シングルにも愛をぷりーず「ジングル・オール・ザ・ウェイ2」映画/感想

「クリスマス」

それは愛しい者同士がプレゼントを交換し絆を深め合う日。

恋人と過ごす者は柔らかく灯るキャンドルに照らされつつディナーを楽しみ、子供達はサンタからのプレゼントに満面の笑みを浮かべていることだろう。




だが、もはや恋人と言うのでも無い親達はどうだろう?

仲の良い夫婦はお互いにプレゼントをするだろうし、気の利いた子供ならお返しに気持ちの込もった何かくれるかもしれないが、大概は子供達にプレゼントを用意したらそれでお仕舞いなのではなかろうか?

サンタさんと言う存在は子供にだけプレゼントをくれる印象があるし、自分達の分まで買っていたらお金が幾らあっても足りないなんてのもあるかもしれない。大して裕福ではない僕にしても、自分が貰えないプレゼントを子供達に用意するのはどうも釈然としない。姉の子供相手のプレゼントだからなおのことそう思う。


今思えば、3人もの子供を相手にクリスマスプレゼントをしていた両親は偉いものである......








そんなこんなで、全員を幸せにはしてくれないクリスマスではあるものの、なんだかんだ恋人同士がイチャコラしてるのを見せつけられるよりは子供の笑顔が百万倍マシと言うもの。

両親が離婚し、新しいお父さんの家と、実父の家とを楽しげに行き来する本作の少女の笑顔も実に可愛らしかった。







嫁と円満離婚した男”ラリー”が、継父の”ビクター”と互いに父親として対抗心を燃やし、娘の欲しがっている物を巡って大騒ぎするコメディ作品。前作はシュワちゃんがお父さん役でレアなおもちゃを手に入れる為に奔走して大いに笑い大いに癒されたものだが、本作はそれほどパンチの効いた配役でも無いし、通常の映画ではなくオリジナルビデオとして作られたそうだから予算も無さそうに思え、それほど期待せず観始めた。

4C9B8A9B-B3B9-42AF-9B64-676B5E158857.jpg
トレーラーハウスで気楽に生きているラリー

73B7B0B1-5899-402B-94CB-0EC063081FB2.jpg
なかなかベッドから出ないラリーに呆れ顔の娘ノエル

ED71D5AE-6BA6-4BA6-8CAD-EDA71D7C85ED.jpg
お互いにコンプレックスを抱える2人のダディ





 案の定脇役クラスの役者ばかりだったものの、"小林由美子"さんの吹き替えの良さもあって、娘役である"ケネディ・クレメンツ"の少々緊張した演技の中から溢れ落ちる素朴な表情が案外良くて自然と笑みが湧いて来たから不思議だった。

193D5D54-24CB-407B-9ADC-B786E5FD7775.jpg

87292729-2DBE-454A-B930-475BF5DB12C2.jpg

5C811A07-9DA7-4CC6-9903-7E5FBC19A091.jpg

43DF562D-FE4E-43A1-B483-F0538D54284C.jpg

5508D4E1-F849-4053-8697-DE6007B7E1F3.jpg
びりびりびり....




たかがプレゼントのためのオモチャ一つでそこまでするか、と言う展開は前作通りであったし、二人のお父さんの親バカっぷりも結構萌える。最高とまでは行かなくとも、良い笑顔を残してくれる優しい作品でした。


こんな笑顔を見られるだけで、十分親もプレゼントを貰っていますね。きっと....

