一番正しい奴は誰だ?一番正しいと思い込んでいるのは誰だ?

 あぁ、やっと今週も終わりだ仕事に行こうと思っていた矢先の昨日の朝、いきなりのフランス立て篭り事件速報。

 気になるニュースだったが、ゆっくり内容を調べてる暇も無く仕事へ行き、お昼にちらっとスマホを見るとテロの文字と死者数の数である。

 またISか.....そう思った。






 ほとんどの日本人はフランスに非常に良いイメージを持っている。フランス人であるフィリップ・トルシエは日本サッカーの躍進に貢献してくれたし、日本より柔道に夢中な国でもある。北野武を始めとするお互いの国の文化を尊重しあえる関係を築いてもいる。様様な映画の舞台になっていたせいか、フランスに遊びにいく日本人も多く、ハワイとアジア諸国を除いた地域で言うと1番人気な国でもある。

 しかし、だからと言って他の国にとっても好ましい国かと言えば、また違う話なのだ。その昔植民地としていた地域への影響力を維持するため、表向きは協力と歌って軍事介入を繰り返す国であるし、自己主張も激しい。今回のテロではフランスによるシリア介入について犯人が口にしていたとも言うし、厳しいことを言えば自業自得ということになるのかもしれない。


 僕はただの無責任な庶民である。ネットをググって知ったこと以上のことも知る由も無い。だからシリアへの介入や、劇場でのテロが、どうしてもやらなければならないことだったのか、どうかは判断出来ない。でも、ただ一つハッキリと分かることがある。こんなことをしても、自らの首を絞めるだけだということだ。せいぜい自分の不甲斐なさを他の誰かのせいにしたい人間だけが、今回のISのテロ行為に魅せられるだけの話だろう。不特定多数を狙ったテロは、ほぼ全ての人間を敵に回す行為でしかないのだ。

 大体何故ISの末端に位置する人達は、指導者達にこう尋ねないのだろう?「自爆を指示するあなたに自爆の覚悟はあるのですか?」と。もしも、自分の行いで世界が変革したとして、そこに自分居ない。その変化も見られない。それで本当に満足出来るというのか?まるで志の低い者の短絡的な陶酔にしか見えてこない。そんな物はクソだ。

 それぞれに価値観が違うのは分かるし、先進国の巧妙なやり口が彼らを追い詰めているのも痛いほど分かっているつもりだ。でも、若者の思慮の浅さと純粋さに付け込み、自らの都合の良い道具に変えてしまうのは言語道断だ。賢く立ち回る連中が相手なら、自分達も賢くなれば良いではないか。もっと違うやりようがある。もしも同じ土俵に立ちたく無いのなら、国交を閉ざしたって良い。ISの度重なる凶行は、もはやジャンキーの火遊びである。目に付いた物を気に入らないとバットで殴り倒す。ただそれだけ。






 生きる意味が見つからないから自殺したいが、ただ死んでも忘れられるだけだから誰かを巻き込もう



 日本で少し前から増えた自分本位で寂しがり屋な犯罪者達の心理がそのままISには当て嵌まる。ということは、日本でも十分起こりうることかもしれない。

 ある程度景気が安定したと言われても、まったく実感出来ず先が見えない日本であるし、これから先、国や裕福な層、更には傍目から幸せそうに見える人々へのやっかみが募って人心が爆発することがあっても不思議じゃない。自衛隊の活動限界を大きく広げる法案が通り、更に国民を管理するようなルール作りに勤しむ今の政権を見ていると、あまりに危なっかしくて仕方ないし、こうしなきゃ!こうでなきゃ!とか考え過ぎず、もう少しみんな肩の力を抜いて生きて欲しいものだとため息混じりに思ってしまう。





