吊るされた先で生を得る者達「絞首台の黙示録」神林長平(著)/早川書房/感想

僕らは毎日生きている

何を根拠にそう感じるのか?それを不思議にこそ思えど、実際にこうして腹が減り、疲れや痛みを感じていれば、自然に自分は”生きている”と思えてくる。

しかし、なかなかに人間の意識というのは脆弱なもので、外的要因により簡単に揺らぎ、自分がこうと思い込んでいるセンシティブな部分を、誰かに精確に指摘修正されでもしたら、あっという間に防衛本能が働き心を閉ざそうとする。

本作はまさに、そんな自分の防衛本能を擽るモヤモヤに溢れていた。


自分を引っ掻き回され続けてモヤモヤするものの、断片が綺麗に繋がっていくような幕引きが厳かで良かった



長野県松本で暮らす作家のぼくは、連絡がとれない父・伊郷由史の安否を確認するため、新潟の実家へと戻った。
生後三カ月で亡くなった双子の兄とぼくに、それぞれ〈文〉〈工〉と書いて同じタクミと読ませる名付けをした父。
だが、実家で父の不在を確認したぼくは、タクミを名乗る自分そっくりな男の訪問を受ける。
彼は育ての親を殺して死刑になってから、ここへ来たというのだが……

by ブックデータベース





初めての神林長平作品がこれで、少し失敗したような気がしてしまった。無論作品の善し悪しの話ではなく、文章の構成、言葉選びに慣れるまで時間が掛かったことや、内容が内容であったため、あまりに理路整然とした言葉による責めに、辟易してしまった面があったからだ。

 冒頭の死刑囚の心理描写の強烈さが終わったかと思えば、今度は自分そっくりの人間と出くわした男2人の堂々巡りな問答を突き付けられたから、当然心を揺さぶる言葉遊びがこの先も展開されるであろうことは早い段階で理解出来たものの、もう自分が推測していた範疇を軽く飛び越えるほど神林長平さんの理論(理屈)武装は凄かった。詐欺師を目指す者なら、まずSF作家に学べと言いたくなるほど、真実と思われる情報と、それと気付かせない嘘の混じり合いが絶妙で、かなり自分が引っ掻き回された。

 一つ真実が見えたと思ったら、また一つ謎が生まれる本書を読むということは、まるで科学の進歩の姿を見ているようで不思議。一から十まで綺麗に整っているかと思えば、ちゃんと受け手一人一人が解釈出来る余地も残されているし、科学的にも宗教的にも相当掘り下げられているので、行き当たりばったりで書けるような本では無いと、つくづく思わされます。





 長年物書きをして来たプロの胸元に飛び込むことが、どれだけのわくわくと恐怖を与えてくれるか、身を以て知った気がします。観光気分で戦場へ赴き、いきなりキルゾーンへ飛び込んだようなものでした。正直、初期作品から入った方が良かったかもしれません。



人が人であるのに、何が必要なのか?

生きるとは?死とは?

作家ならば誰しも極めたくなるこのテーマは、とても面白かったけれど、ここに至るまでの神林長平を知らずして、読むべきでは無かったような気がしてならないのです。


まあ、逆に、ここに至った経緯を紐解くつもりで過去作品に触れるのも、読書の正しい形かもしれないけれど....


posted by lain at 07:17北海道 ☔Comment(0)小説

こんにちはも、さようならも、ありがとうも言わなくなって「くるり NOW AND THEN vol.2 Zepp Sapporo」

穏やかな11月が続き嬉しい反面、このしわ寄せが何時飛び込んで来るか内心びくついていたら、とうとう一面雪の原になった旭川。

こりゃいよいよ出掛けたく無くなって来たぞ思いつつも、このままいつも通り家でだらだら日曜を過ごしていても気分転換にはならないだろうと思い腰を上げて久しぶりのZepp Sapporoへと赴いた。




こちらは雪がまるで無いなと羨みながら、混雑を嫌い、少し離れた駐車場に車を停め、高いビルが立ち並ぶ中へと足を運ぶと、突如現れるZepp Sapporo。何度見ても最大収容人数の割に意外と小さいさいものだと思えた。ライブ自体ご無沙汰であったし、馴染みの整列風景の喧騒も昨夜は懐かしく感じた。

昨夜のZeppは勿論、”くるり”を好きな人達が集まる夜だったので、少し年齢が高い落ち着いたものになるかと思いきや、なかなかどうして若者の姿が目立っていた。「TEAM ROCK」からの「ワンダーフォーゲル」と言う選曲にも大勢声を上げていたし、最近のくるりでは無く、この時期のくるりから入った若者も大勢いるということなのだろうか?


以前から一度是非ライブに行きたいと思っていた”くるり”ではあったけれど、コロコロと音楽のスタイルとバンドメンバーを変えるから、ここ数年のアルバムはそれほど聴く気になっていなかった為、正直不安はあった。けれど、まさかの、僕が”くるり”を好きになった理由である「TEAM ROCK」と「THE WORLD IS MINE」を完全再現(実際にはフィーチャーしているだけ)したツアーだとMCで聴いて小躍りしてしまった。事前の情報を一切頭に入れない僕の姿勢が、たまたま功を奏したようである。

"TEAM ROCK"の序盤4曲と"THE WORLD IS MINE"の序盤3曲をやったかと思えば、残りは両アルバムを上手くミックスして、「リバー」へと流れ込み、会場は大いに盛り上がった。特にこの時期のテクノな”くるり”を象徴するかのような「MIND THE GAP」から「永遠」にかけての繋がりは心地良かった。鉄オタらしさを存分に振った岸田繁さんのMCも、噺家みたいに軽快で楽しかったし、何よりバンドメンバー自体がセッションを愉しんでいるのが1番良かった。クリフ・アーモンドと岸田氏の音のぶつけ合いは空きっ腹をえぐる迫力で流石である。



