春なのに〜お別れですね〜♪

 なんとなく、今期で最終回を迎えた作品を、どれくらい、そしてどんな風に自分が呟いていたのか(タイトル名やハッシュタグが含まれるツィートのみ)振り返ってみました....



「団地ともお」37ツィート





※子供の頃、リアルに団地に住んでる連中とばかり遊んでいたので、とても懐かしい気分でいっぱいになってしまいました。またいつか続きを....



「山賊の娘ローニャ」12ツィート




※気怠い序盤を超えたら、後はなかなかの見せ場の連続で楽しめました



「四月は君の嘘」16ツィート





※ヒロインが病弱という昭和臭半端ない設定に、まんまと泣かされた。最終回で主人公が亡きヒロインからの手紙を受け取り、読んでいる最中コロコロと表情を変える等、感情表現の豊かさが流させた涙ですね....




「幸腹グラフィティ」ツィート



※パンチラも、モザイクも入らないアニメなのにこれほどエロくて腹の減るアニメは凄い



「ログ・ホライズン」16ツィート



※これでサヨナラだなんてまったく思ってません。3期待機っ



「暁のヨナ」13ツィート



※ふしぎ遊戯並みの話数が欲しい良作でした



「SHIROBAKO」19ツィート




※これでまた「観る」じゃなくて「作る」人が増えちゃうんじゃないですか?チラ



「アイドルマスター シンデレラガールズ」 ツィート



※アイドルをやることの楽しさだけじゃなくて、怖さみたいな物もちゃんと見れて思ってた以上に楽しかった♪



「ローリング☆ガールズ」ツィート



※気持ちの押し付けじゃ無い「ガンバレ!」をくれるTHE BLUE HEARTSの「人にやさしく」最高だわ.....



「ヒーローバンク」17ツィート





※最後までブレずに尻アニメで色んなお友達がハマったよねw



「マジンボーン」ツィート


※あんまり呟いて無かったけど、主人公の煮え切らない性格にリアリティを感じて結構新鮮な気分で楽しめました



「七つの大罪」ツィート


※僕が勝手にそう感じているだけかもしれないけど、とてもドラゴンボールの匂いがする作品でした。今のジャンプ作品よりジャンプらしい(昔の)作品なのでは無かろうか?



「夜ノヤッターマン」ツィート



※実写化は大抵微妙だけど、何年も経ってからの続編とか作らせたらタツノコは上手い。他の有名なタツノコ作品も続編作って欲しいですはい



「純潔のマリア」ツィート




※無性にベルセルクが読みたくなるテイストで大好き。某アニメのサキュバスが幼女だったのに比べ、こちらはちゃんとセクシーなサキュバスだったのも嬉しかったw



「弱虫ペダル 2期」18ツィート




※周りがこわぁ〜い妖怪変化だらけな中、見事ゴール出来て良かったね坂道くん....(泣)



「ガンダムビルドファイターズトライ」10ツィート



※あまりにもツボの押さえ方が巧み過ぎて可愛気が無かったですね(文句の付けようが無い面白さでした♡)



「ユリ熊嵐」15ツィート





※一生付いて行きます幾原さん(;゚∀゚)=3ハァハァ



「デスパレード」ツィート


※本編からかけ離れたムードのOPもなんか良い♪




「神様はじめました◎」ツィート


※素直に好きと言えないラブコメの王道を行きつつ、僕らが寂しい時そっと寄り添ってくれるような優しい作品。もう一シーズン頼んます監督っ!



「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」28ツィート









※キャラ絵は好きでした。何を隠そうヴィヴィアン推しですw
スクリーンショット 2015-04-02 21.54.23.jpg



「アルドノア・ゼロ」24ツィート



※ロボット物じゃなくて、良質な青春物として観るのが正しいアニメでした。彼等がもっと中年、もしくは老人になったくらいの時期を舞台にして続編希望



「ガンダム Gのレコンギスタ」94ツィート







※期待の裏返しからいっぱい戸惑いましたが、一筋縄ではいかない富野さんらしい唯一無二な作品だったかもしれません







 つぶやきの多さが良いアニメの判断基準では無いですけど、思わずツッコミたくなる何かがある作品の順に呟きの数が多かったです。

 よく学校の先生とかが言いますもんね。大人しい優等生より、少し手がかかる悪ガキの方が記憶に残るって。アニメもそうだと思います。あっという間に忘れられるくらいなら、ドカンと記憶に残ることをやらかしたもん勝ちですよね。

 そういう意味で言うと、クロスアンジュも十分視聴者の記憶に残ったでしょうな。まあ、僕にとっては悪い意味でですけど。正直もうサンライズのロボット物の質には見切りを付けました。どうせこれからも似たような期待の裏切り方で人の気を引こうとするだろうし。

