夢日誌 3

"憔悴した様子で何処かへ歩く僕。

着いた場所は自宅のようだ。

しかし、自宅と周囲の建物がレゴで出来ている。



妙に小さな玄関から家へ入り、何をするのも浮かばず、ただだだっ広いリビングに点々と置かれている椅子に家族共々腰を下ろした。どうやら父・母・姉・弟(自分)と、父の弟である叔父さんの五人で住んでいるようである。

やっとひと心地ついた僕らは、思い思いに過ごし出す。変わった階段を降りた先にある姉との共同部屋に僕も落ち着き、巨大なルーペを覗き込み、ミリ単位で漫画のキャラのまつ毛の配置に悩んでいる姉に適切なアドバイスを施した。姉は文句を言いつつも修正を加えている。



そこから記憶が飛び、家の中を命を持ったロボット達が走り回っているのを、家族総出で片っ端から壊したり捕らえたりしている。バラバラになっても尚動こうとする彼らに、こちらも必死だ。

騒動は収まったものの、家の中はめちゃくちゃ。だがそんな中、僕は料理を始める。不衛生この上ない調理方法で作った物を無理やり弁当箱に詰め込み学校へ行くと母に伝える。”何故行くの?”と言いたげな顔で送り出す母。窓から外を見ると、荒くれた集団が通り過ぎて行く。

僕は玄関の前でおもむろにペンを取り出す。適当に使ってみようとすると、それは違うと母に言われる。ペンのグリップの少し上の部分に指を添えると、自らの血液がペンに充填され使えるようになる代物だった。この家族、普通の人間とは違うようである。



また場面が切り替わる。今度は先ほど過ぎ去った荒くれ集団に嫌々付き従っている子供達の視点だ。

こんな荒んだ生活ではなく、幸せに暮らせる場所があるらしいと、水辺の近くで噂話を交えて休憩している少年達。するといきなり一人、また一人と
水の中に引き摺り込まれる。焦ってもがく子供達だが、水の中だというのに呼吸が出来る。そこに自分達を引き摺り込んだ相手から質問を受け、彼らはその問いに素直に答えると、水中とは思えないのどかな村で暮らすことを許される。村を維持する為の少量の血液を引き換えにして….."









荒んだ社会に溶け込もうとしているワケ有り一家と、子供達に血液と引き換えに安全な居場所を提供する一族に、なにやら関連性を感じて先が気になるところで目が覚めてしまった。昔なら、昨晩の夢の続きを今晩見るという離れ業も出来たけれど、今は無理だから残念でならない。


何故漠然としたイメージの連なりでありながら、これほど生々しく感じてしまうのか?夢は実に不思議です。
夢を現実で有効活用出来たなら、変わらない日常も楽しめるようになるのでしょうか?



posted by lain at 07:02北海道 ☔Comment(0)夢日誌。

ヒデチューを観て、映画を想う土曜の朝

 ソニーとの協力関係を発表して以来、久し振りに小島監督の動く所を観た。

 少し窶れた? 疲れてるだけ?

 いつものように振舞っていても、何処か元気が無いように思えてならなかった。





 一言に”独立”と言っても、そう簡単な物では無いだろうし、幾ら周囲に助けてくれる人が沢山居ようとも、責任の重さは今まで通りにとは行かないに違いありません。ファンからしたら、ゴミ溜めみたいなコナミから解放され今こそ”小島秀夫”の本気が楽しめるはずだと勝手に期待してしまうわけですが、得た物と失った物を監督が咀嚼し終わって、コジプロが軌道に乗るまで少し静かに見守ることこそ必要なのかもしれない。

 なんにしてもまた映画の話を聞けたのは嬉しかった。映画好きと言っても、そこまでアンテナを拡げているわけでも無い僕だから、好みが合う小島監督のおすすめ映画を大量にチェック出来るこのコーナーは毎年楽しみにしてました。お馴染みの矢野さんが少し方向性の違う作品を紹介してくれるのも嬉しい。全くノーチェックの「Mr.タスク」「ナイトクローラー」「グリーン・インフェルノ」「オン・ザ・ハイウェイ」「神々のたそがれ」等々が気になりました。

 人間がセイウチに改造される?



 ニュースの元を作る男....



