今日はアップルじゃなくてニンテンドーのウォッチの日

 今日はゲーム&ウォッチ(GAME&WATCH)が発売されてから35周年。

 だからと言って特別なイベントごとがあるわけでも無いから、勝手にお祝いしておこう。おめでとうございます(淡白)



 発売は1980年。その3年後にはファミコン、9年後にはゲームボーイが現れ、LSIゲームへ任天堂自ら引導を渡す形になったため、正直活躍した期間は短いのかもしれない。

 今考えると、1ハード1タイトルという非効率な産物ではありました。アラームまでセット出来る時計機能なんて全然活用して居なかったですしw

 ゲーム内容はだいたいは”避ける”がテーマの作品が多かったような気がしますが、自分なりにプログラムの抜け道を見つけ、単純な繰り返しの精度をどんどん上げて攻略してゆく黙々さが性に合っていて楽しかった。単純明快であるからこその熱中度、奥深さがあったのです。ゲームオーバー時の間の抜けた音楽も好きだったなぁ。


 しかし、それだけ好きだった割に任天堂の純正品はあまり遊んでおらず、類似品を山ほど遊んでいた記憶があるのですが、いっときの気の迷いでほとんど捨ててしまいました。今手元にあるのはコレひとつ....


IMG_7404.jpgIMG_7406.JPG

IMG_7410.jpg

※開くとかっこいい!金田バイクみたいだっ(違っ)
IMG_7413.jpg

※開いた蓋の裏側から投射された映像を下の鏡に反射させているため、僕の親指も映っているw





 なんの利点があって作られたパノラマスクリーンタイプなのか、よく分から無いけれど、遊び心としては申し分無いアイデアで最高にCool。反射させた映像を見ながらプレイするこのゲーム&ウォッチを見ていると、子供の頃目の下に手鏡を当てて天井しか見えない状態にして歩き回っていたのを思い出しました。足元にあるはずの無い天井の障害物を避けながら歩くと言う、子供ながらの着眼点が面白い遊びでした。

IMG_7414.jpg
※こういう感じ↑


 いい歳をしたおじさんたちが、このように遊び心溢れる機械を作れる社風が任天堂にはありましたよね。今はだいぶ任天堂も変わってしまいましたが....

IMG_7415.JPG
※ 様々な形のゲーム&ウォッチが出ているけれど、DS本体デザインはゲーム&ウォッチ”マルチスクリーン”タイプにそっくり。間違いなく現在の携帯機の礎だったんですよね。









 流動的ではありますが、徐々に手に入り難くなって来ていることもあり、思っている以上に高値で買取して貰えたりしますが、この爆弾に火が付かないように仲間の元へ運ぶのが目的のMARIO'S Bombs Awayは旭川を出て行った友人の形見(死んでない)なので、いつか再会する時まで大事に取っておこうと思ってます。

 なんだかLISゲームやりたくて仕方なくなります。壊れて捨ててしまったスペースディフェンダーを中古で見つけて遊びたいなぁ....


 この音最高w

 2周目は障害物をひたすら避けるだけになって難しかったっけ💦






posted by lain at 07:10北海道 ☔Comment(0)ゲーム

さいたまへ行けなかった同志諸君に捧ぐ「坂本真綾 20周年記念トリビュートアルバム 『REQUEST』」

さいたまスーパーアリーナに1万8千人も動員したという真綾の20周年ライブ。内容もかつてないぐらいに熱いものになっていたようだ。

 残念ながら僕の甲斐性(金銭的に)では遠くへの遠征などとても無理な話だったので行けませんでした。仕方なしにLiveFansのアプリでセットリストからプレイリストを作成し、アリーナで聴いている感じにエフェクトをかけて少しでもライブ気分を味わおうとしております。また武道館やカウントダウンライブの時のようにBDが出ることを期待したい。菅野さんもピアノ弾いたそうだし♪




 そんな感じで、まだまだ乗りに乗ってる坂本真綾は、まさかのトリビュート盤まで出てしまいましたね。曲数はそれほど多く無いけれど、真綾の歌を好きだという気持ちが伝わって来るアーティストが参加しており、初回盤には原曲を収録したCDが付いて来るから、原曲の良さを再確認出来る意味でも面白い。





 ただ、それぞれの持ち味を十二分に出せているベテランに対し、若手達はちょいと物足りなさはありました。おっさん二人から大所帯へと変貌を遂げたKIRINJIは、完全に「うちゅうひこうしのうた」を自分達の宇宙に昇華しているから原曲を知らずに聴いた人はまず間違いなく彼らの新曲だと思うに違いないし、SUGIZOはボカロで楽しげに真綾の果実を弄び、冨田ラボは百戦錬磨のコラボ力を遺憾なく発揮。真綾が菅野よう子さんの手を離れてから何かとお世話になって来た鈴木祥子さんも、改めて真綾の歌詞の魅力に触れて、昔の自分に負けじと強気のアレンジを披露してくれました。




