何を以って親とするか?「そして父になる」是枝裕和(監督)/福山雅治(主演)

 親は言うことを聞かない子どもに「あんたはウチの子じゃないんだよ」と、口にすることがある。

 大抵は勿論冗談であったり、子どもの反応を面白がっているだけではあるが、実際に夫婦の不義で生まれた子、施設から引き取られた子ども、そしてまさかの新生児の取り違えというケースも無いわけでは無い。

 三つ挙げたウチの子じゃない理由の中で、今はまずありえないのが新生児の入れ違いだろう。ベビーブームの頃は杜撰な管理のせいで入れ違いが頻発していたそうだけど、現在はお母さんのお腹から取り上げられた赤ちゃんの足の裏に油性マジックで名前を書き、腕や足に名前付きのタグを付けるとのことなので、故意にやらない限りまず起こり得ないようだ。






 バリバリのエリートが子どもを取り違えられたことで、親として大きく成長してゆく物語で、父親役がまるで似合わない福山だからこそ、逆に未熟な父親っぷりがハマっている映画だったかもしれない。

 裕福だけどたかが血脈で簡単に壊れる家族と、貧乏だけど血の色なんて関係無く繋がれる家族を並べ、親が親であるためにどうあるべきか、生臭い話も交え描いているのが妙にリアル。それぞれが思い悩みつつも事実を受け入れ絆を深め、一番の問題児であるエリートパパが凝り固まった心を開いて父としての愛に目覚めてゆくまでがなんとも言えない。




 誰に何に怒りを向ければ良いのか分からない中、自分のことばかり考える福山パパには本当にイライラするが、彼がどうしてそんな人間になってしまったかが垣間見れるシーンもちゃんとあるし、福山パパにちょいちょい父親とはこうあるべきでは?と、態度や言葉で示す”リリー・フランキー”パパの調子の良さが凄く良い。リリーパパは電機屋さんらしく子どものおもちゃも直してみせるので、湯川准教授から一転して機械音痴な福山パパとの対比がこういった場面でも分かり易い。


 僕は結婚などしていないし子ども居ないが、ちょくちょくウチに預けられる姪っ子達に対する僕の態度は、きっと福山パパより酷いことだろう。もしも自分の子どもが取り違えられたりしたら、僕はどうするのだろう?どう感じるのだろう?何処かこの子は自分とは違うと違和感を感じ続けるのだろうか?

 どんな生き物でも長い間一緒にいれば愛着が湧くものだし、もし取り違いの憂き目にあっても、絆は血で決まるものじゃ無い!と、力強く口に出来るような関係を子どもと築けていると良いなと思った。



 多分一生独身だと思うけど(´Д` )







posted by lain at 07:04北海道 ☔Comment(0)映画