噛めば噛むほど愉しいアニメにこそ貢ぎたい「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第1巻」水島精二(監督)/會川昇(脚本)/ボンズ(制作)/感想

 物凄く振りにアニメのBDを買った気がする。しかも1期が放送したばかりの焼きたてホヤホヤのコンレボである。

IMG_0387.jpg


 地デジに移行して数年経ち、HDだ4Kだと、アニメも高画質で観られるようになった為、正直DVDやBDを買わなくとも綺麗な物を綺麗なまま愉しめる時代なのだけど、水島監督と會川昇さん、そして氷川竜介さんがわいわいやっているオーディオコメンタリーを見聞きしていたら、まだメディアでしか楽しめない事もあるなと思った。

 ビデオやLDの時代は、ただの告知映像であったり、PVやノンテロップOP&EDが収録されているだけでも嬉しかったものだが、ネットが普及して合法・非合法問わず、関連動画を観れるようになった今では、それらだけでは正直パンチに欠けてしまうので、今やオーディオコメンタリーの有無や、DVD、BDだけの未放映エピソード、更には無修正を売りにしないと円盤は売れない。僕なんかがそうだが、フィギュアや小物等の特典に興味が無い人も大勢いるし、大事なのは作品にマッチした+αが有るか無いかなんじゃないかと思う。逆に作品に合う物なら、たとえ興味が無い嵩張る物でも受け容れられることだろう。

IMG_0388.jpg
※特典はこんな感じでメニューも作品同様カラフル

IMG_0392.jpg
IMG_0389.jpg

IMG_0390.jpg

※エクウスの変形ギミックや氷川竜介氏のコラムが面白いブックレット



 なんにしても、作品自体に”もっと知りたい”と思わせる何かがなければ意味が無い。今回どうしてもオーディオコメンタリーを聴きたいと思ったのも、コンレボと言う作品の造り込みの妙の為せる業だった。複数のデザイナーの手でウル○ラマンや鉄腕○トムのような超人達を個性的に描き分け、時間軸を過去へ未来へ動かし超人達の立ち位置が何時何処で何故変わってしまったのかを、少しずつ紐解いて行く為、どの時点でどれくらい構想されていた物なのか?と、気になって気になって仕方無い身体に、まんまとされてしまったのである。

 正しくて間違っている正義の一つ一つが愛おしく、一筋縄で行かないヒーロー達の純な想いが擦れ違うのは本当に切なくてたまらない。作った張本人達から詳しい話を聞くと更に彼らの正義が味わい深くなった気がする。何処を切っても面白味のあるコンレボだから、声優陣がワイワイやってお茶を濁しているだけのコメンタリーじゃなくて本当に良かった。

 お財布の中身に問題が起きない限り、2巻もきっと買うだろう (= ワ =*)







 そう言えば、神奈川県民ホールで”神化超人フェス”とやらが開催されるらしく、その優先販売申込券も封入されていたのだが、どうせ僕は行けないので誰か行ける人がこのシリアルナンバーを有効活用して頂きたい。

IMG_0393.jpg
posted by lain at 11:28北海道 ☔Comment(0)アニメ

壮大なスペースオペラもDMMの手に掛かれば金の成る木の四畳半ブルースに早変わり「銀河英雄伝説タクティクス」DMM

冬のせいなのか、歳のせいなのか、いよいよゲーム熱が萎んで来た僕は、相も変わらず”Warframe”でMODや設計図の断片集めに勤しんでいる。以前よりレアな物が出難くなった感じがするし、はっきり言って仕事でしかない。狙った物が手に入るまで止めたく無い、でも徒労に終わるのはもっと嫌だ。そう思いつつも毎夜何処かのフィールドを走り周っている....

これまで、基本無料のゲームはほとんどやらずにいたから、Warframeで初めて無料ゲームの巧みな罠の怖さを知った。無論よくある和製の無料アクションゲームと違い、グラフィックの綺麗さや遊び心地はかなりレベルの高い物ではあるけれど、延々と終わらないアップデートに身を任せていたら「ここが地獄の1丁目か.....」と、呟きたくもなる。



そんな泥沼のゲーム生活に、新たな無料ゲームを追加した。そう、『銀河英雄伝説タクティクス』のことだ。



スクリーンショット 2016-01-21 19.50.20.jpg
スクリーンショット 2016-01-21 19.52.39.jpg
スクリーンショット 2016-01-21 19.52.56.jpg
※陣営とナビゲーターを選び、あれこれと面倒な説明責めである。僕は勿論同盟で女性のナビゲーター(真顔)





原作が発表されてから、かれこれ30年以上経つと言うのに、未だ枯れない銀英伝。”田中芳樹”先生繋がりである「アルスラーン戦記」のアニメが好評だったからなのか?先生の周辺のスタッフが剛腕だからなのか?は分からないけれど、新たな漫画版やアニメの再製作も進行していて実に楽しみ。DMMによる本作が発表された時も、直ぐさま事前登録を済ませた僕であります。

スクリーンショット 2016-01-30 6.31.48.png

※事前登録を済ませていると、正式サービス開始時にヤンかラインハルトを手に入れられた



ところが、実際に出来上がった物を遊んでみると、やはりと言うかなんと言うか、無料ゲーム特有の焦ったさや、粗い作りが目に付いて仕方ない。最初に貰ったボーナスで早速将兵をスカウトしてみたら、同盟を選んでいるにも関わらず、あっさり帝国軍人を出して来るし、特に亡命して来たとかなんとかという説明も全然無い。このゲームは、条件さえクリアしていれば、いつでも相手陣営へ亡命出来るのだけど、原作に登場した亡命士官だって数人であったし、こうも簡単に敵国の人間が出て来るのはいくらランダムとは言え雑としか良いようが無い。あまりにも始めたばかりの出来事だったので、これは本当に気になる点でした。

