夢なんて無い。でも希望なら、あなたがそうかもしれない...「amazarashi LIVE TOUR 2014「夕日信仰ヒガシズム」11/29 Zepp Sapporo」


 まったくの偶然ではあるが、今回も3曲目で泣いた。





 『勝てない訳ないよ自分なら 僕が一番分かってる 僕の弱さなら』


 酷く当たり前のことなのに、僕らは気づかず諦めている。そんなこと無いぞと語りかけて来るこの曲は本当に素晴らしい....


 それに、楽曲の良さもそうだが、更にライブ演出が成熟して来た気がした。公演開始前に会場内で流れるSEのような音楽の雰囲気作りもそうだし、「あとがき」後の真っ暗な中キャンドルを一斉に灯し「ひろ」が始まる演出の暖かさには本当に痺れた。会場に集まった全員を盛大に送り出すように「スターライト」で〆るまで、余すところなくステージを創り上げているのがとても伝わって来るのです。




 さて、ミニアルバム「あんたへ」を経て、より一層自分だけではなく、周囲への気遣いが籠った歌になった感のあるamazarashi。しかし、「夕日信仰ヒガシズム」は幸せを周りにもおすそ分けします的なアルバムではなく、頑なに自分には幸せになる資格が無いと言わんばかりの曲も多かった。当然ライブもささくれ立った曲と堂堂巡りな曲ばかりになる。だがやはり他者を思い遣っている歌(「ひろ」「それはまた別のお話」)を歌っているときの”秋田ひろむ”の優しさ純粋さは際立っていた。





 大人と子供の境界なんて何処にも無いけれど、確かに自分が汚れて行く感覚は味わう僕たち。秋田ひろむは「大人になったな」なんて言われたく無いと息巻くだろうけれど、確実に秋田ひろむも大人になりつつあるのだ。だからというわけでも無いけれど、夕日信仰ヒガシズムの楽曲に合わせて作られた映像は実写ベースのものが多かった。より内から外へ目を向けることが出来るようになって来た証拠かもしれない。


 大人になるのも悪いことばかりではない。良い面も連れて来る。触れたら直ぐにパキンと折れてしまいそうなほど鋭く磨かれたナイフも美しいが、どっしり地面に根を張り枝葉で周囲の者を雨露から守る樹も美しい。秋田ひろむはそんな樹の美しさを醸し出す大人へと進んでいる気がする。





 でも、もう少しだけ孤独な秋田ひろむと雨の中にいさせて欲しいと願っているのは僕だけでは無いことだろう。彼の紡ぐ雨音は心を逆撫でもするが、精神安定剤としても優秀だ。

 まだ、amazarashiとぼくらの物語は始まったばかりだと信じたい。






 セットリスト


  1.後期衝動

  2.ヒガシズム

  3.もう一度

  4.風に流離い

  5.穴を掘っている

  6.春待ち

  7.さくら

  8.少年少女

  9.雨男

  10.ラブソング

  11.冷凍睡眠

  12.あとがき

  13.ひろ

  14.それはまた別のお話

  15.ジュブナイル

  16.スターライト






 MCが全然無い、アンコールが無いと御不満の方も居たようですが、そのぶん身を削るような想いで一曲一曲を歌い上げていましたよね?



 「また来ます」と彼は言った。


 僕もまた、そう思った。






 関連過去記事


posted by lain at 08:16北海道 ☔Comment(0)音楽