7BCD1D93-2936-43DD-B44E-507CAAD7FC05.jpg
めりーくりすます






STARチャンネル内作品紹介 http://www.star-ch.jp/channel/detail.php?movie_id=23749

”少数”の「面白い」を無視した打ち切りにヽ(*・ω・)o□☆□o(・ω・*)ノ カンパーイ♪「マイノリティ・リポート(ドラマ版)」FOX/感想

FOX
 完全に自慢だが、女の子にモテモテの時期が僕にもあった。学ランや厨二病で見た目が補正される中学生の頃である。

 思ってもみない同級生から告白されたり、仲の良い後輩が自分のことを好きだと風の噂で知ったり、切手も貼られていないラブレターが郵便受けに入れられていたりと、今思い返せば奇跡のような出来事の連続だった。

 残念ながら、臆病な僕は、そのことごとくと距離を取ってしまった。同級生には「俺より良い男がいるだろ?」と言い、第三者から好きだと知らされた後輩とは、その後顔を合わせ辛くなった。自分のことを好きになったり付き合ってくれなくても良いから気持ちを伝えたかったと言うラブレターの持ち主は、放っておいたら自然にまた違う恋へと流れていった....




 もしもあの頃、イブやクリスマスに一切予定が無い自分の未来が見えていたなら、是が非でも彼女達の誰かと付き合っていただろうか?その気になり易い性格だから、付き合う=結婚、みたいな重い気持ちをぶつけ、それはそれで苦い思い出に終わっていただろうか?

 しかしもう何もかも遠い記憶の果てである。僕などと無駄に時間を過ごさず済んだ彼女らには、慎ましくとも幸せな家庭とやらを築いてクリスマスを過ごしていて欲しいものである。

  ・  


 そんな情けない僕の恋の行方は占ってくれないが、殺人事件は予期出来る能力者達を使ったシステムのおかげで事件を事前に食い止めることが出来るようになり、人殺しが0になったという世界を描いた映画「マイノリティ・リポート」。完全では無いシステムへの過信や、それを運用する者の暴走により、あらぬ嫌疑をかけられた人々や予知能力者達が苦しめられる(「連続殺人は資本主義の弊害によるものであり、この種の犯罪は存在しない」とした、ソ連連邦に何処となく似ている)展開となり、結局そんな便利な物は無いのだとストーリーは収束していったものの、もしも完璧に未来を予測出来るシステムを構築出来たなら......と、つい思わされる作品だった。


 車の自動運転や、身振り手振りで情報の閲覧を行うトム・クルーズの姿にも、いつかこんな未来が来たらと感じたものだが、あれから早くも13年が経ち、遠い未来のことだと思っていた技術は現実味を帯び始めた今、もう一度マイノリティ・リポートを映像化する事に、どれだけ意味があるのだろう?



 





 映画版から11年後、”犯罪予防局”と呼ばれた殺人事件を未然に防ぐ部署が無くなり、以前のように残された証拠から犯人を割り出す昔ながらの捜査手法に戻った2065年。近未来的な装置やシステムを使っているから、”昔ながら”と言っても、”今”とはまるで比べものにならないけれど、犠牲者を出さずに事件を解決することが難しいことに変わり無く、犯罪予防局があればと愚痴りつつ刑事達は犯人逮捕へ奔走している。

 ”ララ・ヴェガ”も、そんな刑事の一人なのだが、とある事件の捜査中、怪しい男と遭遇し、その男が今は無き予防局の中心で予知を行っていた能力者の一人であることを知ることとなる。ララは自分と同じように事件を未然に防ぎたいと思っている彼を巻き込み、二人で未来を変える為に足掻き始めるのだが.....



 それなりに観れるCGで、現代社会に自然と未来的なエッセンスが加えられている感じだから、出来自体は悪く無いのかもしれないけれど、何処かテラノバ臭がする役者ばかりで物足りない。「テラノバ」だけではなく、「V」のリメイクもそうだったけれど、CGを多用した作品は、もっとアナログ(生身)な部分に力を注ぐ必要性があるように思います。CG製作に金を掛け過ぎて役者へのギャランティが満足に用意出来ないなんて話なんだろうか?

