親子丼は熱いうちに食べるのが華「アフター・アース」M・ナイト・シャマラン(監督)/ウィル・スミス/ジェイデン・スミス

 不特定多数の人々に電波を通じて娯楽を届ける事が出来るようになって100年以上が経過。その長いようで短い歴史の中で、多くの芸能人が生まれ、死んでゆきました。文字通り命が尽きた人もいれば、芸能人としての命を絶たれた人も多かったことでしょう。

 そんな博打じみた歴史が今でも続く芸能の世界で、運良く子供と同じステージに立てる者は一握り。しかも二世がちゃんと非凡さを見せて共演するなんてことはまずありえない。やりたくもない伝統を血の宿命だと受け入れる者や、親の七光りだと言われたくなくて実力以上のことをしようと空回りする者ばかりである。


 そういう意味では、ウィルとジェイデンのスミス親子は、かなりお互いに影響を与え合う良い関係を築いている気がした。




 ストーリーは実に古典的なSF味付け。

 地球に住めなくなった人類が違う惑星へと移り住んだものの、その星の先住民達が作った生体兵器に脅かされていて、ソレを上手く倒せる”サイファ・レイジ”(ウィル・スミス)は英雄として尊敬され、息子も自然と父と同じ道を目指し始めている。しかし、高い技術を持ちながらも戦士”レンジャー”としては落第点を付けられる息子を、ちょっぴり甘やかしてしまったがために、親子揃って人類にとって危険な惑星に不時着する羽目になってしまう。頼りのオヤジは両足骨折。息子はビビって暴走気味。こんな調子でどうやって脱出するんだろうか?という体でお話は進みます。


 兎に角開始5分で大まかな世界観を何もかもスッキリ説明してしまおうと言う狙いが完全にアダになってて笑えて来ます。そこから先はなんの捻りも無い王道中の王道を親子は進み続け、シャマランらしい外連味は鳴りを潜めておりました。まあ原案がウィル・スミスなので、あえて責任を追及するならウィルが悪いんでしょうね。劇中も身体張って頑張ってるのは息子ばかりですし。

 三部作で構想していたそうですが、きっと続きは無いでしょう。アメリカでの評判も相当悪かったようです。ただ、正直言って観れない作品では無いと僕は思いました。スタートレックが好きな人とか世界観を気に入りそうな気もします。海外のTVドラマ枠で細々とやっていれば良かったのかもしれません。



 あえて息子と共演したことを、クソミソに書いている人もいましたが、16歳であの身のこなしと演技が出来るジェイデンは素晴らしいと思います。父親より良い役者になる可能性大です。贔屓目に見なくてもジェイデンと言う選択肢は必然だったことでしょう。是非ジェイデンには親馬鹿な父親を反面教師にして偉大な役者へと成長して貰い、ナイスバディな嫁さん貰って子供を作って三世代共演を果たして欲しいですね。


  (= ワ =*).。oOその時共演する映画はアフターアース2にしてよ♡....
posted by lain at 21:43北海道 ☔Comment(0)映画

風景写真まとめ〜雪が本気出してきそうの巻〜

雪が降っても直ぐ融けて、実に穏やかな秋が続き大変過ごしやすかったですが、今度こそ、今度こそ年貢の納め時のようです。

今日から荒れて今夜は雪になるそうですし、根雪になる日も近いでしょう。


しばらくまた白しか目に入らない季節に堪える日々が始まります....



もう融け始めてるけど雪降った
いてきま。
おはよぅ。
雨上がり。
分断
IMG_5413.jpg
夕方には雪融けて良かったなぁ。
はい。また北海道は雪に閉ざされ始めました。
少し積もるかもね。
冬景色。


道路が眩しくて目を開けていられないよー
今日は仕事しながら7キロくらい歩いたかな。

小児科の森
IMG_5265.JPG


今空。
あの飛行機月に向かってるなっ

posted by lain at 19:44北海道 ☔Comment(0)写真

タイトルがちょっとアレ.....『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』西島秀俊(主演)/キム・ソンス(監督)

 最近結婚を発表して女性のファンを落胆させた西島秀俊さんが主演の作品でしたが、どうも僕には西島さんの演技が「CUT」の時よりわざとらしく見えました。


 



 このゲノムハザードは、主人公の男が妻の殺害現場に出くわし、状況が飲み込めないまま警察だと名乗った連中に拉致られ、なんとか逃げ出すものの車に撥ねられて、その車を運転していた韓国人女性記者(キム・ヒョジン)に助けられると、どうにもハッキリしない曖昧な自分の記憶を辿り、自身の正体と妻の生死を調べだすと言うストーリーで、重ならない記憶に翻弄されて苦悩する主人公を西島さんは体当たりな演技で成りきっていましたが、何故か中盤までは彼が苦しそうにしている姿を見ると笑えてしまいました。


 理由はよくわからないんですけど、かなり熱が入った演技はしてるし、シーンによっては凄いな西島さんって思ったりもするんですが、”真面目に見えるキチガイ”なイメージを彼に持っているせいか、そのイメージに合わない知的な人間を演じようとしている彼の姿に不自然さを感じたのかもしれません。


 終盤主人公は、とある理由で序盤以上にぶっ壊れてゆくのですが、そこまで進行した辺りになると西島さんにぴったりな役になって来ててしっくり来ます。前半と後半で彼のフィット感が僕の中じゃまったく違いました。演技が上手いとか下手とか言う以前に、ほんと面白い役者ですね西島秀俊って人はw




 先の展開をアレコレと考えてしまうようなリードの仕方が案外上手い映画でしたが、ベースにあるのは古典的なミステリーなので、謎解きが終わると「なーんだ」と思うところもありました。それに、薄暗い劇場ではなくテレビで観たせいか、終盤に近づくほどフィルムが安っぽく見えた。テレビのSPドラマ的な位置で放送するのには丁度良かったかもしれませんが....


 結末はともかく、知らない自分が次々と顔を出すと言う展開は僕好みでそれなりに楽しめましたが、やっぱり西島さんがそんなにモテる理由はイマイチ分かりませんでしたw





 (´-`;).。oO韓国との共同製作だからキャストも半分くらい韓国の人に差し替えられていたけど、原作のファンは怒って無いんですかね?すっかり韓国映画だと思ってましたけど....









 関連過去記事

posted by lain at 21:06北海道 ☔Comment(0)映画