 自分の正しさを疑わない者に必要なのは、愛でも爆弾でもなく、まずamazarashiを聴くことかもしれない。


 『一番正しい奴を疑え 自分自身をまず疑え


 と歌う「デスゲーム」他、amazarashiを聴けば自他共に疑うべき存在であることを嫌が応でも思い知らされることだろう。

 盲信はただの思考停止だ。生きることをその時点で放棄しているようなもの。

 どうせ死に逝く人生なら、誰にも踊らされず生きたいものである。


posted by lain at 07:54北海道 ☔雑記

上手に生きられないとお嘆きのアナタに朗報?です「残響 1巻」高橋ツトム/小学館/漫画/感想

 いつも救い難い人間ばかりを描いている高橋ツトムさんだが、本作は久しぶりにドロドロの汗臭いヤクザが絡む内容だったから、シリアスな場面でもつい笑って(嬉しくて)しまった。

IMG_9439.jpg



 とある工場町で、漫然と日々を過ごす智(さとる)。彼が暮らす安アパートの隣室には、元ヤクザの老人、瀬川が住んでいた。ある日、瀬川は智に「500万渡すから、自分を殺してくれ」という依頼を受ける。躊躇する智だったが、瀬川から、智の中に巣喰う狂気を見抜かれ、彼自身の心にも変化があらわれはじめ…!?




 嫌ぁ〜な中年を描かせたら右に出る者は居ないツトムさんのヤクザ絡みはやっぱりストンと胸に落ちて来る。死を覚悟したヤクザに銃と金をやるから殺してくれと主人公が見込まれてしまう冒頭も”らしい”なと思った。

IMG_9440.jpg
IMG_9441.jpg
頼む方も頼む方だが、他にやることも無いからって相手をする主人公もアレである




 生きてる実感の無い主人公がまたなんとも言えず、自分では何も変えられず弱い者に対してしか牙を剥けなかった青年が、ヤクザのオヤジのおかげで人を殺す覚悟を身に纏い、どんな生を実感して行くのか見守っていると、悪い意味で生々しい渇きに満たされ気分が引き攣られます。

IMG_9443.jpg
酷い顔をする主人公

IMG_9442.jpg
ヤクザと癒着する刑事

IMG_9444.jpg
目の前で手下がヤられ、自分も銃を向けられているのに剛毅笑う親分




 自分が殺した相手の遺族に香典を渡してくれと言い残したヤクザのオヤジの望み通り、遺族の元を渡り歩くことになる主人公。すると、とっ始めからヤクザと渡り合うことになってしまい、そこの組の親分が囲ってる綺麗な女装男と逃避行を始めることになるのですが、こうした捻じれた愛の形も高橋ツトム節全開で僕的には美味しかった。

IMG_9445.jpg
IMG_9446.jpg
IMG_9447.jpg
IMG_9448.jpg
何処となく、ちゃんとオカマっぽく見えるのがとても良い




 どんな形であれ、活きる為に生きている人の姿は見飽きない。

 だからこそ、俺がルールだと言わんばかりの高橋ツトム漫画を性懲りもせず読んでしまうのかもしれません。
posted by lain at 06:57北海道 ☔Comment(0)漫画

何気に今期のアニメは良いOP&EDに恵まれている?!

 今期のアニメはそんなにOP&EDに気になるの無いかなぁと思っていたものの、一月以上観てたらじわじわ好きになってしまったものもあって、まとめると結構な量になりました。


 またテレビサイズの音源作って楽しもうかしら?



 釘宮さんとのデュエットを心から楽しんでる”あやねる”の顔が浮かぶようなEDの 「パルス」


「緋弾のアリア」







 妹達がぴょ⌒んぴょ⌒ん踊りながら歌うEDが可愛過ぎる.....


