あいあむ下手の横好きじゃぱにーずっ!「THE FUTURE IS JAPANESE」早川書房/SF短編集

僕はSFが好き。そして読書が好きだ。

しかし、大した学も無く、学ぶ根気が保てない僕は並みの読解力の読者です。

作者の意図したメッセージを勘違いしたまま受け取りもするし、難しい表現や漢字を理解出来ないままにして読み進めることもしばしば。それでも読書が好き。SFを愛していたい。

僕のような人が取る道は3つに分かれるのではないだろうか?今まで通り分かる範囲で楽しむか、より深くまで作品を味わい理解度を高める努力をするか。果ては、まったく小説やSFを読まなくなるかでしょう.....



正直、文字を読んでいると目は疲れるし、どんなに面白いなぁと読んでいる本でも眠気を誘うこともあります。少し内容の濃い本にチャレンジすると、更にそれは酷くなる。作品のテイストがそれらを誘発するのもあるし、詩的で落ち着いた作品や、小難しい用語が飛び交い場面展間がなかなか無いと、頭が内容を咀嚼出来ずにスリープして行くのです....zzZ


読書は、人が薦める優れた本や、売れ筋の本を手に取る前に、まず自分に合った本を見つけることが大事だと思います。そして、読み砕けないところは無視して、読めるところ、好きなところをしっかり楽しめればそれで良いんじゃないでしょうか?

そうして一歩進めたら、次は少しだけ努力してみる。その繰り返しで慣らしてゆけば、今まで読んだことも無いような面倒臭い本まで、読めるようになっている自分に気づく日も遠く無いかもしれません。


 
 自分に合った作家を探すとき、結構重宝するのが短編集。目当ての作家が載ってるから買ってみたら、その大好きな作家の作品以上に知らない誰かの魅力的な作品に心奪われるなんてことがあるからです。


 『THE FUTURE IS JAPANESE』と題され、日本をテーマに国内外のSF作家が短編を寄せた本書を、僕は"小川一水"さんと亡き"伊藤計劃"さん目当て(伊藤計劃さんのは英語版だったので読めませんでしたw)で購入したのですが、今まで苦手にしていた"円城塔"さんの頭の回転の速い脱線の魅力にも気付けたし、まったく知らなかった海外の作家さん達の中でもお気に入りが出来ました(印の踏み方がいちいち格好良い”ケン・リュウ”の「Mono no Aware もののあはれ」や、メカや宇宙ばかりでは無く、心霊現象もSFであると教えてくれた”レイチェル・スワースキー”の「The Sea of Trees 樹海」が面白かった)

 無論、翻訳や原作の手法が難解だったり、海外から見た日本の捉え方が非常に的外れな部分も多く、作品を通じてやんわり日本を非難しているような社会派な作品もありましたが、そんな出会いも新鮮であるし、それ以上に好きだと感じる作品に出会えたことが嬉しい。ついでに言うと、これまたほとんど読んだことの無い菊地秀行さんの書いた「Mountain People,Ocean People 山海民」の汚染された地上を離れ標高の高い山の上で羽を使い生き残って来た人々の価値観や、どんどん自分の立ち位置が曖昧になって情景を思い浮かべるのが困難になってゆく感じが恐ろしいの同時に、酷く安らぎを覚える結末へと誘ってくれた"飛 浩隆"さんの「自生の夢」に触れたことも素敵な出逢いになりました。色んな才能に振り回されること、それも読書の楽しみのひとつなんですよね。

 
 
 一言にSFと言っても、星々を旅する規模の大きさのもあれば、日常に起きるやもしれないマクロな出来事など多岐に渡るように、読書もピンからキリまであって良いです。こうと決めて始める必要はありません。

田中芳樹さんの皮肉が効いた作品群に育てられ、思考の転換と自我の可能性を森博嗣さんに教わり、SFとはこんなにも身近で楽しいものだと小川一水さんは手を引いてくれました。ここに書き切れない作家さんも含めて、感謝の言葉もありません。

僕は、これからも読書を続けることで恩返ししてゆきたいです。



音も絵も無い文字の世界は、触れれば触れるほど、あなた自身の可能性にそっと灯りを灯してくれる友人になってくれるはずですよ( ≡ 3 ≡)b


CF52CE0E-1591-4A75-B52F-94292F165EB5.jpg 
posted by lain at 07:20北海道 ☔Comment(0)小説

テレビに何を求めていますか?

NHK
 アニメ海外ドラマ以外、テレビをほとんど観ない生活をするようになってどれだけ経っただろう?


