合う合わないと、良い悪いでは全然意味合いが違う「ガンダム Gのレコンギスタ」富野由悠季(総監督)/サンライズ

 TVシリーズの富野ガンダムとしては∀ガンダム以来だったGのレコンギスタが終わった。

 まるで久しぶりに会った友人が、会って居なかった間に身の回りで起きた出来事を一気に捲し立てて颯爽と去って行ったかのように、あっという間の出来事でした。



 何が凄かったって、今の「こうすれば売れる」を絵に描いたようなアニメ業界に反発した演出方法やセリフの数々、そして圧倒的な物量の世界設定に反して、それを読み解く説明を極力抑えていると言う、ピーキーな作りで最後まで駆け抜けたと言うことです。

 おかげ様で、正直なんとなくと言うレベルでしか内容を理解出来ませんでした。足早に過ぎてキャラへの思い入れも湧かなかったですし、細かすぎて伝わらないモノマネ選手権級にサラリと入れて来る要素もほとんど回収出来ず仕舞い....


 しかし、最終話放送を前に、監督自らが泣けるような作品では無いし、悪い意味でごった煮になってしまったと申し訳無さそうに認めていたので、きっとこれは至極当然の反応だったのだと合点が行きました。

 兎に角、もっと「尺」があれば違うやりようがあって、僕が一番観たかった人間ドラマを深く楽しめたのでは無いかと考えてしまいます。富野セリフや複数の勢力が入り交じること自体が駄目なのではなく、それらをじっくり描く「時間」が無かったことが一番残念でなりません。出来ることなら4クール、それが駄目なら一番描きたいところに重点を置いて、潔く優れたプロットや設定を切る勇気が必要だったように思います。誰か第三者が間に入って調整することが出来たら、咀嚼し易い作品にはなったことでしょう。切れないところを切るのは一番大事なことです。

 ただし、あくまでもタラレバの話で良し悪しは語れません。違うやり方をしたからといって、必ずしも作品の出来が底上げされるとも限らないのです。第一、自分の名前が監督としてクレジットされるのに、自らが満足しない作品を作ったところで、支えてくれるファンを満足させられるはずもありません。それに、それぞれのファンに合う合わないはあっても、この尺に凝縮したからこその味わいも確実にあるのです。




 ハッキリ言って僕は今回のGレコを半分ほどしか楽しめていません。不満ばかりを口にしてさえいました。

 立ち直りが早過ぎるキャラクター達の心情は理解に苦しむし、各陣営の人達の考え方が分かり難くて仕方なかったし、シリアスな展開の時にまで挟む富野ギャグに空気読めよ!と思ったし、登場人物達のセリフは富野さんの独り言に思えてならなかったし、中の人”石井マーク”とベルリのゆとりちゃんなところにイライラした。

 ああ、やっぱりGレコはガンダムにして欲しくなかったとつくづく思いもしました。まったくのオリジナル作品であれば、監督は無駄に脱ガンダムを意識せずに済みましたし、ファンもガンダムと言う先入観無しに作品へ入って行けたはず。初代の再放送を並行して観ていた僕は、SF色が強いGレコの世界観で、∀ガンダムのような優しいガンダムを演るのはしっくり来ませんでした。高い技術力が存在する世界と言うのは、常に争いが絶えず人間の醜い感情が顔を出す物だし、ガンダムとはそこをじっくり描く作品だったと思うのです。

 すっかりお孫さんを可愛がる良いお爺ちゃんになってしまった富野さんには、もう人が悪意を剥き出しにして殺しあうような作品は作れなくなったのでしょうけど、僕らはソレで育ってしまった。ある意味Gレコを受け入れられない人を作ってしまったのは、富野さん自らにも責任が有るのです(その責任に対する答えとして、近年の作品は人を殺さない作品を目指してらっしゃったわけですけど)

 好きだからこその愛憎。出来る子に対して厳しく接する先生の気分です。自分の中の素直な戸惑いを口にせずにGレコを褒め讃える事は出来ません。吉田さんの格好良くて可愛くて面白いキャラ絵、安田さんや形部さん、まさかの山根さんまで携わっていた多彩なメカの数々や美術に至るまで、実に隅々個性的で素晴らしいからこそ勿体無いと思う気持ちが沸々と湧いて来てしまいます。

 是非自らバッサリ切り、2時間弱の完全新作劇場版としてGレコを作り直して欲しいところなんですが、それは監督がラジオで完全に否定していたので、次は是非完全オリジナル作品をお願いしたい。いっそ中途半端に人殺しをせず、低年齢層を念頭に入れた幸せいっぱいなファンタジーを作ってみませんか?|▽`)





 色んな想いに振り回され、素直に受け取ることが出来なかったけれど、富野さんの希望的観測の優しさに触れた今、色んな意味でこれはこれで良かったのだと思えています。

 僕と同じように戸惑っている人たちは、配信中のGのレコンラジオを聴くだけでも、かなり溜飲も下がるはず。富野さんが出演しているラジオの最終回も聴き応えたっぷりです。



 聴取者からのメールで「Gレコは遺書なのでは?」と言うような内容に「うるせー!」と怒ってみせるほど元気な富野さん。

 これからも末長く元気に悪態つきまくって、お仕事頑張って下さい。

 そしてGレコチームお疲れ様でした!m(_ _)m




 だいたい、今まで何十年も色んな作品を散々楽しませて貰ったわけだし、監督が作るのを楽しめていれば、それで良い時期が来ているのかもしれない(・ω・)
IMG_7036.JPG
posted by lain at 08:42北海道 ☔Comment(0)アニメ

往年のファンには忘れられない光景がある「アルスラーン戦記」浜津守(監督)/神村幸子(キャラデ)/1991年

まさかの荒川 弘さんによるコミカライズで復活したかと思ったら、直ぐ様それのアニメ化が決まってトントン拍子なアルスラーン戦記。よほどアルスラーン戦記に思い入れがある関係者が集まっているのか、荒川 弘さんと田中芳樹さんのブランド力に期待してるだけなのか、いずれにしてもファンにしたら悪い事ではありません。


ただですね、荒川弘版が良いとか悪いというものでも無いのですが、天野喜孝さんの表紙にどっぷり浸かった原作ファンにとっては、やはり浜津守監督と神村幸子キャラのタッグで作られた最初の劇場版アニメがしっくり来るのはあるんですよね。

遊佐未森さんの「靴跡の花」も良かったなぁ....




