身体が心を凌駕する季節「水色の部屋 上巻」ゴトウユキコ(著)

 異性を好きになるってどういうことなんだろう?


 優しい?楽しい?性格が先がなの?


 いいや違うよね?


 目が見えないならいざ知らず、出逢った瞬間惹かれるのはまず見た目だ。身体以外にまず惹かれたのだと心底言える人が居たならば、国を挙げて保護すべきです。



 第一、身体が先で、心が後じゃダメなんでしょうか?....



IMG_5727.jpg




 幼い頃、母親がレイプされているのを目の当たりにした主人公は、母親へ性的な欲求を持つようになり、それ以来周囲に溶けこむことも出来ずお節介な幼なじみだけが話し相手の悶々とした高校生活を送っていた。


IMG_5723.jpg


IMG_5722.jpg



 そんなある日、幼なじみの女の子のアドレスを教えて欲しいと人気者のイケメン同級生が彼に話し掛けて来た。弱々しい独占欲を押し殺しアドレスを教えてしまう主人公。幼なじみも彼氏が出来たと大喜びだったのだが、そのイケメン同級生は幼なじみの女の子を早速ホテルに連れ込んだり、ブルセラ紛いのバイトをさせたり、言葉の暴力で詰りながらの性交渉を迫るトンデモ高校生だったのだ。


 幼なじみがそんな目に遭っていることや、今度は母親が狙われていることさえ知らない主人公。彼は、心の奥底に植え付けられた過去と邂逅することとなる....


 不完全な大人達の呪縛から逃れられない子供達が、心が追いつかない勢いで成長する身体の衝動に任せて、人を傷つけ自らも傷ついてしまう様を、ありありと描かれているゴトウユキコさんは凄い漫画家だ。それを可能にする太田出版の懐の広さにも眼を見張る物があります。

 母親がレイプされてるのを見て、嫌悪するのと同時に欲情してしまう主人公と、読者である僕らがリンクするような構成で描き、罪悪感を分け合う共犯性を生み出している辺り本当に上手い。ぐにょぐにょと定まらない愛嬌のある独特のタッチゆえ、逆に心の闇と不安感が生々しく伝わって来る。そしてなんと言っても女体の肉感、艶っぽさが抜群だから、実に深みにハマれます。


 汚す者、汚される者。その狭間で揺らぐ者。青春という狂気が選ぶ道は、一体どの未来に通じているのか?結末が実に待ち遠しい。





 身体が先走ってしまう若者達。彼らの「好き」は、とても危うく見ていられない。


 けれど僕らは知っている。心より先に「好き」を語る身体の素直さを。


 そんな僕らに彼等を止める術はあるのだろうか?....


 IMG_5724.jpg




 ゴトウユキコTwitter https://twitter.com/gotouyukiko

posted by lain at 20:52北海道 ☔Comment(0)漫画