前半戦終了のおしらせ「ウォーキングデッド シーズン5」

 早くもシーズン5の前半終了。いつからか恒例になりつつある分割放送の後半は2月らしい。先が気になってはいるものの、8話までにリック達が失った物を思うと、少しインターバルを挟むのが丁度いい気がしますね。

 それほどに今シーズンの心の闇は深かった.....



※ネタバレ



 やっと安住の地に辿り着けたかと思ったら、食人鬼と化したコミュニティだったという、今まで描かずに来た究極の生き残り手段共食いで幕が開き、彼らの冷淡なやり口に対抗してリック達も非道に身を堕としてゆくのが本当に見ていられないくらい辛かった。でも、そんなリック達の暴走を容認してしまいたくなるほど、ボブの脚を切り落とし、旨そうに喰らう連中の姿は浅ましく恐ろしい.....

 新たな犠牲者を出しつつも、頼りない神父も加わり、なんとか食人グループを壊滅させて人心地ついたのもつかの間、世界を救うことばかりを主張するエイブラハム達がワシントンを目指し離脱するも、切り札だったユージーンが実は偽科学者だと判明してしまうし、とあるグループに強制的に加えられてしまったベスも大変な思いをしていて、最後の最後もあんな結末を迎えるとか、後味の悪さばかりが募ってしまいました...

 ゾンビに殺されるより、この後に及んで主義主張を通そうとする人間同士の諍いで貴重な命を散らす彼ら。終わりの見え無い悪夢のような現実を生きる人々のドス黒さも、いい加減ネタ切れじゃないかと思っていた僕が甘かった。まだ絶望の縁に立ったばかりのようです。常に死亡フラグが立っているような状況のリック達ですから、普通なら視聴者は「またか」と見慣れてしまうところですが、じっくりと登場人物の心情も掘り下げているため、やっぱり誰かが死ぬと心底ショックで打ちのめされます....


 再び目標を失いつつあるリック一行。一体全体、何処まで旅を続ければ救われるのか?

 まだ見ぬ完結の際には、都合の良い救済は要らないけれど笑って終われると良いですなぁ....