切っても切れない親子の絆!?「オヤジ・アタック(原題"Dads")」FOX/海外ドラマ

 あまりにも長い間景気が停滞した状態が続いているから、今が不景気なのかどうなのかさえ分からないと言う若者が増えて来た昨今。生活費に苦しみ、ささやかな娯楽さえ味わう余裕が無いくらいなら、成人し就職した後も親と同居するという人が大勢いる。各言う僕も親と暮らす人間の一人だ。

 自分だけだと苦労する場面でも、家族が居ると何かと互いに助け合うことが出来て便利であるし、必要以上の家賃を要求されることも無いから非常に助かる反面、プライバシーの面では若干侵害される場面があるのも確かである。ノックをせず扉を開くなんて当たり前だし、直ぐ便利にひとをアテにした発言をして来ることもざらだ(どちらも母上の例である...)

 しかしまあ、すべてのお願いにイエスと言わないにしても、両親がやるより僕がやった方が良さそうなことはやってあげたいし、なんだかんだこれまで散々世話になって来たわけだから、少しくらい親の我が儘を聞いてやるのも悪いことでは無いだろう。


 だけど、もしもこの二人の父親みたいな手のかかる親の面倒をみることになったら、そんな悠長なことを言ってられないかもしれない.....





 ゲームの製作会社を共同経営するイーライとワーナーが、それぞれ急に父親と同居する羽目になり、天然な行動と発言で周囲をひやひやさせるワーナーの父”クロフォード”と、愛想が悪くてズボラで頑固で自己中なイーライの父”デイヴィッド”相手に悪戦苦闘させられると言う内容なんですが、流石映画「テッド」の監督が手掛けるTVシリーズだけあって、下ネタは当然だし、政治・人種・宗教に対する偏見も平気でジョークにしていてかなりきわどいギャグドラマになっていました。もうね、不謹慎とか不真面目とかそんなの糞食らえっていうくらいに自由で良いですw

IMG_6302.JPG
IMG_6303.JPG
IMG_6305.JPG
※これ絶対遺族が怒るでしょ?(;´Д`)



 これはダメ。あれもダメ。そういう締め付けが強いこの時代に、タブーをタブーとしない、こんなふざけたドラマが作れただなんて、まるで奇跡みたいな話ですね。父親と上手に向き合えない中年二人の間抜けなやり取りも非常に笑えるし、皮肉の効いたドラマはやっぱりアメリカ産が面白い♪

IMG_6306.JPG

※家政婦を取り合う二人。セス・グリーン扮するイーライを選んだ家政婦は、定番のETでワーナーにお別れを告げるw
IMG_6307.JPG
※家政婦に去られたワーナー。いい匂いに洗濯してくれていた家政婦を懐かしみ、イーライのシャツの匂いを堪能する....┌(┌ ^o^)┐バカダナァ♡





 オタクの主人公が国家機密の全てを脳にダウンロードしてしまい、成り行きでスパイとしての生活を始めることになるコメディドラマ「CHUCK/チャック」で、主人公の無二の親友役を務めた”セス・グリーン”が今回もお馬鹿で最高にキュートな演技を見せているのも見逃せない「オヤジ・アタック」だが、このストレートに内容を表現した邦題(原題は「Dads」)のせいで、視聴者数が伸び悩ま無ければ良いなぁと思う....(; =ワ=)





意味なんて無くても人生は続く

 腹が減れば飯を喰うように、いつの間にか僕はアニメが無いと暮らしていけない身体になっていた。

 それこそ町内で事足りてしまうサザエさんから、銀河の覇権を争う銀河英雄伝説まで色んなアニメを観て来た。


 別にそれが何の役に立ったかと考えると、ただただ自分に都合が良いように世界を捉えることが上手くなったと言うだけのことで、いちいち世の中を憂いて憤る今の自分が、大人として立派に成長したのか、ただくたびれただけなのかは自明である。


 だいたい、何本アニメを見た。何冊本を読んだ。何人の女性と寝た。何円金を稼いだ。

 そんな数を競って何になるというのか?