 ガク(((完全未開の人食ワールド)))ブル



 全編車中で成立するドラマが凄いらしい



 ロシア産のSFは独特で新鮮だからかなり気になる




 二人とも1位はマッドマックスでしたが、僕はまだ観てません。かなり評判が良かったのは知ってますけど、そんなに面白いんです?

 シャマランの「ヴィジット」や”橋口亮輔”監督の「岸辺の旅」のことも思い出したし、そろそろまた映画熱を上げて行きたい物だと思いました (= 3=)






 関連過去記事

 『ヒデちゃんと遊ぶ子、この指止まれっ☝︎

 『』
posted by lain at 06:37北海道 ☔Comment(0)映画

出遅れて、肋に萌える、提督よ.....「艦隊これくしょん -艦これ-」角川ゲームス/DMM/感想

最近歳甲斐もなく、艦これをやり始めた。


以前話題になった頃に登録だけしてほとんど弄っていなかったのを「銀河英雄伝説タクティクス」を遊ぶようになって思い出し、もう少し遊んでみようという気になったのだ。




初めて艦これの存在を知った時は、「なんでも擬人化すりゃ良いってもんじゃないだろ」 「また近所の国から日本の軍国化が萌えにまで侵食して来たとか言われるんじゃね?」などと眉をひそめていたものの、”島風”のコスプレや、ファンの脳内で男の娘に変換されてしまった艦娘の同人誌を見掛ける度オタク心が疼いて興味だけはずっと持っていて、実際ちゃんとやり始めたらやり始めたで、ゲーム自体も案外楽しくて驚いた。主要目的は単純に戦闘を重ね、パラメーターの育成と艦娘集めに勤しむ作業ゲームなのだけど、随所でやる気を刺激して飽きさせないのが上手い。一定の条件を満たせば艦隊運用に必要な燃料や弾薬等が貰える"任務(クエスト)"の存在や、旗艦と材料の条件が整わないとお目当の艦娘が作れない仕様にも、ついムキになってしまうし、時短アイテムが任務等をこなしていれば手に入るため、無料ゲームにありがちな待ち時間をほぼ気にせずにテンポ良くプレイ出来る点も良い。艦娘が敵から大きなダメージを受けると、破損の度合いでお色気カットが見れたり、キャラ毎にボイスが用意されているのも二次元好きを惹きつける要素なんでしょうね。結局女の子可愛さという仕様もない話ですが、僕も嫌いじゃないから困りもの。

唯一プレイを邪魔する物を上げるとするならば、あまりに人気があるためサーバーが安定せず、何度となくブラウザを更新しろと言われることかもしれない。まさか、僕がMacで遊んでるから頻繁に更新せざる得ないわけじゃないよね?.....








ちょっと不安定だったり、メンテが長引いただけでブーブー言ってしまうくらいには遊ぶようになった艦これ。お気に入りの艦娘も出来つつあり、最初に手にした"五月雨"大事に育ててようやく改造出来るまでにしたし、最近は"叢雲"が可愛くてたまらない。破損してちょい脱げた時の肋骨から下乳にかけてのラインの露出が大好きなのと、彼女の眉が好み過ぎた。


スクリーンショット 2016-02-11 3.01.02.jpg

清楚な感じ、好きです。良い匂いがしそうな腋に鼻を押し付けたいです(真顔)


スクリーンショット 2016-02-11 3.00.01 (1).jpg

この身体のラインの見せ方はロリコン殺し


スクリーンショット 2016-02-11 3.00.36 (1).jpg

クリスマスとかになると、また違うイラストも見れるのかな?




なるほど。こうやってDMMと角川は駄目男達から搾取してるんだな、と、身をもって知った瞬間であります....







お色気以外、あまり見所が無い戦闘が、メガドラ時代のゲームと何ら変わらない気がしてしまうけれど、これはこれでなんだか懐かしのシミュレーションの楽しさがあって郷愁を誘います。複雑な戦闘パートにしたら遣り甲斐と引き換えにサクサク遊べる快適さが死んでしまうに違いないけれど、戦略性のある戦闘も任意で楽しめたら最高だろうなと思いました。


まあ、「艦隊これくしょん」なのだから、全然看板に偽りは無いんですけどね (=ワ=*)





posted by lain at 06:40北海道 ☔Comment(0)ゲーム