へたれロマンチストの平和は破られた。

 とうとう安保法案が可決された。


 何年も掛けて地道に説得するでも無く、世論調査でも大勢が反対し、大規模なデモにまで広がったにも関わらずだ。


 僕のように不勉強な国民には理解のしようがない、政治的な判断とやらが介在しているから是が非でも通したかったのでしょう。



 だが、それがどうしたというのだ?





 野党が猛烈に反対するのはいつもの光景ではあるが、世論が大きく割れて反対者の方が多いくらいであるのに、選挙で与党になったのだから我々の言葉は国民の声であるとし、国民投票を行わず強引に可決へと踏み切った段階で法案の正当性なんぞ吹っ飛んでいる。押し切ってしまえば周囲は折れるしかない。そう踏んでいるのでしょう。グレーな立ち位置の人達が仕方なく受け入れることまで計算しているに違いない。1票でも多く貰った者が何をやっても全部「民意」であるというのは本当に馬鹿げた話だ。



 この法案により、いきなり戦争になる。そんなことは無論ありえない。しかし、目の前の柵を除けて一歩前へと踏み出した我々に周囲はどう感じるだろう?特に近頃仲を拗らせているアジア圏の人達は。


 自分達がどう考え言い繕ったところで、相手がどう思うかは別なのである。どうせアメリカの圧力に屈しただけだと見抜かれているでしょうが、この法案可決により公的にアメリカの前線基地であると認めてしまったも同然だから、完全に日本を見る目が変わるはず。アメリカが戦争を起こせば日本も参加するだろうし、アメリカが憎まれれば日本も一緒くたに憎まれる方向へと加速して行くことだろう。







 戦争が起きる時というのは、自分は相手より正しいと信じ込み出すところから始まり「命より大事な物がある」精神が蔓延り始める。どうせ最悪の事態が過ぎ去った後には「命より大事な物は無い」と口にするくせにである。生き物は例外なく生存競争から降りられない存在であるから、戦後何十年も経った今こうした流れになってしまうのも必然であるのかもしれないが、日本唯一のアイデンティティとも言える専守防衛の精神を損なう所業はやはりショックだ。


 どんなに周囲に臆病者、卑怯者と罵られても、突き通し続ければ本物の理念になれたかもしれないのに、これで全ては水の泡であります。





 まったく良い未来に繋がっているように思えない改正と新法ですが、とにかく決まったからには慎重に運用して頂いて、無益な火種の原因にしないよう最善の努力をしていただきたいものだ.........


posted by lain at 07:21北海道 ☔雑記

お前、そんな姿で大丈夫か?(´Д` )「わたしはあなたの犬になる」都 陽子/祥伝社

 警官による犬射殺事件のせいで、もしも動物と会話ないし正確にコミュニケーションが取れればどれだけ良いだろうか?と、ちょっぴり考えたものの、完全には理解し合えない関係だからこそ良いというのもあるよなと、この本を読んで思いました。

IMG_8823.jpg




 少しガサツな主人公(♀)が強面なイケメンに興味を持ち、彼が授業中に自分が書いた犬のぱらぱら漫画ににやける瞬間を目の当たりにして恋に落ち、即告白するも即断られてしまう。

IMG_8824.jpg

IMG_8826.jpg


 雨に濡れた姿のまま、公園で酒を飲み失恋を晴らそうとする主人公(非常に分かり易い女である) しかし飲み過ぎたせいかそのまま記憶が薄れてゆく。


 そして次に目覚めた瞬間、彼女は振られたぱらぱら漫画の彼の部屋に居た。さっきあんなにキツく拒絶されたのに、優しく介抱してくれる彼にドギマギする調子の良さを見せる彼女。

 だが、鏡に映った自分を見て更に驚くことになる。なにせそこに映っていたのは紛れもない柴犬だったのだから.....

IMG_8827.jpg

IMG_8828.jpg




 普通にガサツな女子が心を閉じているイケメンの心を解き放つ系のレディコミかと思っていたら、主人公(♀)がまさかの動物に変身出来る一族の末裔とか言われて思わず笑ってしまいましたw主人公の思い切りの良さは、少なからず作者の性格が反映されているに違いないww

IMG_8829.jpg


 変身出来ることに味を占めた主人公(♀)が、人間の時は悪い印象しか与えられない分、犬の姿の時は彼に誰だか分からないのを良いことに兎に角甘えまくり、彼の匂いがどうのとか今だそう言えば!とか考えているとは露知らず、柴犬に最高の笑顔を見せる彼が不憫にさえ思えてくる....


 かなり拗らせた恋の叶え方だと思うのですが、ある意味お互いに理想的な付き合い方であるとも思えなくも無い。人語を完璧に理解して寄り添ってくれる犬を手に入れた彼。本当の自分では手に入れられ無い距離感に有り付けた彼女。ある意味Win-Winな関係性かもしれない。

 でも、女性はただ好きな相手の近くいるだけで満足出来るほど無欲じゃない。人として彼と完全に繋がることこそ最終的には望んでいるはず。ガサツな主人公が意を決して彼と本気で向き合う時が待ち遠しいですな。見ものですw




 同じ言語を話す者同士だから逆に気持ちを許し合えないというのも良くある話ですし、やっぱり動物とは会話出来ない方が良いんじゃないですかね?

 分かり合う努力をしたいと心から思えることこそ大事なのではないでしょうか?( =3=)








posted by lain at 07:10北海道 ☔Comment(0)漫画

人間同士でもそうだけど、言葉が通じない相手と向き合うのは本当に難しい......

 もう随分と昔の話になるが犬を飼っていた。

 今じゃめっきり見かけなくなった野良犬の親子連れが、家の前で餌欲しさにしつこく鳴くものだから、僕と姉達は必死に親に飼ってとお願いした覚えがある。今思えば、何処かで飼われていた飼い犬が、子供を産んで養えなくなったからと、まとめて郊外に捨てられ我が家に辿り着いたということだったのかもしれない。


 犬は兎に角やんちゃをする。鳴く噛むは当たり前で、よほどのプロに依頼しない限り、飼い主のだらし無さがまんま犬に大きく反映されます。今は小型・中型を問わず室内で飼っている人が多いため、ちゃんと飼い主がケアしてあげないと、ストレスを抱えたり外に出ることに臆病になったり、まるで引き篭もりのように身動きが取れない状態になってしまうなんてことも多いことでしょう。そうした責任の大きさを思うと、中途半端に飼うことが躊躇われ、あれから一度も生き物と生活したことはありません。もしも犬達が人語を喋れれば、僕のような人間でもなんとか世話をしてあげられるのかもしれませんけどね....





 狩猟犬種の飼い犬に飼い主が噛まれ、駆け付けた警官達に射殺された事件の話を聞いていると、色んなことが頭をよぎります。狩猟犬の血が悪い意味で発揮されてしまったのか?噛みグセが付いてしまった犬を何故飼い主はそのままにしたのか?銃を使用して犬を処分した警官の判断が間違っていたかどうかは兎も角、もう少し取り回しの利く道具(たとえばスタンガン)を装備していれば、近所へ跳弾する脅威を軽減出来たのでは?とか。

 なんにしても、噛まれた人達や発泡した警官達以上に中途半端な扱いのせいで犬が命を落としたことはやり切れない。

 事が起きて真っ先に切り捨てられるのは弱い者達です。

 僕らもけして強い者とは言えない時代なのだから、我が身を思うように彼らのことを慮って生きて行きたいものですな.......
posted by lain at 07:09北海道 ☔雑記