思い出の〜じゃないよ(´・Д・)」「マーニー(原題 Marnie)」アルフレッド・ヒッチコック/1964年/米国

「思い出のマーニー」とは、1967年に”ジョーン・G・ロビンソン”さんが書いた小説で、ジブリがアニメ化したことで僕を含めた大勢の新規ファンを獲得した作品ですが、そこから遡ること6年前にウィンストン・グレアムさんが「マーニー(原題 Marnie)」と言う本を書いている。

 別段その二つの作品に脈絡があるわけでも無いのですが、グリアムさんの方のマーニーをヒッチコックが映画化した作品を観ていたら、何故か似ているところがあるような気になってしまいました。




 盗癖のある女”マーニー”は、名を変え、髪の色を変え、あちこちの会社に事務員として入り込んでは金を盗んでいたのだが、とうとうとある男にバレてしまう。

 彼女を雇った張本人でもあるその男”マーク・ラトランド”は、事もあろうに警察に行くか僕と結婚するかの二つに一つだとマーニーに言い放つ。どうやら盗癖のある女だと分かっていながら雇っていたらしいのだ。

 不本意ながらも選択肢が無いマーニー。救い難い恋に身をやつしたマーク。二人の奇妙な生活が始まる....

IMG_7798 (1).jpg
※個人的にはマーニーよりマークの亡き妻の妹役”ダイアン・ベイカー”(左)が好きじゃ♡




 マーニーは盗癖だけではなく、男性が苦手であったり「赤」色に異常な反応を示すなど、非常に扱い難い女性なわけだが、そんなマーニーに根気良く付き合うマーク(ショーン・コネリー)が格好良い。作中マーニーにフロイドの真似事をしていると、責められた時でさえ飄々としている。

 物語は、そんな二人のギクシャクした関係と共にマーニーの子ども時代に何があったのか?と言うのをチラつかせつつ進行してゆくわけですが、正直序盤で展開は見えてしまう。

 後期のヒッチコック作品だからなのか?当時の観客は真相に意外性を感じたのか?はっきり言ってあの頃の映画やヒッチコックについてそこまで詳しく無いから分から無いのですが、それほど驚きも恐怖も感じなかったように思います。まあ、マーニーの心理描写はそれなりに面白かったし、トラウマに苦しむ人の物語は好きなのでそれなりに観れる映画ではありました。



 二人のマーニーに共通した面があると言うよりは、マーニーとアンナの方が近い存在かもしれない。過去の記憶が曖昧だったり、心を閉ざしていたり、雁字搦めになった心の解放までを描いた内容である点でも、二つのマーニーは重なるものがあるような気がします。片や児童文学、片やサスペンスという立場ではありますが、僕のようにタイトルに惹かれてうっかり観てしまうのも良いかもしれません。




 ただやっぱり、マーニーの素顔が明らかになるまでの冒頭6分間が最高潮の作品だったかもしれないなぁ......(´Д` )





 関連過去記事



posted by lain at 07:07北海道 ☔Comment(0)映画