リゲイン飲んでも100年は戦えないな....「ヴィーナス&ブレイブス 〜魔女と女神と滅びの予言〜」バンダイナムコゲームス/PS2/PSP/感想

 今でこそめっきり和ゲーRPGを遊ぶ機会が減った僕ですが、本作の前身である「7〜モールモースの奇兵隊」を遊んだ時の新鮮さは未だに覚えています。

 絵本の中で冒険をしているような世界観。”攻撃” "防御" などのコマンドを使わないパズル要素の強いローテーションバトルシステム。そしてストーリーモードクリア後現れる、延々と仲間を入れ替えて1000年戦い続ける”アルメセラ年代記”モードの難しさと面白さったら無かった。何から何まで当時は新鮮に感じたものです。


 そして、その数年後、人気の高かったアルメセラ年代記モードを活かした「ヴィーナス&ブレイブス」が発売となり、僕も嬉々として買ったものの何故か長年積み続けることに.....(´-`).。oOナゼダ?

 今回こうしてクリアに漕ぎ着けたのも、ひとえに買ったは良いが使い道に困ったPlayStation Vita TVのお陰であります。長時間使ってもPS3・4と違って静かなものだし、PSPの画面を眺めるより見易くて良い。Vita特有の操作を要求されるソフトは非対応ではあるけれど、これはこれで悪く無いハードです。




 で、そんなこんなで年内にクリア出来たヴィーナス&ブレイブス。流石に10年以上前のゲームになると、ここはもうちょとこうして欲しかった。こうしたらもっと面白くなったのでは?と、欲張りな気持ちが湧いて来る場面があったものの、7の時点でかなり出来上がっていたシステムだったから、変わらず楽しめました。




 何より不老不死の主人公が出会いと別れを繰り返し、途方もない年月を"ナグゾスサール"と言う何度倒しても復活する化け物相手に戦い続けると言うシチュエーションがたまらない。戦場で散ったり、天寿を全うしたり、年齢による衰えで脱落して行く仲間達を主人公と一緒に見送り続けていると、なんとも言えない想いが募って行くのです。

IMG_9468.jpg
お役御免にした仲間から装備を引き継ぐと流れる会話シーン

IMG_9280.jpg
親密さが高まった騎士団員同士が結婚してしばらくすると子供が生まれ、10数年後仲間になるべく馳せ参じる

IMG_9476.jpg
団員達の死も、葬儀という形で知らされる

IMG_9263.jpg





 何百年も生きているくせに、青臭いことばかり口にする主人公が始めは嫌で、いっそ喋らないキャラにしてしまうのも有りだったのでは無いか?と思っていたけれど、彼の代わりに同じく不死の者である悪役の男が世界に絶望しているキャラであったから、バランスは取れていたのかもしれない。

ウォルラス役の青野武さんの声も、今では懐かしい限りだ..... 





 まともにやったことは無いけれど、「俺の屍を越えてゆけ」も同じような感慨を味わえる作品なのでしょうな。思い返せば「ファンタシースターⅢ 時の継承者」で主役が子供に代わって行くのも好きであったし、命を未来へ繋ぐ世代を越えたストーリーは僕の中でツボなのかもしれない。何かの拍子にやる気が出たら、もう一度俺屍にチャレンジしてみよう。

 にしても、そろそろ7、ヴィーナス&ブレイブス、に続く流れを汲んだRPGをナムコさん出しても良いような気がしますな。「7 セブン サウザンドウォーズ」というソーシャルゲームはあるけれど、やっぱりストーリーモードを遊びたい。

 コンテンツを食い潰し、誰の記憶からも消えてしまわぬうちに、もう一皮剥けた新作が欲しいと、つい望んでしまう良いゲームでした。








posted by lain at 12:01北海道 ☔Comment(0)ゲーム

監督はつらいよ<特別篇>『ピープルvsジョージ・ルーカス』2010年/ドキュメンタリー/感想

約10年ぶりのナンバリング作であり、人気の高かった旧三部作EP4〜EP6の正式な続編だと言うから、世界中大騒ぎの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒

ここは一つ、旧作を振り返って是が非でも劇場に行きたい!と、思うべき所なのかもしれないけれど、僕は作品の方ではなく、作品を観る側の反応をまとめたドキュメンタリー映画に興味が向いてしまった。ほんと、素直ではない。






ジョージ・ルーカスに限らず、大作を生み出してしまった監督は、その作品自体に人生を狂わされる。お金の面でもそうだし、特にファンの存在である。素直にちやほやしてくれているうちは良いけれど、そのうちもっともっととせがむようになり、じゃあと作ってやればコレジャナイ!!のオンパレード。

92EE9794-A06E-4D5E-B89F-1389F8880163.png

35C456DF-0428-492A-A08F-6104F973FED4.png

5155B061-77F8-4EC4-AC9F-EAE907BBC81D.png

DD403EE5-89F0-4B75-B65F-7D4851441835.jpg

F5F0A5F2-A928-4C71-9213-3DE7BE02D0D0.png


スター・ウォーズに関しては、わざとEP4と銘打って作ったのだから、EP1〜3が観たい!とファンが思ってしまったのもルーカスに責任があるだろうが、ただ妄想を膨らませ二次創作に現を抜かしているだけのファンの要望に監督が応える必要は一切無いように僕などは思うものの、確かにEP1〜3は微妙だったから、不満の一つや二つ、熱狂的なファンなら平気で出て来るだろうことも理解出来る。

FEA5D479-7BD7-4CC2-9664-B1F7CD6D351D.jpg
DB15C0FD-82B8-4587-B98D-51D5A6FF7636.jpg
6AB0B3A3-7156-40BD-9D60-FC58E8DD2EE1.jpg
9AAF8AF0-2458-4664-A97E-DD7661C91A94.jpg



