僕らもいつかは昔になるか....「ムカシ×ムカシ」森博嗣(著)講談社

 相変わらず犯人が誰であるかなんて重要では無い森作品でした。

 犯人も直ぐに分かってしまいます。

 でも、それがまた良い。

IMG_7181.jpg



 資産家の夫婦が殺され、”SYアート&リサーチ”のいつものメンバー(小川と真鍋)と臨時アルバイトの女の子”永田”は、その家の美術品鑑定を仰せつかり、事件についてあーでもないこーでも無いと想像を膨らませつつ作業をしているのだが、今度は男性の死体が敷地内にある井戸から見つかり、どうやらこれは連続殺人かもしれないぞ!と、定番の流れへと突入してゆくこととなります。

 良い意味で「古臭い」ところがあります。事件の設定もそうですが、森さんにしては丁寧に犯人の動機が語られているし、一般的な人間の思考で理解出来る殺意を感じました。まあ、僕が僕を一般的であると定義した場合の話ではありますが。


 誰が犯人であるかが重要で無いと思うのは、事件に首を突っ込んでいるうちに資産家一族と犯人の関係性を知ったことで、自分と向き合うことになる中年女性”小川令子”の心模様こそが本作の魅力の大部分を占めていた気がしてならないからです。

 場面に合わせて誰目線であるかが変わる本作、序盤は真鍋君の飄々とした中から出て来るウブさというか、庶民らしさに微笑ましく進むものの、物語が大事な局面に入ってからの小川令子目線では、中年である彼女の抱える不安定な感情が犯人の悲しみに重なり、直接犯人が事件について語るのではなく、第三者の感じたままで犯人の心情が浮き上がるように構成されている辺り、森博嗣さんらしさを感じました。

 僕も小川さんと同じくらいの年齢なので、彼女の浮き沈む心の状態が凄くよく分かります。若い世代を微笑ましく想う心と羨む心が共存し、いくら仕事を上手く熟せるようになっても満たされない何かがある。何がきっかけになったのか自分でも分からないくらい無性に泣きたくなる時だってざらだ。 この先の将来に期待出来そうで出来ない人生の折り返し点に辿り着いた彼女と僕の明日は何処へ繋がっているのだろう?....考え出したらキリがありません。






 湿っぽい話はとりあえず棚上げしておくとして、タダでは転ばないSYアート&リサーチ社の代表”椙田”さんの商魂たくましい姿で幕引きするところなんかまた良いですXシリーズ。あぁ、やっぱりこの人はこうでなくちゃとつくづく思わされます。同シリーズから森博嗣作品に入った人にはなんのこっちゃと感じるでしょうけど、S&Mシリーズの系譜を全て追って来てる身としては本当に嬉しい内容です。小川さん達が椙田さんのことで驚くたび、彼の本業を知ってる僕らの心はくすぐられますしね。

 今回、前作で登場した永田さんがアルバイトとしてレギュラー入りした形になって、小川さんとはまた違った魅力を振り撒いていたのもなかなか良かった。思わせぶりな態度で真鍋君を振り回しているのも楽しかったです。期間限定のアルバイトとして登場したわけですが、次も何かしらの役割を担うキャラとして残って欲しいな。




 やっぱりXシリーズは良い。保呂草さんが大好きであるのも大きいですが、小川さんのちょっと抜けたところのある可愛らしさも好きだし、真鍋くんの空気を読まず場を凍らせる一言一言もたまらない。

