガンダムのような大人も楽しめる作品はあったけれど、寅さんやハリウッドの大作のように幅広く愛される存在では無かったのだ。

だから現代において、特別オタクでも無い人達にアニメや2次元キャラが受け入れられていることには違和感を隠せないし、今じゃ当たり前に見掛ける行政が2次元キャラをキャンペーンに使うなんてのも慣れない。




一般の親の考え方かどうか、他の親に育てられた事が無いから分からないけれど、うちの親は教育上のことを考えてか、アニメはアンパンマン・日本昔話・世界名作劇場といった、一般的なモラルを扱った作品だけ僕らに許していて、ヒーロー物さえ全然見たことが無かった。中学に上がった辺りから、ビデオデッキを使わせて貰えるようになり、親が居ない時にあれこれと観出すようになってやっとアニメの世界がググッと広がった記憶があります。

中でもBSで取り上げられていた長編の数々には本当に僕の人生を左右するような力があり、「王立宇宙軍オネアミスの翼」「AKIRA」「逆襲のシャア」等々、失った時間を取り戻す勢いで中・高とアニメを観漁ったものです。



「機動警察パトレイバー」もそんな作品の一つでした。TVシリーズもまともに観たことも無いまま、the Movieの2作品を見たのですが、一言も発せずブラウン管に釘づけでした。真っ赤に燃える不穏な夕焼け。不敵な笑みを浮かべて飛び降りる男と鴉の羽音。その後も続く不安感を煽る演出やらストーリー展開やらで、第2小隊の面々同様”帆場暎一”に振り回されパトレイバーの世界にドップリ首まで浸かり、更に押井守監督の作家性が色濃く反映された2作品目の醸し出すリアリティにガツンと打ちのめされたものです。


昨日ようやく、そのパトレイバーの実写版である『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』を観たのですが、このシリーズが始まった時に感じたままの残念さが最後まで付きまとっていた気がしました。時系列的にはアニメ版the Movie2から繋がっているストーリーなのに、あえて初代のメンバーに似た名前を登場人物に付けたり、シチュエーションを近付けたりしていて、過去作品を知る人へのサービスのつもりなのかもしれませんが、おかげで最終回の柘植のやったことをもう一度やろうとする一派とそれに対処する第2小隊の対応の仕方に新鮮さをまるで感じられませんでした。完全に新しいキャラと新しい脚本を用意し、後藤さんの名シーンを真似るような要素はなるべく最小限に留めて欲しかったです。オリジナルのエピソードや「ダンジョン再び」の続編にあたるエピソードが面白かっただけに、締め括りはもっとオリジナルであって欲しかった。ガンダムSEEDを観た時と同じく、良い面があるからこそ過去作品を彷彿とさせるシチュエーションが僕の中では命取りになったように思います。

首都決戦で唯一良かったのはやはり南雲さんでしょう。顔を映さず、"榊原良子"さんが声をあてていたのもミステリアスで美味しかった。後藤さんは結局出て来なかったが、南雲さんの登場で、きっと後藤さんも何処かでこの状況を見ているんだろうな...と思わせてくれただけで十分だったのかもしれない。




何もかも駄目だったかと言えば、そんな事も無い実写化でしたが、素直に喜べるほど無邪気でも無いし、パトレイバーの可能性を諦めているわけでも無いので、アニメより実写に興味を移した押井さんよりもっと本気でパトレイバーを撮りたい人の登場を期待してしまうし、押井さんには久々の実写「GARM WARS」の方で本来の切れ味を期待しています。


変わらない者も、変われない者もこの世には居ません。常に我々はそれと気付かなくとも変化しているのです。

でも、だからこそ変わりたく無いと思ってしまうのも、人情なんでしょうね。ついそんな事を思ってしまう映画でした。

posted by lain at 07:17北海道 ☔Comment(0)映画

夢日誌 2

"何処かの立体駐車場みたいな場所でトレカを広げ警察と一悶着してる僕。警官に意味の分からない言い訳をした後、壁に投影されているアジア映画が妙に懐かしいなと思いつつ歩き出す。

何かの大会でも行われているのか、レオタードやビキニのような格好をした女子学生達とすれ違い、僕は大勢生徒が座っている教室を通り抜けて行く。どうやら化け物退治を生業にしてる一匹狼だったようで、公的機関が到着する前に学園内に現れた化け物を封印しに来たようだった。化け物を一時的に封印することに成功した僕は、大勢の一般市民と共に何処か違う場所へ消えて行く。


今度は公的機関と行動を共にしている"とある男"の視点となり、集合住宅の一室に設けられた物々しい兵器を目の当たりにするが、ド派手な音がした割に化け物相手には効かず、居場所を逆算して探知されるのを恐れた機関の連中と共に脱出しようとするのだが、なかなか靴が見当たらない。一緒に居た女性には「本当に逃げてしまうのか?」と訊かれたうえ、やっと見つけた靴が何故かハイヒールっぽい形状であった...."






爆薬やビームを使う兵器ではなく、何らかの震動波を打ち出す兵器が渋かったのと、化け物退治の男が、化け物相手にトンチの効いた駆け引きを見せて勝ち、まんまと手に入れたアーティファクトをぞんざいに扱いながら、後から到着した連中の好奇の目の中を歩き去って行くのが実に快感だった。

オタクを拗らせた僕らしいベタな夢だが、文字に起こせないくらいディティールが細かい夢だったから、疲労感の割に案外楽しかった。あちこち願望丸出しで身内には教えたく無い内容かもしれない.....(´-`).。oOハイヒ-ルッテ...

posted by lain at 08:54北海道 ☔Comment(0)夢日誌。