このピープルvsジョージ・ルーカスは、そんな兎に角素直じゃないSWファンの愛憎に溢れている。自分たちのSW愛をブーンブーンと振りかざし、EP1〜3で登場する特定のキャラの存在を否定したり、サブタイトルにケチをつけ、最初の三部作をデジタル加工で改変した”特別編”で、いつものように冒頭どーん!と出て来るSTAR WARSのタイトルロゴが画面奥への引いていくスピードが改悪されていることにまで怒る。確かに、モノクロ映画のカラー化に反対していたルーカスが、自作の改変により作品の雰囲気が壊れてしまうことを理解していないとは、SWファンでなくとも思えない。ちょっと正気に思えない人々の姿は怖いものがあるが、一理あると思ってしまうような説得力も無くは無いのだ。

13F7BB3B-6BAF-4FDF-BEE5-3A2B0A93983F.jpg
A0A83317-873C-48F2-8974-D916480D1340.png
8A8291A6-BB90-4F64-A2C2-12BEB4310CC0.jpg
FB28A431-0205-44D7-86D8-15E2823BC5F9.jpg

E016980A-10DF-4496-9ABF-85B34A179343.jpg
B8DC3304-A3E5-41E0-8A24-DABB9F736D91.jpg
EC5AA726-17B5-4973-A716-DC1373BD327E.jpg
465647FE-6F1B-4AEC-AF09-55E31337DD38.jpg




自分はSWグッズに人生を狂わされた!DVDやBDなど、一体幾つ買わせる気だ!

と、様々な不平不満が飛び交う中、最後の最後でそれでも俺たちはSWとルーカスが好きだと終わらせる辺り、壮絶なツンデレ(おっさんばかりの)を見せられている気分になって脱力である。しかも、自分も同じようなことをしていることに気づいてしまった。富野由悠季監督の「Gのレコンギスタ」に対する違和感をつらつらと語っていた自分が彼らにそっくりそのまま当てはまるのだ。二人の巨匠は世代も近いし、何より富野監督はスター・ウォーズに大きく影響を受けていたりもするから、自然とファンも似たり寄ったりになるのかもしれない。分かるけど分かりたくない。そんなモヤモヤが募るドキュメンタリーだった。

8305FAFC-2766-45E5-A4FB-AA940B88498B.jpg






45年の監督キャリアがありながら、スター・ウォーズ以外はほとんど監督として作った作品は無く、何を何処まで介入しているのか分からない役職”製作総指揮”にいつの間にか収まっていたジョージ・ルーカス。今度の新作もJ・J・エイブラムスに任せてアドバイザー程度の関わりしか無さそうである。

果たして、ルーカスからスター・ウォーズを取り上げることに成功したファン達は、今回のSWにどんな感想を持ったのだろうか?....


F70CA051-827F-4675-A7C8-D376D49F84C8.jpg


posted by lain at 07:12北海道 ☔Comment(0)映画

こいつのお鼻で心もツヤツヤでしょ「いとしのムーコ 1巻」みずしな孝之/講談社/感想

今でこそ猫派を自称する私だが、その昔は犬を飼っていた。

飼っていたと言っても、血統書付きでも何でも無い、フラフラとやって来て餌を強請る野良犬を私や姉達が気に入ってしまい両親が折れただけのことである。

2度犬を飼い、最初の子は天寿を全う。次の子は不慮の事故で命を落とした。それ以来生き物を我が家で飼いたいと口にするのは暗黙の了解で禁句となり今に至る。




ところがどうして、土曜の朝に放送中の「いとしのムーコ」を観ていたら、あまりに癒され過ぎて犬が飼いたくて飼いたくて仕方なくなっている自分がいるのだ。

犬より猫と言い始めた理由として、むやみやたらに鳴いたり、構って構ってと煩いのは嫌というのもあると言うのに、その典型的な例である犬のムーコのことは、一つも不快に感じず愛おしさばかり湧いて来るのです。

IMG_9770.jpg
表紙もお鼻がツヤツヤのムーコ


IMG_9771.jpg
悪さをしては...

IMG_9772.jpg

怒られるムーコ




無邪気に遊びを発明するムーコ。窓に映る自分のお鼻がツヤツヤなことに喜ぶムーコ。コマツさんが大好き過ぎるムーコ。コマツさん以外には特別な笑顔を見せないムーコ。ちょっと頭の弱い子に見えるところ全部が微笑ましいムーコ。本当に飼い犬がここまで考えていたら楽しいだろうな、というのがいっぱいで「いとしのムーコ」は面白い。

IMG_9775.jpg
IMG_9776.jpg
コマツさんすきすき

IMG_9774.jpg
各話ごとのインターバルや

IMG_9778.jpg
裏表紙の遊びも良い



アニメ版は特にムーコ役の”吉田 仁美”さんの無邪気でコロコロと浮き沈みする演技が小気味良くてたまらない。ムーコのコマツ愛たっぷりなOP曲を歌う吉田さんも非常に可愛い。ムーコを飼いたいのか吉田さんを飼いたいのか分からなくなる勢いなのである。






改めて原作を読むと、犬の面白い行動をよく捉えて楽しく膨らませている漫画家さんだなと思った。人間の希望的観測も捨てたもんじゃ無い。いつかまた生き物を飼いたくなった時、僕は果たして犬と猫、どちらを選ぶのだろうか?.....(´-`)


IMG_9777.jpg






続きを読む

posted by lain at 07:16北海道 ☔Comment(0)漫画