 生きるというのは、はっきり言って楽しい時より辛い時間が長い。しかも時折訪れる楽しい時間でさえ「いつか死ぬのに何になるのか?」と問われたら返答に困る程度のささやかさだ。

 しかし、その一時の心の充足のために生きるのもまた一興である。どうせ生まれたからには、酸いも甘いも長い人生における暇つぶしの一環と思って味わった方が楽しい。本当の意味での勝ち組とは、どんな状況でも楽しめる者のことを指すのであるに違いないし。


 そんな生きる意味を見出し難い人の世では、多くの人がこう考える「死んだら直ぐに忘れられてしまうんだろうな」と。

 まあ、生きていても忘れ去られている人間も大勢いるわけだから、死んだ先の話をしている場合でも無いと思うが、やっぱり誰かに自分という存在を認めて貰えて初めて自分が人間であると認識出来るものだと思うし、独りはなんだかんだ寂しい。どんな意識改革をしたってこれは変え難いものだ。

 そうは言っても、周りにわざわざ「僕のこと憶えていて下さいねっ!」と、念を押すのも何かが違う。結局のところ、日々の過ごし方一つで決まってしまうものだろう。







 
 数日前、歌手のOrigaさんが亡くなった。享年44歳。実に早過ぎる死だ。

 その訃報をいち早く伝えたのは、彼女の知人であるロシア人声優でした。

 Origaの音楽を愛し、応援し合う仲であった彼女は、これ先何度もOrigaの名を思い出すに違いない。

 有名人だし悔まれて当然だと思う人も多いだろう。しかし有名であってもやって来たことがお粗末ではあっという間に記憶の彼方に追いやられてお終いだ。流行語大賞を取った一発屋なお笑い芸人の末路を見れば分かり易い。

  

 正直僕はORIGAのアルバムを数枚しか聴いたことがない。普通に攻殻機動隊SACで彼女の歌声を意識したにわか者だ。

 まったく攻殻機動隊に関係無い彼女のアルバムも買おうと決意したのも、アニメ”ファンタジックチルドレン”のED「水のまどろみ」にドハマリしたせいでもある。

 


 ロシア人でありながらも、日本に拠点を置いて活動していたというだけでも多国籍なイメージを受けるわけだが、ロシア語、英語、日本語が入り乱れる楽曲達を丹念に歌いあげる彼女の歌声の異世界感たら無かった。伸びやかに何処までも空へと飛翔して行きそうなほど幻想的な響きなのだ。

 去年も某ゲームのサントラに参加して歌声を披露していた彼女が、もう居ないなんて信じ難い事実であります。もっともっとこれから先のある人でした....


 

 

 







 僕はどんな形でも誰かに憶えていて貰いたい。たとえその人の命限りの記憶であっても。

 憶えていて貰う為に何をしたら良いかだなんて、いちいち周到に考えたくも無いが、「求めよさらば与えられん」を信条に、自分に少しでも何かを与えてくれた人達のことだけは憶えていたいと心から思う。




 いつか、この世に”さよなら”を告げる時、僕は誰の顔を思い出すのでしょうね...... 

 



posted by lain at 07:15北海道 ☔Comment(0)雑記

今季のアニメはこれで決まりだっ<(・∀・)>ガバ

 さあ新年が明けて2/3が終わった今、だいたい今季観続けてみたいアニメが見えて来ました。

 以下18本。だいぶハーレムアニメを切ったわりにあるものですな。いつアニメのバブルは溶けて消えるのか?....







 毎度毎度くどくどと悪口ばかり書いているハーレムアニメを今季もかなりの量を1話で観るの止めました。

 僕が思春期だったり、生身より2次元が優先で声優の声だけで逝ける人間だったら、お色気路線のモテモテで自分が世界の命運を握るようなシチュエーションに見た目だけでも見えるハーレムアニメを是が非でも観たことでしょう。でももうそういう時期は完全に過ぎてしまいました。

 上にあげた作品の中で新妹魔王の契約者(テスタメント)は完全にその手の作品で、モテモテになりたいけど、ただモテモテになるんじゃんなくて、本当はそんなことを俺は望んでいないんだ!お前のことは人として大事なんだ!と匂わせ、女の子が自然と自分を好きになる理由付けに奔走しているのが見て取れます。ただ、この作品は現代の一般宅を根城にしようとした魔王の娘がマヌケにも勇者の一族の血を持つ家に入り込んでしまったと言うのが少し気になったので、もうしばらく様子を見てみようかと思いました。


 ユリ熊嵐幸腹グラフィティアイドルマスター シンデレラガールズなどの百合系アニメにしても、ただ女の子の露出が多いからという理由ではなく、一つでも個性として楽しめる物があれば見る気になるというものです。ユリ熊はいつもの安定した幾原ワールドをワケも分からずガウガウと楽しめるし、最近流行?の食物を喰う人を見るばかりの作品なのにめちゃくちゃ艶っぽい幸腹グラフィティは、新房さんのエロい教えがスタッフへ十二分に行き届いていて美味しい。 以前のアイドルマスターは直ぐに観るの止めてしまったけれど、女の子より真顔のプロデューサーを愛でるのが楽しいアニメだと気付いた今回は結構癖になりそうw


ペンギンの次はクマであります。今回は少し「輪るピングドラム」の演出を踏襲し過ぎている気もする。あえて似せているのだろうか?



