マーヤの「レプリカ」な「音楽と人」

 気付けば通算24枚目のシングルと言うのもそうだけど、来年で芸歴20周年と言うのも大したものだ我がマーヤ。

 道に迷う若者達の内面をこれでもかとえぐり出したアニメ『M3-ソノ黒キ鋼-』に相応しい歌詞になっている「レプリカ」の出来もさることながら、カップリングの「coming up」がまた良い。緩いテンポのダンスナンバーのようなリズムで心地良さ抜群。これはライブで是非聴きたいっ♪ 

 ひとつ贅沢を言えば、レプリカの曲調はもう少し抑えて歌詞を静かに聴かせるようにして、真綾の高音低音を対照的に感じさせてくれる曲を付けて欲しかったところはあります。



IMG_3234.jpg



 僕が坂本真綾を好きでいつ続けている理由ってなんだろう?ふとそう思った。

 今になって振り返ると、偶然に思えるような出来事ひとつひとつが必然的に作用した結果”坂本真綾”と言う人間に僕は引き寄せられたわけで、自然に好きになっていたことをあえて言葉にするのは難しいけれど、大勢に認められても本当の自分を追い求め、何処までがオリジナルで何処からがレプリカなのか?そう問い続けている真綾を感じるとき、あぁ、この人を好きな間は俺も自分を愛してやれそうだと思えることが理由なのかもしれません。 そういう意味では、レプリカの実に簡潔でストレートな歌詞が、若い世代の気持ちを組んでいるのと同時に、先人がほとんどの事を既に成してしまった時代を生きる僕ら全てが一生抱えなければならない十字架を表現していて実に良かったです。


 こういう事をしたい。あんなことをやりたい。でも既に同じようなことをした人がいる。始めから諦めるのか、それともあえて同じと分かっていて尚進むか?知らずに済めばどれだけ幸せか分らないのにと感じてしまうほど、情報に溢れた時代は痛みや鬱屈の連続だが、坂本真綾と一緒なら悪く無い。大人の深みを湛える顔になって来た真綾。飾らない彼女の言葉と歌声にこれからも注目してゆきたいものです。





 素敵な男性に出逢い、女としての坂本真綾を知った彼女は、頭のなかでアレコレ悩むことより、生身で感じることの大切さを今最実感しているに違い無い。雑誌『音楽と人』でのロングインタビューでもそう感じました。

IMG_3235.jpg
IMG_3236.jpg

 ある意味完成されてしまった坂本真綾ブランドなので、作曲を頼めば作曲家が自分のイメージに擦り合せるように曲を仕上げるし、どんな歌詞を書いてもほとんど通ってしまう。だからこそ作品や演技のクォリティを上げるのは自分次第であるという真綾らしい負けん気も読み取れる良い記事です。

 ついでに真綾の自然体を強調したようなグラビアも素敵なので、是非レプリカに合わせてお買い上げ下さいo┐ペコリ 



posted by lain at 23:48北海道 ☔Comment(0)音楽

この夏、ドラえもんで泣く中年が急増中↑『STAND BY ME ドラえもん』八木竜一・山崎貴(監督)/2014年/感想

 35年と359日生きて来て、初めてドラえもんの映画を観た。

 そして泣いた....




 トム・クルーズが死んでは生き返る映画やら、繊細さが過ぎてお客を選んでしまったジブリやらを観るたび流れる『ドラ泣き』の文字に、確かにテーマ曲や予告の映像は泣けそうだけけれど、どうせ”どら焼き”に掛けた駄洒落で”ドラ泣き”とか言ってるんでしょう?と、高を括っていたものの、結局いつも通り何度も何度も涙が3D眼鏡の隙間から流れ落ちました。

 あえて夏休みが終わった時期にズラして観に来て良かった。子供でぎゅーぎゅーな劇場で男泣きとか絶対見せたくないからっ!(´;ω;`)



 ドラえもんを最初の頃からちゃんと読んだり観たりして来たお友達なら、絶対に知っている名シーンが凝縮されており、ドラえもんとの出逢いから別れ、そして.....と繋がる一連のドラマが展開。それがもうとにかく懐かしくも感動的でした。

 今回のドラえもん映画は、いつもの大長編と違って3DCGによる映画化でしたが、3D演出やモデリングの質感がとても良くて、コップの水から服の生地に至るまで拘り抜いて作っているのが伝わって来るんです。藤子・F・不二雄先生のキャラ特有の愛嬌のある動きも見事に表現していましたしね。

 しっかりした映像技術に支えられた名場面の数々に、つい観ている最中考えてはいけないことを考えてしまいました。これをもし旧ドラえもんキャストで映像化していたらどれだけ感動の度合いが増しただろうか?と。今の子供達にとってのドラえもんは勿論”水田わさび”さんだろうけど、僕らの世代は”大山のぶ代”さんの声で刷り込みされているので、キャスト変更後10年近く経った今でもあの声を思い出してしまうところがあるんですよね。



 決して”水田わさび”さんのドラえもんが悪いわけじゃないんです。今回も凄く良い演技をなさっていました。しかし、それでもなお、いつかもう一度旧キャストが集まったドラえもんを観てみたいと願う気持ちが少し大きくなったかもしれません。まだ皆さん健在なうちに、なんとか叶えたいものですなぁ。100周年記念じゃ間に合いそうに無いですしね............((ミ;Д;ミ))






posted by lain at 00:07北海道 ☔Comment(0)アニメ