劇場版にまとめるために、かなり原作を削ったり改変したりもしているのですが、パルス軍が大敗を喫する戦の霧の幻想的な風情であるとか、天野喜孝キャラをちゃんと踏襲しつつも神村幸子さんの絵の良さを出せている作画(1作目は攻殻ARISEの黄瀬和哉さん)であったり、今の相場でギャランティを組んだら絶対赤字になりそうな豪華声優陣(山口勝平 井上和彦 塩沢兼人 矢尾一樹 子安武人 小杉十郎太 池田秀一 大塚明夫 納谷六朗 大木民夫etc....)にいたるまで、どこかしらにファンは食いつきたくなる出来でありました。

IMG_7019.JPG
IMG_7020.JPG
IMG_7018.JPG
IMG_7021.JPG



間違いなく作画の安定度なら今の時代の方が上でしょう。作業環境が整っているし、個々の練度も高いですから。それでもこれだけの個性が集っていたアルスラーン戦記の方がワクワクします。今度のアニメ化は荒川弘さんの絵から逸脱することも無いでしょうし、安心感はあるけど興奮はしないでしょうね。

もっとサクサク田中芳樹さんが原作書いててくれたら、もう少し神村幸子キャラでアルスラーン戦記を楽しめていたのでしょうか?




タラレバを言っても仕方ないし、初めてアルスラーン戦記に触れる若い世代は是非新しく生まれ変った荒川弘版を楽しんで欲しいとは思うものの、中年アニメ好きの未練はなかなかにしつこい。

願わくば、僕の想定を飛び越える何かが荒川アルスラーンアニメにあれば良いなと思いました。


posted by lain at 07:26北海道 ☔Comment(0)アニメ

狂気を奏でるマイスター「稀人」小中千昭(著)/角川書店

飛浩隆さんのSF用語ラッシュと生々しい言葉選びが凄過ぎて少々胃がもたれてしまったから、次は軽い読み物にしようかと文字数が少なそうな本書を何気なしにチョイスしたのですが、これはこれで胃にもたれる物があって全然インターバルになりませんでしたw

IMG_7013.JPG
※表紙が微妙....




ビデオカメラマンをしている主人公”増岡”が、別件で仕事中地下鉄で男が騒ぎを起こしているところに遭遇し、ガソリンタンクと包丁を持ったその男が、自らの命を断つまでの一部始終に立ち会う所から物語は始まります。

事件後、仕事を辞めた増岡は、アルバイト程度のカメラマン仕事をこなしつつ、後で観返す事もしないのに日々をビデオカメラに記録するようになるのですが、地下鉄で自らの命を断った男の映像だけは何度も観返すようになります。そして死んだ男が死に間際見つめていた先に、ここでは無い違う世界への扉を見つけ、その向こうで出会った少女を現実世界へ連れ帰ってしまいます。

少女は一切の飲み食いを受け付けず、言葉も話せず寝てばかりなのですが、唯一”血液”にだけ反応。既に少女以外に生き甲斐を見いだせなくなっていた増岡は、彼女にFと名付けて食料調達に明け暮れるようになり....
ズバリ頭でっかちに考え過ぎる男が、仕事にも私生活にも嫌気がさして心を病んでしまい、現実と非現実の境目が曖昧になってしまって、どんどん「普通」から逸脱してゆくお話で、本当に仕様もない主人公だから色々と言いたくなりますし、増岡の視点でほとんどが展開されてゆく中で、彼の陶酔気味なうんちく描写がいちいち長いのが引っかかりますが、多くの小中作品がそうであるように、いつの間にか自分がこの理由の分からない事態に巻き込まれているように感じ始め、主人公や血液しか摂取しない少女を見捨てておけない気持ちになって来るから不思議です。自分の中にあるわけが無い母性をくすぐられているみたいでもありました。

正直小中千昭さんは小説家としては上手い人ではありません。物書きとしてのアクが強い人でもあります。稀人も映像で観た方が咀嚼し易いかもしれないし(映画版は散々な出来らしいけれど)普通にホラーを読みたかった人だって直ぐに読むのを止めてしまうかもしれない。でも、荒唐無稽な設定に実在する情報を交えることで説得力を持たせ、「もしかしたら」と読者が疑ってしまうグレーな領域を作る技術は流石に上手い人です。

本書を読み終えた時、主人公の精神の不均衡の先に、ほんの少しだけ希望の灯を感じられたら、まんまと小中さんに騙された被害者として認定して貰えることでしょう。僕は何度でも小中さんの詐欺の手口に染められたいです。稀人に魅入られ、取り返しの付かない所まで行き着いてしまった増岡のように、誰かに心を解放して貰いたいと何処かで望んでいるのかもしれません。







「恐怖の作法:ホラー映画の技術」という本以外、目立った活動が無い小中千昭さん。またlainやTHEビッグオーのようなTVアニメの構成に深く携わって欲しいのと同時に、ジャンルに拘らない小説を一冊書いて欲しいなぁ....
posted by lain at 22:10北海道 ☔Comment(0)小説