うつのみこ日誌 八

地上編に続き天上編をなんとか年内に読み直した。

この先何処まで期待して良いのか不安になる天上編の振り返りとなり、試練に次ぐ試練に耐え、北天の星を目指す皇子達の戦いと同じく、僕にとってもまさしく試練だった....




いくら思い出補正があったととは言え、これほど藤川さんの文章に違和感を感じるとは、ここに至るまで思いもよらなかった。もう兎に角回りくどく、同じことを何度も何度もセリフや説明に書いているので、もうそれは分かったから!と、途中からどんどん省いて速読してしまいました。

特に各務が帝釈天に連れて行かれたのを助けた後の旅が無駄に長く、毎度困難を乗り越えそれについて考えた時、小角や神達の与えた「試練」だったのだと安易に結論付けてしまうから、それって思考停止じゃねーか!と突っ込みたくて仕方がなかった。やっと北天の父の元へ辿り着いたかと思えば、あっさり一振りの七星剣を与えられて地上へと追い返されてしまったというのは置いておくとして、読めば読むほどまとまりが悪い作品だったのだと今になってトコトン思い知らされ苦々しい気分になっている自分が居ます....


いつぞやも書いたけれど、もしも森博嗣さんが宇宙皇子を書いたのだとしたら、10巻分を1冊にまとめてしまうのでは無いだろうかと考えてしまう。同じようなやり取りならセリフを書く必要など無いし、連載では無く書き下ろしならばいちいち1冊の中で重複する説明書きを入れる必要もそれほど無い。キャラの描写にしたって、大まかな特性が理解出来るようにしておけば、読者がそれぞれ空想すれば良いことであって、一人一人の状態を書き手が逐一書き込む必要など無い。様々な人々が設計図として参考にすることとなる”脚本”を書くのが本業である藤川桂介さんの脚本家としての良い面が、小説家としての藤川桂介を殺しているのでは無いかとさえ思えてくる。

良い脚本家が良い小説家では無い。小中千昭さんの本でもそれは分かっていたけれど、あまりに宇宙皇子は僕の記憶の中で美化され過ぎていたので、なおのこと残念に思う感情が噴き出してしまったのだ.....






また少し違う作家さんの本を読み一休みして、来年の雪解け時期までにお話の筋や登場人物の行く末だけでも分かる程度に最後まで読んでしまいたい。なんだかんだ年月の移り変わりが切ないストーリーだから未だに登場人物への愛着は強いのであります。

これでもし”いのまたむつみ”さんの絵が宇宙皇子に無かったとしたら、これほど僕の心に残っていなかったのかもしれない.....








IMG_9988.jpg



posted by lain at 07:42北海道 ☔Comment(0)小説

久し振りにランカ・リーと言うキャラが僕の中で生き返る瞬間だった「マクロスF×ドルフィードリーム Dollfie Dream Sister"ランカ・リー"」

 一年の中で一番長いお休みであるお正月休みにとうとう突入した。

 お菓子も本もレンタルのDVDも沢山揃え、朝から晩まで引き篭もり生活開始である。



 仕事納めだった昨日は昨日で、だいぶ待たされていたDollfie Dream Sister(DDS)のランカ・リーが届き非常にテンションが上がり、あーでもないこーでもないとすっかり夜更かし。

 初めてDDシリーズを直に目にしたけれど、思っていた以上に良いドールだった。元々アニメ調の目や顔・体型が苦手で敬遠していたのだが、やはり生で見るのは違うもので、すっかりランカの眼差しを気に入ってしまった。

IMG_9959.jpg
IMG_9955.jpg
IMG_9956.jpg
IMG_9957.jpg
IMG_9958.jpg





 関節が固めだからポーズも取り易いし、ソフトビニール製なのも、レジンキャスト製のスーパードルフィー(SD)との差別化したブランド色が出ていて良いと思う。柔らかな素材であるがために、触れるのさえ罪深く思えてくる高尚なSDよりも親しみを感じる面もあるような気がした。

 SDにソフトビニールタイプのが製作されたら、SDの違う魅力が引き出されるのかもしれない。

IMG_9962.jpg
IMG_9963.jpg
IMG_9965.jpg
IMG_9967.jpg
IMG_9969.jpg






 果たして、マクロスFから8年後と言う設定の新作「マクロスΔ」にランカ・リーの出番はあるのか?マクロスFにおけるFIRE BOMBERの扱いみたいに軽く触れるだけなのでしょうかね?