IMG_7105.JPG


 今回もご馳走様でした森先生。


posted by lain at 07:03北海道 ☔小説

ビルドファイターズ終わっちゃったし、本家読もうぜみんなっ「プラモ狂四郎」やまと虹一

若者からオッさんまで大好評のうちに終わったガンダムビルドファイターズトライ。

毎回何かしらのサプライズで飽きさせない作りが非常に上手かったです。



特に30〜40代ほどのファンにとってたまらなかったのが、11話の最後に降臨したレッドウォーリア(パーフェクトガンダムⅢ)でした。

元々ビルドファイターズの自作プラモを機器にセットしてバトルすると言う発想は、”やまと虹一”さんの漫画「プラモ狂四郎」が産み出した物だったので、プラモ狂四郎に登場するオリジナルガンダムが活躍するシーンがいつか見たいと思っていたところに、名人カワグチによるアメイジングレッドウォーリアが神のごとく降りて来たので年甲斐も無く興奮していましたw 当然のことではありますが、ビルドファイターズの製作陣もプラモ狂四郎を深く愛していたと言うことなのでしょうね。やまとさんも大喜び♪






IMG_7133.jpg
玩具を売るため富野さんが仕方なしに登場させたメカに大喜びな子供達
IMG_7135.jpg
この手の自転車流行ったんです
IMG_7137.jpg
そうそうシンナー臭いって言われるよね(白目
IMG_7138.jpgIMG_7139.jpg
お茶の水博士でも無いのにこの技術力半端ない模型屋のオヤジさん
IMG_7141.jpg
ビビビッとデータを読み込んで
IMG_7142.jpg
俺が私が操るのです





ある意味とてもSFだったんじゃ無いかと感じさえするプラモ狂四郎の良いところは、プラモ同士を戦わせることに留まらず、現行のプラモキットの特性を理解したバトル表現をしていたことだと思います。あのパーツはハメコミ式だから外れ易いとか、足の可動部分が少なかった当時のプラモの弱点も上手く展開に活かし、じゃあそれを改善するにはどうしたら良いのか?まで言及しているので、ついつい自分でもプラモを作り改造をしたくなるのです。


IMG_7143.jpgIMG_7144.jpg


IMG_7145.jpg

IMG_7146.jpg
IMG_7147.jpg



ビルドファイターズはストーリーのテンポが優先された作品なので、プラモを作る時の一工夫がどれだけ楽しいものかあまり表現出来ていないのが少し残念。

そもそも今のプラモはパーツの合いの悪さや可動部の狭さに悩まされないし、接着・塗装の必要も無いくらいだから、プラモ狂四郎のような見せ方が成り立たないのもありますよね(昔のキットは色プラじゃなくて当たり前、合わせ目ガタガタ、基本接着剤必要で場合によってはビス留め箇所もありました)





プラモ狂四郎から30年以上経った今もプラモを操作して熱くなる作品が人気を得るというのは、まだまだ実際のロボットに乗る時代は遠い話だという証拠でもあります。

本物のMSはいつになるか分からないし、プラモを作ってバトルというのも勿体ない話なので、現実にしか感じない仮想空間を味わえる時代に期待したいです。



(*・ω・*)取りあえずグリモア作ろうかな....



1F5C48A0-BA87-4CAC-B302-58FC3C5A0296.jpg
posted by lain at 07:23北海道 ☔Comment(0)漫画

春なのに〜お別れですね〜♪

 なんとなく、今期で最終回を迎えた作品を、どれくらい、そしてどんな風に自分が呟いていたのか(タイトル名やハッシュタグが含まれるツィートのみ)振り返ってみました....



「団地ともお」37ツィート





※子供の頃、リアルに団地に住んでる連中とばかり遊んでいたので、とても懐かしい気分でいっぱいになってしまいました。またいつか続きを....



「山賊の娘ローニャ」12ツィート




※気怠い序盤を超えたら、後はなかなかの見せ場の連続で楽しめました



「四月は君の嘘」16ツィート





※ヒロインが病弱という昭和臭半端ない設定に、まんまと泣かされた。最終回で主人公が亡きヒロインからの手紙を受け取り、読んでいる最中コロコロと表情を変える等、感情表現の豊かさが流させた涙ですね....




