”少数”の「面白い」を無視した打ち切りにヽ(*・ω・)o□☆□o(・ω・*)ノ カンパーイ♪「マイノリティ・リポート(ドラマ版)」FOX/感想

FOX
 完全に自慢だが、女の子にモテモテの時期が僕にもあった。学ランや厨二病で見た目が補正される中学生の頃である。

 思ってもみない同級生から告白されたり、仲の良い後輩が自分のことを好きだと風の噂で知ったり、切手も貼られていないラブレターが郵便受けに入れられていたりと、今思い返せば奇跡のような出来事の連続だった。

 残念ながら、臆病な僕は、そのことごとくと距離を取ってしまった。同級生には「俺より良い男がいるだろ?」と言い、第三者から好きだと知らされた後輩とは、その後顔を合わせ辛くなった。自分のことを好きになったり付き合ってくれなくても良いから気持ちを伝えたかったと言うラブレターの持ち主は、放っておいたら自然にまた違う恋へと流れていった....




 もしもあの頃、イブやクリスマスに一切予定が無い自分の未来が見えていたなら、是が非でも彼女達の誰かと付き合っていただろうか?その気になり易い性格だから、付き合う=結婚、みたいな重い気持ちをぶつけ、それはそれで苦い思い出に終わっていただろうか?

 しかしもう何もかも遠い記憶の果てである。僕などと無駄に時間を過ごさず済んだ彼女らには、慎ましくとも幸せな家庭とやらを築いてクリスマスを過ごしていて欲しいものである。

  ・  


 そんな情けない僕の恋の行方は占ってくれないが、殺人事件は予期出来る能力者達を使ったシステムのおかげで事件を事前に食い止めることが出来るようになり、人殺しが0になったという世界を描いた映画「マイノリティ・リポート」。完全では無いシステムへの過信や、それを運用する者の暴走により、あらぬ嫌疑をかけられた人々や予知能力者達が苦しめられる(「連続殺人は資本主義の弊害によるものであり、この種の犯罪は存在しない」とした、ソ連連邦に何処となく似ている)展開となり、結局そんな便利な物は無いのだとストーリーは収束していったものの、もしも完璧に未来を予測出来るシステムを構築出来たなら......と、つい思わされる作品だった。


 車の自動運転や、身振り手振りで情報の閲覧を行うトム・クルーズの姿にも、いつかこんな未来が来たらと感じたものだが、あれから早くも13年が経ち、遠い未来のことだと思っていた技術は現実味を帯び始めた今、もう一度マイノリティ・リポートを映像化する事に、どれだけ意味があるのだろう?



 





 映画版から11年後、”犯罪予防局”と呼ばれた殺人事件を未然に防ぐ部署が無くなり、以前のように残された証拠から犯人を割り出す昔ながらの捜査手法に戻った2065年。近未来的な装置やシステムを使っているから、”昔ながら”と言っても、”今”とはまるで比べものにならないけれど、犠牲者を出さずに事件を解決することが難しいことに変わり無く、犯罪予防局があればと愚痴りつつ刑事達は犯人逮捕へ奔走している。

 ”ララ・ヴェガ”も、そんな刑事の一人なのだが、とある事件の捜査中、怪しい男と遭遇し、その男が今は無き予防局の中心で予知を行っていた能力者の一人であることを知ることとなる。ララは自分と同じように事件を未然に防ぎたいと思っている彼を巻き込み、二人で未来を変える為に足掻き始めるのだが.....



 それなりに観れるCGで、現代社会に自然と未来的なエッセンスが加えられている感じだから、出来自体は悪く無いのかもしれないけれど、何処かテラノバ臭がする役者ばかりで物足りない。「テラノバ」だけではなく、「V」のリメイクもそうだったけれど、CGを多用した作品は、もっとアナログ(生身)な部分に力を注ぐ必要性があるように思います。CG製作に金を掛け過ぎて役者へのギャランティが満足に用意出来ないなんて話なんだろうか?

 しかも最近はネタバレ以前に、打ち切りバレが多過ぎて海外ドラマは辛い。本作も全13話の予定が10話に短縮され、1シーズンで終わりという情報をWebで見てしまってモチベーションがガタ落ちである。僕のようなスカパーやNetflixのような配信サイトでドラマを観る人は、最速で観ている人とのラグがあるし、元より海外での放送が終わった後や、だいぶ経ってから日本へ上陸することが多いので、打ち切りバレで見る気が打ち砕かれるケースが非常に多い。

 その点日本のドラマは次シーズンを匂わせるような下手な引っ張りはあまりしないし、1シーズンでちゃんと完結するパターンが多いので、ある意味しっかり責任を果たしている分海外ドラマより優秀なのかもしれない。まあ、その分小粒感が否めず、見た目だけの人気役者のお遊戯にしか見えない演技を享受するしかないという現実もあるけれど....





 何にしても、早いうちに次があるのか無いのかはっきりさせて、無理があってもストーリーを完結させるくらいの配慮が海外ドラマには必要な気がしてなりません。


 果たして、中途半端に付き合うような真似をしなかったことが、正しかったのかどうなのか、僕にも次のシーズンがあると言いなと思うクリスマスイブである.........