 しかも最近はネタバレ以前に、打ち切りバレが多過ぎて海外ドラマは辛い。本作も全13話の予定が10話に短縮され、1シーズンで終わりという情報をWebで見てしまってモチベーションがガタ落ちである。僕のようなスカパーやNetflixのような配信サイトでドラマを観る人は、最速で観ている人とのラグがあるし、元より海外での放送が終わった後や、だいぶ経ってから日本へ上陸することが多いので、打ち切りバレで見る気が打ち砕かれるケースが非常に多い。

 その点日本のドラマは次シーズンを匂わせるような下手な引っ張りはあまりしないし、1シーズンでちゃんと完結するパターンが多いので、ある意味しっかり責任を果たしている分海外ドラマより優秀なのかもしれない。まあ、その分小粒感が否めず、見た目だけの人気役者のお遊戯にしか見えない演技を享受するしかないという現実もあるけれど....





 何にしても、早いうちに次があるのか無いのかはっきりさせて、無理があってもストーリーを完結させるくらいの配慮が海外ドラマには必要な気がしてなりません。


 果たして、中途半端に付き合うような真似をしなかったことが、正しかったのかどうなのか、僕にも次のシーズンがあると言いなと思うクリスマスイブである.........










『お前、ちびまる子ちゃんの友蔵じゃね?』って言ってゴメンなさいサイタマ先生「ワンパンマン」ONE(原作)/マッドハウス/感想

 何処からどう見ても強く思えないヒーロー”サイタマ”が、次から次へと強そうな悪者達をやっつけていくのが気持ち良かった「ワンパンマン」のアニメが終わってしまった。物凄く寂しい。

 タイトルを知った時は、ワンパンマンって完全にアンパンマンのパクリネーミングじゃないか?と訝しんでいたのに、1話目を観たら面白過ぎて夢中になってしまった。何が良いって、一見ただの無職男であるサイタマの底の見えない強さと、それを際立たせる咬ませ犬達の存在だろう。巨大な化け物だの地底人だの最後には宇宙人までやって来て、町中を破壊し尽くしてしまいそうな勢いなのを、タイトルに偽りナシのワンパンチであっさり倒してしまってガッカリするヒーローなど、今まで一度も目にしたことが無い。相手が強そうであればあるほど、そのギャップが滑稽で最高なのである。

 



 大それたトレーニングを重ねたわけでもないのに、何故か強いサイタマの自然体な姿を見ていると、ネットの世界で最強を誇る人間の抱えた虚しさがダブってしまう。どう考えてもお家の外で自分を鍛えた人間の発想で生まれるヒーローでは無いのだ。世間一般の庶民、踏みつけられる側にいる人間の鬱憤を払拭するべくサイタマは生まれたように思えてならない。鼻もちならない態度で上から見下ろす者達を、もしも余裕でぶっ倒せたらどんなに気持ち良いだろうか?という庶民の気持ちが具現化させた現代ヒーローなのだだろう。強さをひけらかそうとしないサイタマの姿に美徳を感じるような人々が社会の限られた椅子に座ってくれれば、もう少しマシな世界になるのかもしれない。






 アニメは7巻辺りのダークマター編で終わってしまったから、まだ10巻までしか出ていないうちは2期製作決定!の情報は出て来ないだろうし、コミックを8巻からでも買おうかと考えていた矢先、原作の元になった本家ワンパンマンなる物が存在することを知り早速読んでみた。

 ONE氏と言う人物がWEBで公開しているのだが、何処ぞの漫画家のネームより絵が雑である。にも関わらず、元々特殊な主人公であるサイタマや敵キャラのシュールさが、この絵だと更に際立ってたまらない。下手なのに勢いを感じるざっくりとした作画や四コマ漫画のようなテンポ感は、人気の漫画家や優秀なアニメスタジオの洗練された技術でも出せない味がある。一度でも本家のワンパンマンを読んでしまえば、これが紛れも無いワンパンマンだ!と、つい拳を握りしめてしまうのでは無いか?とさえ、ちょっぴり思った。

IMG_9882.jpg
こんなダラけた奴にやられてしまう連中が可哀想であるw
  
IMG_9878.jpg
あたまでっかちな連中の語りなんて...
IMG_9880.jpg
一蹴





 格好悪いのに最強に格好良いヒーローサイタマ。

 今日から君もヒーロー目指さないかい?


IMG_9881.jpg

ふつー!






posted by lain at 07:15北海道 ☔Comment(0)アニメ