「幸腹グラフィティ」ツィート



※パンチラも、モザイクも入らないアニメなのにこれほどエロくて腹の減るアニメは凄い



「ログ・ホライズン」16ツィート



※これでサヨナラだなんてまったく思ってません。3期待機っ



「暁のヨナ」13ツィート



※ふしぎ遊戯並みの話数が欲しい良作でした



「SHIROBAKO」19ツィート




※これでまた「観る」じゃなくて「作る」人が増えちゃうんじゃないですか?チラ



「アイドルマスター シンデレラガールズ」 ツィート



※アイドルをやることの楽しさだけじゃなくて、怖さみたいな物もちゃんと見れて思ってた以上に楽しかった♪



「ローリング☆ガールズ」ツィート



※気持ちの押し付けじゃ無い「ガンバレ!」をくれるTHE BLUE HEARTSの「人にやさしく」最高だわ.....



「ヒーローバンク」17ツィート





※最後までブレずに尻アニメで色んなお友達がハマったよねw



「マジンボーン」ツィート


※あんまり呟いて無かったけど、主人公の煮え切らない性格にリアリティを感じて結構新鮮な気分で楽しめました



「七つの大罪」ツィート


※僕が勝手にそう感じているだけかもしれないけど、とてもドラゴンボールの匂いがする作品でした。今のジャンプ作品よりジャンプらしい(昔の)作品なのでは無かろうか?



「夜ノヤッターマン」ツィート



※実写化は大抵微妙だけど、何年も経ってからの続編とか作らせたらタツノコは上手い。他の有名なタツノコ作品も続編作って欲しいですはい



「純潔のマリア」ツィート




※無性にベルセルクが読みたくなるテイストで大好き。某アニメのサキュバスが幼女だったのに比べ、こちらはちゃんとセクシーなサキュバスだったのも嬉しかったw



「弱虫ペダル 2期」18ツィート




※周りがこわぁ〜い妖怪変化だらけな中、見事ゴール出来て良かったね坂道くん....(泣)



「ガンダムビルドファイターズトライ」10ツィート



※あまりにもツボの押さえ方が巧み過ぎて可愛気が無かったですね(文句の付けようが無い面白さでした♡)



「ユリ熊嵐」15ツィート





※一生付いて行きます幾原さん(;゚∀゚)=3ハァハァ



「デスパレード」ツィート


※本編からかけ離れたムードのOPもなんか良い♪




「神様はじめました◎」ツィート


※素直に好きと言えないラブコメの王道を行きつつ、僕らが寂しい時そっと寄り添ってくれるような優しい作品。もう一シーズン頼んます監督っ!



「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」28ツィート









※キャラ絵は好きでした。何を隠そうヴィヴィアン推しですw
スクリーンショット 2015-04-02 21.54.23.jpg



「アルドノア・ゼロ」24ツィート



※ロボット物じゃなくて、良質な青春物として観るのが正しいアニメでした。彼等がもっと中年、もしくは老人になったくらいの時期を舞台にして続編希望



「ガンダム Gのレコンギスタ」94ツィート







※期待の裏返しからいっぱい戸惑いましたが、一筋縄ではいかない富野さんらしい唯一無二な作品だったかもしれません







 つぶやきの多さが良いアニメの判断基準では無いですけど、思わずツッコミたくなる何かがある作品の順に呟きの数が多かったです。

 よく学校の先生とかが言いますもんね。大人しい優等生より、少し手がかかる悪ガキの方が記憶に残るって。アニメもそうだと思います。あっという間に忘れられるくらいなら、ドカンと記憶に残ることをやらかしたもん勝ちですよね。

 そういう意味で言うと、クロスアンジュも十分視聴者の記憶に残ったでしょうな。まあ、僕にとっては悪い意味でですけど。正直もうサンライズのロボット物の質には見切りを付けました。どうせこれからも似たような期待の裏切り方で人の気を引こうとするだろうし。

 視聴率や関連商品の売れ行きが悪かったら、スパロボに出せば良いとでも思ってるんだろうなぁ....どこか違う会社でサンライズをギャフンと言わせるロボット物作って引導を渡して欲しいものです ´д` ;

続きを読む

posted by lain at 22:28北海道 ☔Comment(0)アニメ