しょこたんにはついていけませんっ「ヌイグルマーZ」中川翔子(主演)

 ぬいぐるみと言えば今季放送中のユリ熊嵐に登場する熊が可愛いぬいぐるみ状態で荒れ狂っていてめちゃくちゃ可愛いわけだけど、実写で熊のぬいぐるみが動くと非常に怖い。ていうかキモい....




 なんやらよく分からん星が壊れてしまって、そこに居た綿状の生物が地球に流れ着き、熊のぬいぐるみに定着して”しょこたん”とやいのやいのし始め、同じように地球に流れ着いた綿状生物の一人が、地球の現状に絶望してゾンビを作り出したり変な能力を使える連中を従えて世界を終わらせようとしているのを食い止めようと戦う話が本筋になるわけだが、もう兎に角しょこたんの私的な趣味にしか見えない要素が満載過ぎて何故か疲れる。まったく原作は読んだことなど無いが、原作の情報を軽く調べただけでも全然ディティールが違うのが丸わかり。おっぱいビームって......



 人型じゃない異星人の来襲

 流暢に喋り、阿波踊りまでしてみせるゾンビ達

 スプーン片手のエスパー男装女子

 銃火器を腕に取り付けたロリータ

 物のついでの猫ひろし


 どうやっても混ざりそうに無いこれらの要素と、ロリータファッションでぬいぐるみを抱きつつ中川翔子がヒーローをやると言う離れ業は、ある意味大槻ケンヂ氏の作品らしさみたいなものも感じないわけでも無いが、一つ一つの仕事がB級にも届いていないし、無駄にお金がかかっているのが痛いほど伝わって来るから見てて辛い....


 しょこたん自身の演技もかなり下手であります。本人が一番わかっているんでしょうけど。だいたいぬいぐるみと融合してヌイグルマーZに変身したら、何故かセゾンカードのCMで評判になった武田梨奈に中身が変わってしまうのも残念過ぎる。昔からヒーローに憧れていたくせに、アクションシーンがダメダメとかどうよしょこたん....彼女ヌンチャクのシーンだけめちゃくちゃ自信持ってやってましたけどねw



 何処か一つでも見所があれば良いなと最後まで観てみましたが、しょこたん扮する夢子と夢子の姪っ子との関係性も中途半端な百合臭がしてアレだったですし、唯一笑えたのが熊のぬいぐるみがリストカットしてるシーンだったいう.......サラ(・x:.;:…フワ(-...:.;::..;::: ..:.;::☆。.:*:・キラリン

IMG_6423.JPG
posted by lain at 21:29北海道 ☔Comment(0)映画