俺たちの青春は鳴り止まないっ「青春エレジーズ」永井三郎/新潮社

 ある時期から、まったく漫画雑誌を読まなくなり、漫画はいつは書店の新刊コーナーで表紙や帯のコメントに惹かれた物をレジへと運ぶようになりました。

 だから、この本を手に取ったのも必然だったのかもしれない...

IMG_6589.jpg


 主人公である山田は親の事情で転校した事をきっかけに高校デビューを狙って垢抜けた笑顔でイケメンを演じようとするものの、初っ端から脳内妄想100%。

IMG_6590.jpg
IMG_6591.JPG
IMG_6592.JPG


 持続性の無いイケメン笑顔を引きつらせつつも、華麗に高校デビューを飾るべく、それに相応しい部を探す山田だが、扉に☆マークがついた部屋の前で、自分には真似できない王子笑顔全開の星野スバルに出会い、何故か彼とその仲間達とスター部を結成することになる。しかし、そのイケメン達が酷いのなんのってもう....


 ネガティブ思考であらゆる物事が自分の敵に見えている”月影ハヤト”
IMG_6593.jpg


 ス◯番刑事の鉄仮面かよっ!と突っ込みたくなる仮面を常に被って機械的に言葉を発する”風祭シュン”
IMG_6594.jpg


 自他共に認める女の子らしい可愛さで、自分から女装してるくせに「俺は男だっつーの!!!」と怒る”花園レイ”
IMG_6595.jpg

 見た目は完璧な王子様でありながら、う◯い棒大好きで宇宙人との交信を試みたり、鼻に豆を詰めて飛ばしたり、相撲の突っ張りのモノマネをしたり、ヒトデを水槽で....(以下略)している”星野スバル”
IMG_6598.jpg


 ここまで痛い人が集まると壮観過ぎる。少々痛いだけの自意識過剰な主人公なんて霞んでしまいます。まさに帯に書かれた『空気』が相応しい主人公だ(真顔)




 若い世代が結婚しない、セックスしない、のは、自意識過剰だからだという意見があちこちで上がっていたりもするけれど、まさにそういう人種を絵に描いたような漫画です。少なからず自分に当てはまるところがあるので、他人事に思えなくて笑いつつも凹みます....

 今の日本人は、実に内向的かつ自己完結型で、非常に自虐傾向にあるのだと、心と腹筋に痛いほど思い知らせてくれる一冊になることでしょう。


  
 こういう顔で読めたあなたは普通の人かもしれない (= ワ =*)

IMG_6596.jpg
posted by lain at 07:17北海道 ☔Comment(0)漫画

やわらかおっぱいの味はホロ苦い....「DEAD OR ALIVE 5 Last Round」コーエーテクモ

 おっぱい好きです。

 たとえただの脂肪の固まりだろうとも、どれだけ女子が悪戦苦闘してバストアップや形を整えようと努力しているか考えるだけで自然と涙が出て来るほどおっぱいが好きです(´;ω;`)


 普段アニメで無駄に露出したり揺れているのを快く思わない僕でも、おっぱいの魅力には勝てません(尻の魅力にはもっと勝てない) だから、しっかり守銭奴共の罠にまんまとかかりました....


IMG_6575.jpg
※めちゃ箱がデカイと思ったら
IMG_6576.jpg
※マリー・ローズのペチャパイマウスパッドと、歴代DOA等を比較したりしているヒストリーBOOKが凄い存在感を放ってた



 DOAシリーズは昔から三すくみなシステム(ガードしてると投げられ、攻撃するとホールドされ、ホールドを狙うと投げられる)が好きでした。主要キャラはガチャガチャと押してるだけでも技が出るし、下手なりにもホールドが決まった時は爽快感がありました。対戦ステージのギミックも豊富で、プロレスの金網デスマッチ風でビリビリ来たり床が爆発することもある。シリーズを重ねるうちに、ステージの壁やオブジェクトが壊れ、隣接するステージへと移動する派手さを楽しめるようにもなった。

 けして巷で言われるような”おっぱい”だけのゲームでは無かったのです。



IMG_6577.JPG
※63ページに及ぶヒストリーブックにはキャラの初期デッサン等が載っていてなかなかに面白い。

IMG_6586.JPG
※初代の頃とスリーサイズがみんな変わってる!成長したってことか?(゚A゚;)ゴクリ
IMG_6585.JPG
※野郎のスリーサイズなんていらねー(゚⊿゚)

IMG_6578.JPG
※中にはDOAらしいバカパクな特集もある.....






 しかし、このゲームが有名になったのは”おっぱい”のせいなのは間違いない。初代DOAのまるで無重力下にあるかのごとく上下にぽよんぽよんする胸の動きには、やらしさよりも呆れてしまうほどのインパクトがありました。

 2になるとかなり自然なおっぱいになり、おっぱいゲー+コスプレゲームにジョブチェンジ!技をちゃんと覚える気が無い僕としては、報酬に魅力が無いと単調なプレイを続ける気力が湧かないので実に嬉しい方向性でありました。

 だから3になって肝心のコス数が減ってしまったのは残念でしようがなかったです。DOA2の色違いを含めた8種から3〜5種に落ち込むと言う渋さな上、難易度も高く、僕の中で一番賞味期限が短いDOAになったことは言うまでもない。

 4でまた種類が増えて来たのは嬉しかったものの、まだまだ物足りなかった。でも、5になってからのDLC追加はあまりにも多すぎるように思えてならない......