「ご注文はうさぎですか??」






 アメコミ調の映像にJAM Projectは最強過ぎる。ワンパンマンらしからぬカッコイイOPだ。


「ワンパンマン」






 世界観が好み過ぎるからって、べた褒めし過ぎるのもあれだけど、懐かしいヒーローの匂いがあちこちからしてくる中に”ZAQ”の熱い歌は辛抱たまらん。しかもボーカルを入れない”山本陽介”さんのギターソロEDがまた渋い。つくづく良いセンスだ。



「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」







 ボーカル"IKE"の喉の問題でバンドが無くなってしまうんじゃないかと思われた"SPYAIR"の健在っぷりを否が応でも堪能出来るのは幸せなことだ。


「ハイキュー!! 2ndシーズン」







 本家顔負けの作画で立体的によく動き回り良い仕事してます。


「進撃!巨人中学校」






 懐かしいと言うか、古臭ささえ感じる曲なのに癖になる。何故か分からないけれど、きっとDNAに刻まれてるんんでしょうね….


「スタミュ」






 何気にどう作画したのか(2013年にアニメ化された「惡の華」と同じくロトスコープによる作画らしい)気になる線画と絶妙なポップさの”KANA-BOON”のマッチングが面白い。EDの”シナリオアート”もかなり気に入ってしまった。


「すべてがFになる」







 上げ上げな曲にセクシーなサビでヘッドバンギングしたくなる”THE ORAL CIGARETTES”「狂乱 Hey Kids!!」に尽きる。ライブとか超盛り上がるでしょうなぁ ‹‹\(´ㅂ` )/››‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ㅂ`)/›› ♪


「ノラガミ ARAGOTO」






 3号が男の娘と聴いて俄然見る目が変わってしまった。ただの煩悩チョイスである。青い子ほんと可愛い...



「ハッカドール THE あにめ〜しょん」

IMG_9419.jpg






 コマツ愛にあふれたムーコの愛らしさを見ていると、隙のないアーティストを起用するのも良いけど、作品の内容そのままの魅力をストレートに伝えるオープニングもいいなって思います♡


「いとしのムーコ」






 新たな赤の王となった”櫛名 アンナ”とシンクロするカットを何度か挟み、最後には口づけ音で締めくくっているのが上手い。にしても”堀江由衣”は幾つになるまでこんな可愛い声を出し続けられるのだろうか?....


「K RETURN OF KINGS」






 飛ばしまくりの1話目でがっちりファンの♡を鷲掴みにしたものの、ちょっとやりすぎたかなぁ~と、クレームが入る前に自粛したら「もっとやれ!」とお叱りを受けたおそ松さん。無論OP、EDも良く出来てる。特にクレイアニメーションみたいにおでんをフィーチャーしたEDがいかしてる。


「おそ松さん」






 久方ぶりに復活した甲斐のある美麗なアニメーションなうえ、片目を瞑って見ると3Dで楽しめるギミックまで仕込む拘りは本当に素晴らしい。あと”石川さゆり”さんの年齢を感じさせない美声を堪能出来るEDも贅沢だ。しかしこの声で57歳は詐欺だ…..


「ルパン三世 新TVシリーズ」







 きっとこんなことを言ったら熱心なファンに怒られるだろうが、初めて”MISIA”を良い歌手だと思った。昔はただ上手く歌える技術を持った歌手に過ぎ無かったけれど、歳を重ねて良い塩梅に内面が熟成したからこそ、香り立つ本物の風情が身についたように思う。重いエピソードの後だとひと際この曲は沁みる......


「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」



もうアニメを観るようになってかれこれ30年以上経つというのに、よくもまあまだ観てるものだと自分に呆れます。


当然飽きもあるし、時代が求めている物と自分の求める物に溝を感じる時も往々にしてあるわけですが、今の技術だから出来る新しい試みや、若い脳細胞が生み出す着想に「おっ」っと、思わされることもあるので止められません。


生身の映像作品だとどうしても生臭くなってしまったり、受け手の想像力を削いでしまうなんてこともあるし、表層は虚像だが、その中身は実像であるアニメならではの表現には、まだまだ先があることでしょう。




是非国を挙げてアニメに関するお金や人材の問題をクリアにし、鉛玉ではなくアニメで世界を征服して欲しいものですね。










関連過去記事


90秒に熱くなるアニソンの夏

posted by lain at 21:01北海道 ☔Comment(0)アニメ