素人の胸にちゃんと届く安心感「K712PRO /AKG」ヘッドホン

 常々ゲームのコントローラーでもイヤホンでも無線が便利だと口にしている僕ですが、このたび初めて有線のヘッドホンを買ってみました。

IMG_6555.jpg


 今までに有線のヘッドホンなど買ったことが無く(ヘッドホン自体パイオニアの無線タイプのみ経験)、イヤホンやヘッドセットにしても”ゼンハイザー”をメインに買っており、あまり他のメーカーの良し悪しを知らなかったので、Twitterのフォロワーにオススメ頂いたAKGの商品の中から、ほどほど良さそうなK712PROを選ぶ運びと相成りました。

 音というのは個人の好み、聴力に左右されるので、誰かのオススメ=自分の好みとは成り難いものですが、このK712PROは僕が想像していた通りより、少しポジティブな印象を受ける良い音の持ち主でした。高音から低音までしっかり鳴らし、ゲームや映画等のトリッキーなサラウンドも器用にさばいているようで、実にどっしりした安定感があります。ヘビー級にも負けない中量級と言ったところでしょうか?


 デザインの面でも黒にオレンジの取り合わせが凄く良いし重さも結構軽い。頭に乗せる物だから軽いのは助かりますよね。まあ、その分音質を犠牲にしているところもあるのでしょうけど、どのラインで妥協出来るかによって、最高の商品になる要素は含んでいると思いました。

IMG_6562.JPG

※通常の3mコードと、電話機等で使われているカールしたコードの2種が入っていて状況により使い分けが出来るのと、専用の収納袋があるのも好印象。
IMG_6561.jpg
※3.5mmのミニプラグに6.3mmのアダプタ付き。




 どうやら昔からのユーザーさんたちの中には、AKGがオーストリア製からスロべキア製に変わってしまったことが気に入らないという意見も出ているそうですが、素人同然の耳の持ち主である僕としては十分満足のいく商品になりました。イヤホンではカバーしきれない音域を聴かせて貰えるし、耳の中にイヤーピースを押し込んで聴く音とはまた違う趣きを味わえるところがヘッドホンの良いところだと、久しぶりに実感しました。贅沢者だと言われるかもしれませんが、AKGのせいでゼンハイザー製のちょいとお高いヘッドホンも試してみたくなりましたねw



 こうして音楽の周辺アイテムを充実させて来ると、今度は楽曲の取り扱いをもっと考えなければいけないような気持ちになって来ます。CDを取り込む時のレートの調整、ソニーのハイレゾ音源も試すのも面白そうだ。

 ネットインフラがほぼ出来上がり、大容量のデータのやり取りも大幅に改善された今だからこそ、ハードの出来以上にソフトの質にこだわるべき時が来ているのかもしれませんねズン((♪(【゚ー゚】)♪ズン))








 関連過去記事



posted by lain at 07:15北海道 ☔Comment(0)雑記