うつのみこ日誌 壱

 楽しく休みを満喫していても、何かの拍子に思い出してしまう宿題のように心残りだった”藤川桂介”さんの「宇宙皇子」を今度こそ本腰を入れて読むことに決めた。


 あれはそう、僕が中学生の頃だったろうか?二人いる姉のうち、上の姉の本棚で見つけたのが最初の出会いだった気がする。

 ユニコーンのような角を生やした青年の精悍な出で立ちが光るイラスト(当時は”いのまたむつみ”さんとかまったく知らない)に、どんな本なんだろう?とぼんやりと惹かれていた。


 それから1、2年が経ち、その姉が大学進学を決めて家を出て行くこととなり、その際「バリバリ伝説」と一緒に「宇宙皇子」も譲り受け、当時読書に目覚めたばかりだったからとても夢中になった。

 宇宙皇子は、角の生えている少年が周りに迫害されながらも己の出生の意味を探しつつ、人間社会の構造や天上世界の在り方にまで意味を問い続けるという壮大な内容で、ヒロイックファンタジーでありながら遠大な遠回しとでも言うべき社会派作品でもありました。物語の背景となる政治的に不安定な飛鳥時代に宇宙皇子が介入してゆく展開はとてもドラマチックだったなぁ...

 まだまだ見る物全てが新鮮に映る時期でもあったから、宇宙皇子は本当に楽しかった。時折朝廷の人達が誰が誰だか分からなくなってしまうこともあったけれど(飛鳥時代の偉い人達は名前が似ていたり、近親との複雑な夫婦・親子関係があるから相関関係が頭の中だけで整理し難い)ちょっとした歴史の勉強にもなった。案外この作品で歴女になった人もいるのかもしれない。




 以前は第3期”妖夢編”の序盤まで読んで何故か積んでいたけれど、今度こそ最後まで読みきりたい。

 ただ、全52巻と言う物量は果てしない。

 漫画でさえ大変な量なのに、小説でこの量はなかなかのものだ。



 去年30冊前後しか小説を読めていないことを考えると、今年中は無理かな?(・_・;

 IMG_7815.jpg





宇宙皇子 地上編 復刊! http://spn-works.com/utsunomiko/
posted by lain at 07:01北海道 ☔Comment(0)小説