 通常のプレイで解放出来る5のコスはシリーズ的に順当な増え方だと思うのですが、DLCでその倍以上のコスが追加されてゆくのには着いて行けません。たとえ一着100円200円の世界でも、全て揃えようと考えたら膨大なお金が掛かるわけですから。それでなくとも最初の無印が出た後に、追加キャラを足しただけで他は大して代わり映えしないDEAD OR ALIVE 5 Ultimateと今回のDEAD OR ALIVE 5 Last Roundを出したことが、ストリートファイターシリーズの悪い売り方を追従しているように見えてしまいます。だいたい良くも2012年から3年間もナンバリングタイトルを出さずに5を引っ張ったものだ...

 LASTと言うからには完全版だろうとLast Roundを買ってはみたものの、やっぱり今まで配信されたDLCコスは別途課金が必要ですし、散々売りにしていた"やわらかエンジン"とやらの性能もそれほど革新的ではありませんでした。初代DOAとまでは行かないけれど悪い冗談かと思えるほど不自然な揺れです。だいたい着衣の上からあんなにゆったりと揺れませんよおっぱいは。重力に直ぐ負けるし、結構服に押さえつけられるものですからね。

※どんなに柔らかくても揺れないマリーローズに完敗...




 童貞の妄想が膨らんだ産物だと揶揄する声が少なく無いのもうなづけます。もっと見た目の派手さよりも、リアルな演算によるおっぱいの動きの追求や、肌の質感にこそこだわり続けて欲しいなぁ。

0B224D0D-2E6B-4FB1-8BC3-8FBC8BC682C6.jpg
IMG_6588.JPG
※こういう着衣の食い込みや汗の表現、それに転倒などで付く汚れなどへのこだわりは凄く好き。





 たかがおっぱい。されどおっぱい

 儲けなきゃ先が作れない言うなら、有り金叩いて応援するのも厭わないけれど、単純に暴利をむさぼるつもりならファンは減ってゆくことでしょう。

 そろそろパッチを当てて済ませない完全版商法は撲滅して欲しいものです。

 しかもLRは完全版でも無いしね....
posted by lain at 07:02北海道 ☔Comment(0)ゲーム

一曲一曲が彼らの墓標になるに違いない「季節は次々死んでいく」amazarashi

 気付けばもう5周年だというamazarashi。

 今回のが初めてのシングルだったのは全然気付かなかった。




 自分に内包された忸怩たる想いを、儚い物語に昇華させて歌い切る”秋田ひろむ”を中心としたバンド、いや、既にプロジェクトと言っても過言ではないamazarashi。いくらアニメのEDに使われたと言っても、まだまだ一般向けとはいかないが、着実に音楽シーンの中で大きな存在感を放つようになった今、保守的になっても良い気がするのに、「誰もが彼の絵に眉をひそめた〜」と歌う楽曲『無題』の画家並みに周りにそっぽ向かれる可能性もあるこのMVをぶち上げる辺り、首尾一貫した活動を続けていることを実感出来てある意味嬉しい。

 初のシングルである本作は、残念ながら東京喰種で聴き過ぎてしまって、手元に着いた今はそれほど何かを感じる作品ではなくなっているかもしれないが、少し前に24時間限定でMVが公開されていた「自虐家のアリー」のどうしようもない愛に焦がれている感じであるとか、得意技のポエムから始まる(ポエトリーリーディングって言うんだって!)「或る輝き」が、我の強い残り2曲を繋いでいる構成が実に良い。

 初回特典のアコースティックな映像をまとめたDVDもかなり面白かった。ライブでアコースティックな秋田ひろむに打ちのめされたことを思い出してしまった。「ドブネズミ」を歌っている途中で、彼が敬愛しているブルーハーツの「リンダリンダ」の一節に切り替わっていたのにもニヤリとしてしまう。♪(*´○`)♀~ど〜ぶね〜ずみ〜みたいに〜うつくしくなり〜たい〜♪





 変わらない。でも同じではない。

 何もかもが移り変わってゆくなかで、自分はどうあるべきか?どうありたいのか?

 amazarashiの根底で常に燻っている葛藤がとてもシンプルに表現出来ているシングルだと思いました。

 これで好きになれない人は、一生彼等と人生が交わることが無い人たちなのかもしれない。



IMG_6563.jpg





 ・amazarashi HP http://www.amazarashi.com

 ・秋田ひろむメールインタビュー記事http://www.excite.co.jp/music/close_up/interview/1502_amazarashi/






posted by lain at 07:08北海道 ☔Comment(0)音楽