 視聴率や関連商品の売れ行きが悪かったら、スパロボに出せば良いとでも思ってるんだろうなぁ....どこか違う会社でサンライズをギャフンと言わせるロボット物作って引導を渡して欲しいものです ´д` ;

続きを読む

posted by lain at 22:28北海道 ☔Comment(0)アニメ

イメージを形にする職業に惚れてしまうでしょ?こんなの見せられたら?「ユリ熊嵐」幾原邦彦(監督)

 男同士でもある事だけど、若い女性ほど抜け駆けした者を許さない傾向にあるように思う。

 「私は我慢してるのに」

 家庭で頑張る奥さんも、会社で意地はるOLも、女子校のような特殊なコミュニティで過ごす女の子達だって、こんな風に感情を昂ぶらせたことがあることでしょう。ましてやそれが性的な事他人の幸福であれば、尚更理性が何処かに吹き飛び恨みつらみが行動に出てしまいがちです。



 人間は何故か周りと同じような行動を取らないと落ち着かない生き物。クラスの友達が「ポ◯モン」を遊んでいたら、仲間ハズレにならないようにポ◯モンを遊びたくなるし、直ぐに忘れ去られる芸能人だらけのテレビだって、話題が合わなくなるのを恐れて見てしまう。しかし、よくよく考えると、自分が他の人と違う物に目を向ける人間であって、なんの不都合があるのか? もしかしたら、あるがままの自分を手に入れて、人生で一番幸せになれるチャンスを棒にふっているかもしれないのに。


 アレハイケマセン

 コレハイケマセン

 コレヲタベナサイ

 アレヲタベナサイ


 そうやって幼い頃に刻まれた物が「罪悪感」や「疎外感」への引き金となって、本当の自分を愛す邪魔をする。そんな風に思ったことは無いだろうか?

 ユリ熊嵐は、そうした刷り込みの呪縛に勇気<好き>を持って立ち向かった少女達の物語だったように感じました。



IMG_7123.JPGIMG_7124.JPG
相思相愛な二人。別れはあっという間である....
IMG_7116.JPG
それと時を同じくして現れる怪しすぎる転校生が
IMG_7113.JPG
やっぱり熊で可愛すぎる
IMG_7129.JPG
IMG_7130.JPG
IMG_7126.JPG




 断絶の壁と呼ばれる物で人間と熊を隔てているという本作の世界観では、人間社会に女性しか居ないし、主人公が通う学園と自宅と花壇ばかりのピンポントな空間しか描かれず、相対する人間の天敵熊の世界にしても、何処がどうなっているのか、おとぎ話のように語られるばかりで全貌が見えて来ないから本当にワケが分からないアニメなのだけど、許されない望みに身を焦がす人と獣の切実な想いが僕の中に無理なくするりと入り込んで来るのが面白い作品でした。

IMG_7127.JPG
どうやらこの熊の娘と
IMG_7108.JPG
IMG_7110.JPG
主人公は友達だったと分かって来る




 「透明な嵐」「好きを諦めない」「約束のキス」「ユリ承認」など、厨二病だと一言で片付けるのはちょっと乱暴に思える詩的な表現のキャッチーさや、キャラの可愛さと肉感の見せ方も上手く、女の子達の真っ直ぐな好きを前に男女共に楽しめる内容になっていた気がします。不確定なところに振り回されることを楽しんだり、ここ!と決めてハマっていた人も多いことだろう。10人観たら10人とも1番好きな部分が違ったりするかもしれない。イクニアニメのそこがセクシーシャバダドゥ♡

IMG_7122.JPG

IMG_7119.JPG
IMG_7121.JPG
IMG_7120.JPG
いつもは人間の姿でユリの承認を行う♂のクマ達





 詩的にぼかしているところはあっても、筋道は実はしっかりしていてドラマ性を高める演出のまとまりもすこぶる良い。方向性が定まらず序盤バタバタしていた「輪るピングドラム」よりもしかしたら好きかもしれません。どちらも可愛くディフォルメした記号を持ち、別次元と思われる場所の階段を降りると決め台詞が待っているという似たような趣向のアニメでしたから、是非とも階段落ち三部作(勝手に命名)として、もう一作半端じゃなく純愛なヤツをぶちかまして欲しいですね。

IMG_7111.JPG
そしてまた始まる祝福されぬ絆が....



 深い意味が有りそうで無さそうなのにトータルで伝わって来る「何か」がある幾原邦彦監督作品。次回作がいつかは分からないけれど、次も絶対観ます。

 それにしても、好きは1人じゃ叶わない夢・幻だから愛おしいものですね....





 ( ≡ 3 ≡)。o 0(そのうちイクニアニメのキャラでコラボ作品とかどーですイク兄さん?

IMG_7128.JPG













 関連過去記事

posted by lain at 13:54北海道 ☔Comment(0)アニメ