 なんにしてもマクロスは大好物だから観るだろうけれど。 




 どうでも良いが最後までダイナマイトボディーなシェリルDDとどちらにするか迷ったけれど、ランカにして良かった。

 やはり自然なプロポーションの方が僕は好きなんだろう。

 ウィッグやアウトフィットの一つ一つが丁寧に梱包してあったのを噛み締めつつ、ボークスのスタッフ達に労いの一つも掛けたくなる気に入りようであります。





 まだ発送のお仕事終わっていないでしょうが、ボークスの皆さんお疲れ様です。

 不肖この上ない身ではありますが、出来うる限り大事にさせて頂きますo┐ペコリ 



IMG_9971.jpg








 ボークス特設サイト http://www.volks.co.jp/macrossf/dds_ranka/
posted by lain at 09:27北海道 ☔Comment(0)ドール

歌と小田和正を愛するすべての人へ「クリスマスの約束 2015」小田和正/TBS

 今年で15年目と聞いて、もうそんなに経つかと思いながら、今年も生ではなく録画で小田サンタをしみじみ味わっていたクリスマス。確かに終わってみれば小田さんの憔悴した様子が見て取れる、紛れも無い15年の月日を感じさせるステージでした。

 懐かしの洋楽が多かったり、小田さん所縁のアーティストの歌が多く、それはそれで往年の音楽好きには懐かしくて心地良い調べだろうし、若い人達は新たな発見の場になるやもしれないけれど、まるで最後に何か遺して行こうとしてるみたいに思えて来て切なくなってしまうのです。

 去年は自身のツアーなどもあって、十分な準備が出来ず総集編中心の番組構成になり、不満や小田さんの身体を心配する声も少なくなったが、実際齢68歳のアーティストが心身共にモチベーションを保つのは難しいことなのかもしれない。今年のクリスマスの約束でも、ステージに漕ぎ着ける苦労を吐露していたし、手を抜けない性格が更にアーティストとしての苦悩を深めさせていたことでしょう。


1.TODAY(The New Christy Minstrels)/全メンバー



2.なごり雪(かぐや姫)/小田和正



3.366日(HY)/小田和正/仲宗根泉(HY



4.Heal The WorldMichael Jackson

小田和正/和田唱(TRICERATOPS




5.The Girl Is MineMichael JacksonPaul McCartney

小田和正/和田唱



6.Old FriendsSimon & Garfunkel

小田和正/和田唱



7.The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy) Simon & Garfunkel

小田和正/和田唱



8.恋するフォーチュンクッキー(AKB48)

小田和正/和田唱



9.よりそって二人(Hi-Fi Set

小田和正/和田唱/松たか子



10.Cruel War(Peter, Paul and Mary

小田和正/和田唱/JUJU



11.Hello,Goodbye(The Beatles)

小田和正/根本要(STARDUST REVUE)/スキマスイッチ/水野良樹(いきものがかり)



12.帰れない二人(井上陽水)

小田和正/根本要(STARDUST REVUE)/スキマスイッチ/水野良樹(いきものがかり)



13.トワイライト・アヴェニュー(STARDUST REVUE)

小田和正/根本要(STARDUST REVUE)/スキマスイッチ/水野良樹(いきものがかり)



14.How Deep Is Your Love(Bee Gees)

全メンバー



15.きっと同じ(オフコース)

小田和正


16.same moon(小田和正)

全メンバー









 「もうやれることはやってきたな」

 小田さんはそう口にしていた。僕もそう思う。ここらで小田さんを解放してあげるのも、ファンの在り方として正しい気がしてきた。

 でも、ぐいぐい引っ張る和田唱に触発される小田さんや、恋するフォーチュンクッキーを歌い切り、頭を掻きながら照れている小田さんを見ていたら、また来年もやってくれないかなと、欲が出て来てしまうから困ったものである。


 教会でクリスマスを過ごすのが当たり前のクリスチャンでは無いが、毎年クリスマスの夜に特別な予定が無い僕にとって、小田さんとクリスマスの約束は掛け替えの無い存在になっているのかもしれない。

IMG_9941.jpg
IMG_9942.jpg

















関連過去記事
posted by lain at 22:00北海道 ☔Comment(0)音楽