 全11曲。

 小粒なトリビュートであるけれど、気心の知れたアーティストから売れっ子な若手、大御所にいたるまで参加している面白い1枚になっていました。敬愛する新居昭乃さんが「奇跡の海」を歌ってくれたのも個人的に胸熱で、昔の昭乃さんの曲を聴いてるような気分になって懐かしさで胸がいっぱいになりました。まさかの真心ブラザーズの〆もご馳走さまですε-(´∀`;)


 オリジナルアルバムだけでも8枚出ている真綾。まだまだ良い曲が有りますし、5年後には更に多くのアーティストが参加した第二弾トリビュートアルバムを発表して欲しいものです。

 様々な人に愛され助けられ、着実に前へ進んでいる彼女が、5年後どれだけ成熟した女性になっているか楽しみですね( =3= )v







坂本真綾20周年特設サイト http://www.jvcmusic.co.jp/maaya/20th/
posted by lain at 20:46北海道 ☔Comment(0)音楽

今年のMotoGPは一味違うっ

♪盗んだバイクで走りだす〜

と歌っていた尾崎豊が亡くなった日、だからでも無いけれどMotoGPの話。昨夜録画しておいた第3戦アルゼンチンGPを観ていたら、久しぶりにMotoGP熱が高まってしまったから。

固めのリアタイヤ選びが功を奏し、終盤自分の前へ出たロッシに負けたくないと食い下がるマルケスの負けん気が熱い




前年、前々年と、マルク・マルケスという若い才能が勢いに乗って駆け抜けたMotoGP。それはそれで盛り上がり、結果引き立て役に終わっても、他のライダー達だって頑張っていた。

しかし、頑張るだけでは観客は不満である。圧倒的に強いライダーとマシンの存在は、レースにおいて一番肝心なスリルを奪ってしまうからだ。大した抜き合いらしい抜き合いも無いまま、ほとんどの場合独走で1位が決まるF1と違い、最後の最後まで競り合いが楽しめることこそ2輪の醍醐味であるし、独走ばかりでは興醒めというもの。


まあマルケスはストーナーやロレンソと違い、競り合いを楽しんでいる部分があるし、トラブルが意外と起き易いライダーだから、自作自演とも言える盛り上がりは2013、2014と確かにあった気はする。だが今年ほどの面白さは無かったのではなかろうか?

前年度成績の良かったワークスチームへの制限、その他のチームへの優遇処置(タイヤチョイスや搭載燃料量等)により、予選で団子状態になることが増えたこと。久しぶりにSUZUKIが帰って来たこと。ドゥカティのパッケージが優勝も狙えるレベルであったこと。そしてバレンティーノ・ロッシが全盛期を彷彿とさせる速さで若さをねじ伏せていること。これらは全て今年のMotoGPだから味わえていることです。

ワークスチーム側としては苦しいルールかもしれませんが、弱小チームや、そこに在籍するライダーにとっては、非常にモチベーションが上がる状況が出来つつあって、見る側としても先が読めないことが実に楽しい。



ロッシ贔屓であるから、最高の年だと感じているんでしょ?そう言われるかもしれないが、そりゃ同学年の中年が若い子相手に頑張ってたら、誰でも嬉しくなっちゃうでしょw

出来ればロッシがこのまま絶妙なタイヤ選びでランキングトップを維持して行って貰って、6期ぶりのチャンピオンになって貰いたいけれど、ここ数年のHONDA対YAMAHAの構図をぶち壊す乱戦が楽しめるならもっと嬉しいかもしれない。サマーブレイクまでにどんな状況になっているか考えだすとわくわくする。




贅沢を言えば、最高峰クラスで日本人ライダーが勝てるマシンにレギュラー参戦出来たら言うこと無しである。中途半端にダニ・ペドロサの代役で青山博一がHONDAに乗っているのを観ていると、尚更そう思ってしまう。

ある程度実力のあるライダーでも、不景気で良いスポンサーを連れて行けないのもあるだろうし、ヨーロッパと比べて圧倒的にバイクに乗れる時間が少ない環境の悪さが若手の成長を妨げていて、そう簡単にMotoGPの世界へ日本人が上がって行けないのが実情。三社も日本企業がマシンを出していると言うのに、全然日本人が乗れないと言うのは寂しい限り。

いつか最高峰クラスで世界最速と歌われるような日本人ライダーが現れたら、もっとMotoGPの人気も上がるんでしょうねあせあせ(飛び散る汗)