期待せずに買った万馬券が当たったくらいの意外性?!『Apple Music』

Appleの恒例カンファWWDC 2015で音楽ストリーミングサービス”Apple Music”が発表された時、全然興味が湧かなかった。聴きたい曲より興味の無い曲のために無駄にお金を払わされることになるに違い無いとさえ思っていた。

ところが実際使ってみると、これが案外良いかもしれない。


すっかり音楽アプリの様相が変わってしまったから、自前の曲を再生するだけでもおぼつかないし、あれこれ追加された機能を弄っていると当初の目的を見失い広大な原野で途方にくれているような感覚にもなってしまうけれど、散々使えないランダム再生にウンザリしていた僕からすると、この選択肢の多さは非常に刺激的。自分の好みから診断して曲を選ぶ手段が兎に角多い。

簡単な質問に答えて行くと、それに応じてプレイリストを組んでくれる"For You"や、今の気分にぴったりなプレイリストを探せる”NEW”、まったく新しい世界を見つける扉として昔から重宝されている”Radio”、登録した好きなアーティストの情報を見れる”Connect”など、様々な角度から音楽を楽しめる。

IMG_8198.jpg

IMG_8200.jpg







そして、これらのサービスを利用するうえで、もっとも便利になりそうな機能が”ステーションを開始”。自分の持っている曲でもRadioでも関係無く、あ!こういう曲を今聴きたい!と思った時この機能を利用すると、似たような曲を次々と勝手に選曲してくれるから開拓下手な人でも気軽に新しい音楽の世界を見つけられるし、今まで膨大な曲の中に埋もれさせていた自前の曲の良さを再発見することも出来ます。

IMG_8199.jpg
※再生中に☆を押すと、更に自分好みの選曲を楽しめるようだ




しかもこれらの機能で発見した曲はマイミュージックに登録することも可能で、自前の曲と一緒にリスト管理まで行えるというのがまた便利。いよいよ曲単位で買う機会が減って行くのでは無いだろうか?

ただ、なにぶんストリーミングであるので、Wi-Fi環境に無い場所で楽しみには注意が必要かもしれない。今時はソーシャルゲームやLINE、Twitterなど回線を使うコンテンツが多いですし、直ぐに通信速度を制限されてしまうことでしょう。




プレーヤーには改善が必要かもしれないし、邦楽のラインナップに関しては弱いけれど、自分の好みの世界を膨らまし、ついでに新しい世界の扉も開いてみようか?と、音楽の開拓に前向きになれるサービスになりそうだ。









posted by lain at 06:50北海道 ☔Comment(0)Apple