スクリーンショット 2016-01-21 20.14.35.jpg




後はそう、これは無料ゲームの宿命だけど、軍備を揃える為のお金や素材がなかなか溜まらない。ストーリーを追うように、自分で艦隊を動かし進める”作戦”が面倒で、ただ場所と艦隊を選んで星系に派遣する”出兵”ばかりさせているのだけど、一番多く通貨が手に入る難易度を選んでも、160ディナールにしかならないのに、一人スカウトするだけで2500ディナールかかるのだ。まあ、”任務”と言うとある条件(作戦で1度勝利するなど)を満たすとご褒美が貰える要素もあるので、時間のある人ならサクサク行くのかもしれないが、夜と朝しかPCの前に居られない人間からすると、一つのミッションに何十分〜2時間程度待たされる中でやり込むのは難しい。せめてスマホでも遊べれば良いが、それも叶わない...

唯一ゲームらしい要素のシミュレーションパートを遊べる"作戦"にしても、普通のターン制シミュで移動して艦の向きを決めて攻撃するシンプルな物で味気ない。陣形を戦闘中に変更出来ないのも残念。褒められた出来じゃ無かったSS版にも及ばず、マイクロビジョン製銀英伝が恋しくなる.....


スクリーンショット 2016-01-21 20.09.33.jpg
スクリーンショット 2016-01-21 20.09.42 1.jpg
※せっかくのカットシーンもOVA版の使い回しが時折混ざって何とも言えない...






肝心のお金がたまらないから、まだまだやれていないことも多いし、これが全てだとは言わないけれど、ぶっちゃけ遊んでも遊ばなくても良いんじゃないだろうか?結局どの無料ゲームとも変わらず、根っこは何かを収集することが目的の ゲームでしか無いので。

とりあえず思い出した時だけ適当に弄るスタンスで、もう少し遊んでみようかと思います(´・灬・`)
posted by lain at 07:12北海道 ☔Comment(0)ゲーム

錦織はテニスが仕事。ファンは身勝手が仕事。

 昨日は何かとスポーツが熱かった。

 錦織圭が王者ジョコビッチと対戦し、U23サッカー日本代表もリオ五輪のアジア予選突破がかかる試合に挑んでいた。

 結果は対照的な物に終わり、錦織は力負けし、U23は競り勝った。どちらも負けたら終わりの勝負だけに、大勢の人がテレビの前や実際の会場で固唾を飲んでいたに違いない。




 僕は特に錦織の試合が気になっていた。

 準々決勝に来るまでの彼の試合が、どれも内容の良いものであったから、十分にジョコビッチ相手でも良い勝負が出来るのでは無いか?と期待が膨らんでいたのだ。17時台の試合開始だったから、普通に仕事中の僕は当然テレビで観ることも叶わず、60秒毎にテキストで更新される速報をネットでチェックし続けていた。

 いきなりサービスエースを決めるジョコビッチ

 負けじとキープする錦織

 テキストだけでも、ややジョコビッチに余裕があるように感じるなか、「頼むから先に錦織がブレイクしてくれ!」と祈るような気持ちになった途端、「錦織が痛恨のダブルフォルト」の文字が視界に飛び込む。映像が見れないことも相俟ってモヤモヤは一入。2セット目に入ると、明らかに精彩を欠く錦織のプレイが続き、僕も仕事が手に付かなくなっていった....





 3セット目開始前に、メディカルタイムアウトを取ってからの粘りは、錦織本来の姿に近い物があったようだが、僕が家に帰って早々勝敗は決してしまった。試合後のハイライトを見た限りでは、大事な場面での集中力の差が勝負を分けたように見えた。雑念がよぎって自滅したイメージが強いだけに、今回の敗戦は、これまでの敗戦以上に本人も悔しかったんじゃなかろうか?


日本人だからという理由が後回しになるほど、プレイの内容が面白いから応援したくなるのが錦織圭である。日本人だけでなく、海外のテニスファンにもしっかり支持されていることが、それを裏付けてもいる。しかし、昨日のプレイは負けるにしても、らしく無かった。若い頃から期待され、結果も出し続けてきた錦織も気づけば26歳。2歳差のジョコビッチが全盛期を終える前に、錦織の伸び代が尽きてしまう可能性だってある。これから先怪我だって増えるだろうし、いつまでも全力のプレイができるとは限らないのだから、限りあるチャンスを絶対逃さないタフさを一刻も早く身に付けて貰いたい...





 勝手に期待して、勝手に失望する僕らの気持ちなんて本当にどうでも良いことだが、絶対に彼自身満足しているわけが無いし、期待の裏返しで厳しいことを言いたくなってしまった。F1に佐藤琢磨や小林可夢偉が現れた時にも、淡い期待を抱いていたが、錦織への期待は僕の中で段違いに大きいのかもしれない。

 無責任なファンやスポンサーの言うことなど意に介さず、自分が納得行くまで戦い続けた結果であれば、もしも4大大会を一つも獲れないまま引退したって良いと思っているが、1度で良いからビックな大会の天辺に立って欲しいという気持ちにも嘘はつけない。

 だから、あえて言いたい。

 次こそ絶対勝て!

 と.....
posted by lain at 08:52北海道 ☔Comment(0)雑記