こ、れ、で、お、わ、り?....『攻殻機動隊 ARISE』黄瀬和哉(総監督)/冲方丁(脚本・シリーズ構成)/Production I.G /2013〜2014年/感想

 とうとう新しい攻殻機動隊が終わってしまった。

 1話辺り約1時間と言う 長めの尺ではあったものの、たった4話で終了と言うのはちょっと寂しい...



IMG_3527.JPG
こんな子供まで電脳とは。あ、でも子供の義体かもしれない....

IMG_3536.JPG
つい眼が行く端役女性

IMG_3599.JPG
オペレーションルームはまるで宇宙戦艦の司令室のようだ

IMG_3611.JPG
最終話は結構ファンシーだったかも。素子ねぇさんも夢中になる、儚い恋の夢を見た男女の哀しい物語だった.....




 まったく別物として製作していても、時系列的には旧来のシリーズと繋がっていてもおかしく無い内容でしたから、大きな違和感無くすんなり楽しめました。各話のテイストに合わせて違う監督を据えていたのも面白い化学変化を産んでいたように思います。そして何よりキャストを一新したことと、作品を喰いかねないコーネリアスに音楽を頼んだ事が特別な攻殻に仕上げていました。

 しかし、オマージュを前面に出した4話を含め、各話に旧来のシリーズを匂わせる部分が幾つもあったのを、『あざとさ』とするか、「上手さ」とするかは難しいところかもしれません。僕的にはニヤリとして丁度良い感じでしたが、焼き増しだと言う方もいるかもしれない。

IMG_3533.JPGIMG_3534.JPG
ビルの屋上の縁で佇む少佐。何度も見た事ある光景でしょ?

1410094436KbeQKJNxSucJVuT1410094076.gif

IMG_3601.JPG
ドでかい戦車を止めようと

IMG_3604.JPGIMG_3603.JPG
手が千切れそうなほど力を入れる少佐。これもお馴染みだよね。

IMG_3612.JPGIMG_3616.JPG
海から爆発を見上げる姿も見知った光景。とても綺麗なシーンだった....




 あと独り語りで人を煙に巻く言葉遊びとしては冲方さんの脚本は上手くいっていた気がしますが、映像としてそれらを見せる段階でバタバタしたところがあったようにも思います。脚本家がシリーズ構成をした方が整合性が取り易いのは分かるんですけど、監督と脚本家との間を上手く調整出来る人物が欲しかったかもしれません。

 ちょっと冲方さんの本は綺麗で格好良過ぎだったのかも。独断と偏見で馬鹿の一つ覚えを言わせてもらうと、”小中千昭”さんにシリーズ構成をやって貰えたら攻殻の浪花節な渋さやセンチ部分を残しつつ、別次元へと誘ってくれたかもなと思いました (= ワ =*).。oO自分的にしっくり来ないと直ぐ小中さんにお願いしたくなる悪いクセ.....

 最近小中さん映像のお仕事して無いので是非次があったらお願いします。『神霊狩/GHOST HOUND』以来のI.Gとのお仕事して欲しいなぁ。




 今までの攻殻以上に複雑に絡み合ったストーリーや、独特のテンポで展開するアクションシーンの凄さが微妙に伝わり難かったようにも感じた攻殻機動隊 ARISE。噛めば噛むほど味わいが出て来そうなシリーズだったので、やっぱりあと4話くらいやって欲しかった。これからエンジン全開になりそうな雰囲気もあるだけに残念でなりません。

 願わくば、ARISE最終話の舞台挨拶で発表された新劇場版がARISEの本当の意味での完結編であることを祈りたい。



 こんなんじゃまだまだ足りないよっ(´;ω;`)

IMG_3617.JPG



posted by lain at 20:48北海道 ☔Comment(0)アニメ

まだ終われない男シュワちゃん「ラストスタンド」アーノルド・シュワルツェネッガー(主演)/キム・ジウン(監督)/2013年/米国/感想

 最近どの業界でも中年より更にの年齢層が活躍している。


 野球では昨日中日の山本昌選手が49歳で先発勝利投手になりましたし、つい先頃引退を発表した稲葉選手は42歳。全体でも35歳以上の選手が80人いる。

 芸能界だってそう。テレビを付ければ子供頃から知ってる芸能人がまだまだいっぱいTVカメラの前で起だっています。まだ若い印象がある所ジョージさんは59歳。所さんより実は年下”笑福亭鶴瓶”57歳。やっとお昼のバラエティー枠から解放されたタモリさんはウチの母親より年上の69歳。こんな芸歴の濃い人達が現役だと、若手はなかなか食込んで行けない感じがします...

 これが高齢化社会の影響なのか、どうなのか分かりませんけど、自分より年輩の人達が若い気起して張り切ってるのを見ると凄く勇気付けられます。この年齢でここまで頑張れるなら、まだまだ若い俺らならまだまだやれると思えるんです。


 だから、我らがシュワちゃん御歳67歳がアクション映画に出続けているのも非常に痺れる。




 政治家という似合わない役を受けたせいで、しばらく役者としては死んでいたシュワちゃん。「エクスペンダブルズ」でちょこっと出演した時も、政治の世界に夢破れ、政務ですっかりくたびれていました。

 そんな状態から2、3年経っての主演復帰作だったので、どれだけアクションスターとしての輝きを取戻したのか不安はあったわけですけど、見事なカメラワークと編集技術でパワフルなシュワちゃんらしい姿が楽しめました(スタッフめちゃ頑張ったw)大口径のリボルバーを片手でぶっ放したり。悪者と揉み合いながら2階建ての建物の屋上から落ちたり。最後にはボスとの一騎打ちでパワー&スピードな見せ場まで披露。

 ドアをぶち抜いた時「歳だな....」と言うシーンもあるけれど、もうすぐ70歳になる男としては充分過ぎるアクションでした。



 ストーリー面は二束三文の分かり易い内容で、FBIが大物犯罪者を輸送中襲撃を受けまんまと逃げられ、保安官であるシュワちゃんの住むメキシコとの国境付近の町を逃走犯がスポーツカーに乗って通過することを知り、当てにならないFBIを無視して少人数で大物とその部下達と対決するという話。

 とにかくシュワちゃんを活躍させる為にFBIがホント使えない組織にされてました。出し抜かれてばかりのFBI捜査官を演じる”フォレスト・ウィテカー”は、すっかりマヌケキャラが板に付いて来た感じ。SWATもあっさり戦闘不能になったし、いっそ軍でも動かした方が良いんじゃないかと思うほど犯罪組織の連中の方が火力上でしたw

 FBIに詳しい状況を知らされず、ほんの数人で銃火器を持った連中を相手にすることになってピンチになり、田舎暮らしに飽きていた若い警官が命を落とすようなベタ過ぎる下準備や、やられ役の脳天が綺麗にぶっ飛んだり四肢がバラバラになったりもするけれど、何処か嘘くさいところがあるから、あまり生臭い気分にならず気持ち良く楽しめる娯楽映画になってました。



 終盤はコルベット対マスタングという対決も見物。どこぞの農園を車で荒らしながらのカースタントは無駄に豪勢な気がしました。これだけ映画作りにお金を使えるというのは、まだまだみんなシュワちゃんに期待している証拠なのでしょうね。

 これならスター揃いのエクスペンダブルズ3でも存在感を出せそうな予感がします。





 アントニオ・バンデラス、メル・ギブソン、ハリソン・フォードと、更に混沌とした中年映画になりそうで、内容以上に役者の身体とギャランティの行方が心配だ (= ワ =*;)
posted by lain at 06:46北海道 ☔Comment(0)映画