素人の胸にちゃんと届く安心感「K712PRO /AKG」ヘッドホン

 常々ゲームのコントローラーでもイヤホンでも無線が便利だと口にしている僕ですが、このたび初めて有線のヘッドホンを買ってみました。

IMG_6555.jpg


 今までに有線のヘッドホンなど買ったことが無く(ヘッドホン自体パイオニアの無線タイプのみ経験)、イヤホンやヘッドセットにしても”ゼンハイザー”をメインに買っており、あまり他のメーカーの良し悪しを知らなかったので、Twitterのフォロワーにオススメ頂いたAKGの商品の中から、ほどほど良さそうなK712PROを選ぶ運びと相成りました。

 音というのは個人の好み、聴力に左右されるので、誰かのオススメ=自分の好みとは成り難いものですが、このK712PROは僕が想像していた通りより、少しポジティブな印象を受ける良い音の持ち主でした。高音から低音までしっかり鳴らし、ゲームや映画等のトリッキーなサラウンドも器用にさばいているようで、実にどっしりした安定感があります。ヘビー級にも負けない中量級と言ったところでしょうか?


 デザインの面でも黒にオレンジの取り合わせが凄く良いし重さも結構軽い。頭に乗せる物だから軽いのは助かりますよね。まあ、その分音質を犠牲にしているところもあるのでしょうけど、どのラインで妥協出来るかによって、最高の商品になる要素は含んでいると思いました。

IMG_6562.JPG

※通常の3mコードと、電話機等で使われているカールしたコードの2種が入っていて状況により使い分けが出来るのと、専用の収納袋があるのも好印象。
IMG_6561.jpg
※3.5mmのミニプラグに6.3mmのアダプタ付き。




 どうやら昔からのユーザーさんたちの中には、AKGがオーストリア製からスロべキア製に変わってしまったことが気に入らないという意見も出ているそうですが、素人同然の耳の持ち主である僕としては十分満足のいく商品になりました。イヤホンではカバーしきれない音域を聴かせて貰えるし、耳の中にイヤーピースを押し込んで聴く音とはまた違う趣きを味わえるところがヘッドホンの良いところだと、久しぶりに実感しました。贅沢者だと言われるかもしれませんが、AKGのせいでゼンハイザー製のちょいとお高いヘッドホンも試してみたくなりましたねw



 こうして音楽の周辺アイテムを充実させて来ると、今度は楽曲の取り扱いをもっと考えなければいけないような気持ちになって来ます。CDを取り込む時のレートの調整、ソニーのハイレゾ音源も試すのも面白そうだ。

 ネットインフラがほぼ出来上がり、大容量のデータのやり取りも大幅に改善された今だからこそ、ハードの出来以上にソフトの質にこだわるべき時が来ているのかもしれませんねズン((♪(【゚ー゚】)♪ズン))








 関連過去記事



posted by lain at 07:15北海道 ☔Comment(0)雑記

You!!明治の果汁グミを脅かす存在になっちゃいなYo!!!

 仕事で心身疲れて来ると、ついつい何か口にしたくなるわけだが、だからと言ってあまり量のある物やスナック菓子を食べると普段の食事に影響が出てしまう。そんな時、程よい弾力で食欲を満たしてくれるグミが手元にあると僕は嬉しくなる。



 ただ、こんなグミ馬鹿でも年がら年中グミのことを考えているわけではありません。現に不二家からDoleとのコラボグミが出ていることもついこの間まで知らなかった(そもそも不二家のグミ自体食べたことがあったかどうかも怪しい)

IMG_6489.jpg

 Doleで真っ先に浮かぶのは缶詰め。我が家は良く桃とパイナップルのを食べてました。このグミはその缶詰の汁のような風味でなかなかジューシー。フルーツの缶詰の汁って普通に美味しいですよね?w グミ自体もは弾力が結構あって僕好みでした。わざわざDoleのロゴまで入れちゃうコラボっぷりも面白い。ちなみにバナナ中心の"バナナミックス"なる味も新登場しているそうです。

IMG_6547_2.jpg



 不二家は今までどんなグミ出しているのかググってみると、アンパンマンや自社で出しているチョコレート"ルック"ブランドで包んだグミまで出していました。

 地味に色々考えてるんだな〜と思いつつ、どうせならミルキー味やネクター味のグミとか出したら良いのにと思ったり思わなかったり.... (= ワ =*)

終焉はいつも安堵と共にある「FRINGE/フリンジ ファイナルシーズン」J・J・エイブラムス/スーパードラマTV

 長らく続いた何かが終わると、寂しいのと同時に「ホッ」とする。

 いつか死ぬことが決まっている僕らだから、終わらない夢の甘美さと恐ろしさを心の底で解っているからかもしれない。




 物語ではよく人が死ぬ。

 誰もが同情を禁じ得ないドラマティックな死もあれば、あまりに一瞬過ぎて何も感じない死もある。ただ死ねば感動するというわけでは無いのだが、一度きりしか引き換えに出来ない命を消費することでの、いつもより余計に回しております!状態を作り出すことは出来る。大事なのは、本当に”この”道しか無かったのか?と、受け手が本気で死んでしまった登場人物を惜しんでくれるように仕立て上げられるかどうかなのです。

 はて?そういう意味でいうと、フリンジはどうだったでしょうか?....






 並大抵の科学では説明出来ない事件を取り扱うFBIのフリンジチームの奮闘を描いた本作は、常識外れな事件同様に登場人物の死に方も普通とは少し違う。顔や体の形状に影響が出るウイルスで死んだり、恐ろしい銃器でめちゃくちゃにされてしまう時もある。少々作り物っぽさはあるが、流石にJ・J・エイブラムスの指揮下にあるだけあってディティールに拘っているから奇抜で結構グロい。

 当然フリンジチームの手を煩わせることになる犯人達も壮絶な死を迎える者が多いわけだが、連中は一様に狂気の中に物悲しさを身に纏っていて、そうせざる得ない哀しい背景という奴をチラつかせてくるから、なんちゃってサイエンスに身を委ねて破滅する彼らを前にレギュラー陣が後味悪そうな表情を浮かべている気持ちが凄く分かりました。


 そんなレギュラー陣にも目を伏せたくなるような壮絶なお別れをした人もいるのですが、次元や時空を超えるSFであることを良いことに、あっさり再登場させてしまうからたまらない。それが1人や2人ならまだしも、ぞろぞろと続くものだから、シーズンを重ねるごとに御都合に染まり、レギュラー陣の命はディスカウントされていった感があります。オリビアにしてもピーターにしても、それぞれが抱える過去は結構な重みがあったにも関わらず、それらの闇が最高潮にあったタイミングで物語を終わらせられなかったのが残念。



  ただ、このドラマの真の主人公と言える”ウォルター・ビショップ”とのベタな別れは心に染みました。自己犠牲って愚かしいのに甘美な味わいで危険ですよね。

 難解な事件解決の為、オリビアが胡散臭いピーターと共にウォルターを迎えに行ったあの時から、真に迫ったイカれ具合と、ほんとに下らないことで無邪気に喜ぶ姿が微笑ましくて彼のことが大好きでした。名前をまともに呼ばないアストリッドとの掛け合い。ラボに不釣り合いな乳牛との戯れ。たいして美味しくないリコリスを満面の笑みで頬張るウォルター。どれも忘れられない光景だ....




 自分の才能に苦しみ続けた天才が、最後に見せた凡庸な罪滅ぼし。

 あなたの瞳には、どう映ったのでしょうね?


IMG_6545.JPG

IMG_6546.JPG
ぐっばいうぉるたぁ.....