こうして大好きなバンドの大好きな曲を聴いて実感するのは、幾ら若気の至りで生まれた曲であろうとも、良い曲はいつまでも良い曲だと言うことだった。次々とギターを変える岸田氏や所狭しと並ぶトロンボーンだのドラだのを目にしていると、一曲一曲の愉しさに拘り作っている彼等の姿が目に浮かんでくる。

来年で20周年で、この先50周年も視野に入っていると豪語する岸田氏とくるり。新しい曲を目指すのも良いが、また懐かしいアルバムをフィーチャーしたライブを観てみたいものだと、気の早い気分にさせられる良いライブだった。









セットリスト

1.TEAM ROCK
2.ワンダーフォーゲル
3.LV30
4.愛なき世界
5.GUILTY
6.静の海
7.GO BACK TO CHINA
8.トレイン・ロック・フェスティバル
9.THANK YOU MY GIRL
10.ARMY
11.砂の星
12.男の子と女の子
13.アマデウス
14.MIND THE GAP
15.水中モーター
16.ワールズエンド・スーパーノヴァ
17.C'mon C'mon
18.永遠
19.バラの花
20.リバー

アンコール
21.ブレーメン
22.Morning Paper
23.Liberty&Gravity


posted by lain at 07:03北海道 ☔Comment(0)音楽

もしもチャーリー・シーンが大統領になったなら...「マチェーテ・キルズ」ロバート・ロドリゲス(監督)/感想

”チャーリー・シーン”

80〜90年を存分に楽しんだ世代であれば、この名を知らない人はほとんどいないことだろう。

「プラトーン」では一人前に荒んで行く青臭い兵士、「メジャーリーグ」では跳ねっ返りの片袖無しメガネ剛腕投手、かと思えば仕様もないコメディ映画にまで出演し、日本でも大人気ハリウッド俳優だった。


そんなチャーリー・シーンだが、人気者にありがちな素行不良で公私共にトラブルが尽きず、とうとうHIVにまで感染したと言うのだから因果応報である。5000人と肉体関係を持ったと豪語する男であるから、今まで平気だったことが不思議なくらいだ。彼がHIVと気づくまでにどれだけの女性が、彼の汚染された欲棒の餌食となったのか、想像するだけでため息が出る。HIVであることが分かってから、友人にそのことで強請られ12億円以上払ったと言うし、今後訴訟を起こすであろうチャーリー・シーン被害の会っぽい人々に幾ら払うことになるのか、他人事ながら怖い話だ。

それにしても、今のチャーリーにどれだけ俳優としての価値があるのだろう?顔が良かったと言っても若い頃の話で、今では金にものを言わせて若作りしているのが見てとれるし、お腹もポッコリ膨らんでいる。年齢に応じた味のある演技が出来るかといえば、そうでもない。はっきり言って田原俊彦状態である。

実際最近の彼の演技はどうなのかと、Netflixの検索で引っかかった「マチェーテ・キルズ」を観てみたが、元々超B級を売りにした映画だったから、役者として上手いのかどうかはよく分からなかった。ただ、3人の女性と寝ているところを電話で起こされるシーンは、自虐ネタとしては旬だなと思った(白目)


FE42E70B-52BA-4731-B310-F5342F7267F7.jpg
プルルル....ガチャ
7787DE3A-9620-46AE-9DC8-68B560B7D85A.jpg
1人、2人、
C37A90A4-87F1-4C97-812E-253BE567142D.jpg
3人、
6EBCE473-9EAF-4391-97BE-147950E3FA1D.jpg
ワタシダ




 この「マチェーテ・キルズ」、ロバート・ロドリゲス監督の別の作品で偽映画の予告として作った物を映画化した「マチェーテ」の続編にあたり、始めはどんなクソ映画なのか見てやろうと言う腹意地の悪い気持ちで見始めたものの、糞具合が規格外で、わざと隅々安っぽく撮っているから逆に面白くて仕方ない。主人公のマチェーテが、自分の名前の由来である武器”マチェテ"(マチェット、マシェット等発音はまちまち)や様々なガジェットを駆使し、悪者共を片っ端から殺して世界規模の危機を救うという話なのだけど、首が飛んだり身体が縦に真っ二つになったりするのに、そのディティールが安っぽく、味方も敵もあっさり死んで行くからグロさで気持ち悪くなることもそれほど無いし、重い展開に感情が掻き乱されることも無く脳みそを空っぽにして観れる阿呆な映画だ。

7DAE6A90-5B44-4521-91B3-0DAA8C7820D4.jpg



下らないパロディや幼稚なギミック(乳から小さなナイフを飛ばすパツキン、10徳ナイフ状態のマチェット等)も含め、何もかもがデタラメな本作だが、出演者の豪華さなら他の映画に引けを取らない。地味だが美味しいダニー・トレホを筆頭に、メル・ギブソン、ジェシカ・アルバ、ミシェル・ロドリゲス、レディー・ガガ、アントニオ・バンデラス、そして我らが”チャーリー・シーン”(本名であるカルロス・エステベス名義)まで、癖のある役者が揃っているからマチェーテ以外も良い味を出していた。

 結局お客はあまり入らなかったそうだが、何故か3作目も制作する予定のよう。HIVであることを告白したチャーリーの出演も当然あるのだろうか?

ホント、期待しないことに期待したくなるチャーリーとマチェーテであった(意味不)

A3EE8912-D324-4CF1-AEE5-9AA0DDB55261.jpg

E68B98D3-C840-4465-BED0-2F101F772B1D.jpg








関連過去記事

posted by lain at 07:21北海道 ☔Comment(0)映画