 観ないうちにテレビに出ている芸能人も様変わりしたし、馴染みの顔はどれもこれも老けてしまった。


 訃報をネットで拾って今を知るなんてことも茶飯事だし、知らないうちに売れて、知らないうちに消えているお笑い芸人もいることでしょう。




 ”周りとの話題が合わない”




 テレビを観ていないと当然そういうことにはなるものの、だからと言ってツマラナイをだらだらと眺めてまで会話に入ってゆきたいとは全く思わない。毎週欠かさず読んでいたジャンプやサンデーを止めた時に味わった開放感にも似た喜びさえ感じる。


 せめて何かの足しになるような番組ならいざ知らず、面白くもなんともない輩が一つのネタで思い出作りの為に出演しているようなバラエティを見る時間は無駄にしか思えない。あらびき団みたいに、誰も見てなさそうな枠で恥を恥として晒してるような番組なら、逆に意地悪の虫が疼いてついつい見てしまうというものですがね...




 こんな風に考えているのは僕だけでは無いことは、数字が物語っていますよね。どのテレビ局も10年前、20年前に比べて視聴率を落としてはいますが、教養と笑いのバランスの良い日本テレビは視聴率で好調ですし、それに続く数字を持つNHKは、一時期の受信料のごたごたから少し回復し、相変わらず興味深いテーマを多岐に渡って取り上げているから、うっかり観始めると止まらないことを再び証明し始めています。


 最近は各局、教養のある内容をエンターテインメントとして上手く昇華して番組作りをしている気がするけれど、NHKはそういった第三者の意図的な誘導演出を比較的抑えた番組作りなので、変な先入観を持たず物事について思考させてくれる点が更に好印象です。昨日一昨日と観た「クローズアップ現代」も実に興味深い番組でした。タイトルの通り、現代になって増えて来た変化に焦点を当てて考えているので、自分で実感していることや、まったく気づいていなかったことを知り、その実情をまざまざと見せつけられるのが面白い。



 30分に満たない番組でありながら、内容は要点をついていて分かり易いし、深いところまで潜るような番組だと、最後まで観るのが辛いなんてこともあるから、「こういうこともあるんですよ」と、押し付けがましく無い程度に提供するクローズアップ現代のやり方はとても有り難い。


 昔に比べると、NHKも主観的な物言いが増えて来ましたが、まだまだ他の局と比べると客観性を失わないように配慮しつつ番組を作っているのが良いですね。ニュース番組などでもハッキリ分かりますが、自分が腹立たしいからといって、気に入らないニュースを憤慨しつつ読むアナウンサーが他局は多すぎます。

 どんなニュースであっても、色んな側面が隠れているものだし、又聞きしているだけの身で、アレコレと詮索するのはゴシップ好きの末端に任せるべきだと僕は思います。



 公共の電波を使って、なにやら煽動するような真似をする人の口にする言葉は実に口当たりの良いものばかりなので、ついつい「そうだそうだ!」と乗ってしまいがちですが、一歩引いて「まてよ...」と考えて見ることも大事。


 NHKには、これからも大きく偏ることの無い番組作りで、僕らの脳を大いに活性化させていただきたいものです。
posted by lain at 20:56北海道 ☔Comment(0)てれび

変わらない面白さ?それとも変われない面白さ?「ウイニングイレブン2015」

 最近ちっともゲームをクリアしていない。性懲りもなくウイイレを始めてしまったからだ。




 誰も見向きもしないXbox One版を買い、いつものようにマスターリーグから始めたものだから、止めどきを忘れてずるずる毎日プレイしてしまいました。久しぶりでもあったしw それに、自分で試合をこなすのが面倒になったら監督モードで采配のみで遊べるのも以前のマスターリーグよりスムーズで楽だ。


 ただ、選手の成長をグラフなどで見比べる要素が無くなっていたり、一度各選手のトレーニング内容を設定したら、試合をこなす以外の楽しみがほとんど無くなってしまうのが残念。もう少しシミュレーション要素を充実させて、未起用の選手が不満を募らせ、やる気を失って移籍を求めるとか、システムに合わない起用に選手が造反するとか、クラブ運営に付き物のトラブルが目に見えないパラメーターで発生するようなドラマ&スリルが欲しいし、監督モードの采配に関してもリアルタイムで進行する中で様々なことを決めてゆくような緊張感があったら飽きが来なくて長く楽しめそう。このままじゃ結局、何年も前のマスターリーグと代わり映えしない気がします。

IMG_5392.JPG
※監督モードだと選手のマーカーが動き回るのを眺めるような画面にも出来る

IMG_5663.JPG
※ユニフォームの汚れも再現


 選手のモデリングやモーションのバリエーションは着実に増えているし、ウイイレらしい操作感もちゃんと継承されているから馴染み深く遊びやすい。少し前のウイイレから少し操作が変わっていたりもするけれど直ぐに順応することも出来ました。サッカーをしてる感じが近年のウイイレの中じゃ一番良い出来だと思います。

 あとはそう、UI周りのモッサリ感を改善して貰えたらなぁ...これPS4版でもモッサリなんですかね?せっかく高スペックのコンソールなのに、こんなに反応の悪いUIで満足ですかコナミさん?......

 
 
 サッカーゲームを作る仕事としては、着実に進化している。

 でも、遊心は確実に退化しているのが、今のウイイレの姿なのかもしれません(´・ω・`)
posted by lain at 20:10北海道 ☔Comment(0)ゲーム