とにかく美味しそう。そしてエロい。色々と食べたくなるのである( ゚ρ。 )



 こうして新作を振り返ってみると、ラインナップのバランスが意外と良いことに気付く。ハーレムアニメばかりだと嘆いくのが馬鹿馬鹿しくなるほど色んな側面から楽しめるアニメが有ります。純潔のマリアは戦争嫌いの魔女が可愛いのと同時に、中世の戦場の雰囲気を出そうと努力しているのが随所から伝わって来るのが実に良いし、新たなスカイハイ的な存在のデス・パレードはドロドロした人間ドラマを堪能出来そうだ。

同じサキュバスでも、新妹魔王よりこちらに出て来るアルテミスの方が断然大人の色香でエロいっ!ガタ



スクリーンショット 2015-01-18 8.03.16 1.png

命懸けのゲームに翻弄され取り乱す夫

スクリーンショット 2015-01-18 8.03.18.png
それを冷ややかに見つめる妻。人間の本性にずかずか踏み込んで行く感じがとても僕好みだ。




 普通の完全懲悪に飽きているなら夜ノヤッターマンのように、かつてのヒーローであるヤッターマンを逆説的に捉えているのを見ながら、時の流れで正義が移ろう様を眺めるも良し、小難しい正義や悪とかどうでも良くなるローリング ガールズ 美男高校地球防衛部LOVE! で大いに笑うのも良い。今の作画は人間の手作り感が足りねぇー!!って嘆いている昭和男子にはドアマイガーDがピッタリだっ!d(。ゝ(ェ)・)


現代の凝り固まった政治思想へのアンチテーゼとして昇華しようとしているようにも見えるような見えないようなw



スクリーンショット 2015-01-18 6.57.42 1.pngスクリーンショット 2015-01-18 7.00.58.png
銭湯に入りつつ”ちくわぶ”について何故か語りある二人の前にピンクのブサ可愛い生物が現れた時点でお腹が痛かったのに、このポージングを決めるとか魔法少女かとwww




スクリーンショット 2015-01-18 6.22.30.png
こいつが
スクリーンショット 2015-01-18 6.22.17.png
これに乗って
スクリーンショット 2015-01-18 6.24.50.png
腕から道明寺粉を出し
スクリーンショット 2015-01-18 6.26.06.png
胸に入れたらあら不思議
スクリーンショット 2015-01-18 6.26.36.png
ぷしゅー!
スクリーンショット 2015-01-18 6.27.34.jpg
美味しそうな桜餅の出来上がりっ!

スクリーンショット 2015-01-18 6.28.52.png
桜餅を美味しくいただいた敵は懐かしい色合いの火球に早変わりだぜ( ̄ー+ ̄|☆キラッ




 2期勢や原作を読んでいる「暗殺教室」に関しては特に言うことはありません。どれも変わらず面白い。あえて重箱の隅をつつくとしたら、ちょっとアルドノアは1期の衝撃的なラスト後の描き方が普通過ぎて肩透かしではありました。1年以上経過していると言う設定なのだから、もう少し登場人物達の背負う物や、戦争の緊張感を纏った描写をして欲しかった。格好良い宇宙戦の後にイキナリ呑気な水着回が訪れた時には正直がっくり来ました......





 結局のところ、アニメと言う性質上絵柄が好みがどうかでかなり決まって来るところはあるけれど、何か一つでも個性があればアニメは次も観たくなる。

 それと同時に、余計な自虐行為にも見える自作自演が酷い作品や、商業目的、性描写、それらだけが目的のアニメは冒頭で見る気を失います。



 ただ原作を売りたい、グッズを売りたいだけではアニメ業界は「見飽きた」で廃れてしまう。

 だから、まだ普通に次も観たくなるアニメが有るというのは幸せなことなのかもしれませんね (= 3 =*)

posted by lain at 07:00北海道 ☔Comment(0)アニメ