この夏、ドラえもんで泣く中年が急増中↑『STAND BY ME ドラえもん』八木竜一・山崎貴(監督)/2014年/感想

 35年と359日生きて来て、初めてドラえもんの映画を観た。

 そして泣いた....




 トム・クルーズが死んでは生き返る映画やら、繊細さが過ぎてお客を選んでしまったジブリやらを観るたび流れる『ドラ泣き』の文字に、確かにテーマ曲や予告の映像は泣けそうだけけれど、どうせ”どら焼き”に掛けた駄洒落で”ドラ泣き”とか言ってるんでしょう?と、高を括っていたものの、結局いつも通り何度も何度も涙が3D眼鏡の隙間から流れ落ちました。

 あえて夏休みが終わった時期にズラして観に来て良かった。子供でぎゅーぎゅーな劇場で男泣きとか絶対見せたくないからっ!(´;ω;`)



 ドラえもんを最初の頃からちゃんと読んだり観たりして来たお友達なら、絶対に知っている名シーンが凝縮されており、ドラえもんとの出逢いから別れ、そして.....と繋がる一連のドラマが展開。それがもうとにかく懐かしくも感動的でした。

 今回のドラえもん映画は、いつもの大長編と違って3DCGによる映画化でしたが、3D演出やモデリングの質感がとても良くて、コップの水から服の生地に至るまで拘り抜いて作っているのが伝わって来るんです。藤子・F・不二雄先生のキャラ特有の愛嬌のある動きも見事に表現していましたしね。

 しっかりした映像技術に支えられた名場面の数々に、つい観ている最中考えてはいけないことを考えてしまいました。これをもし旧ドラえもんキャストで映像化していたらどれだけ感動の度合いが増しただろうか?と。今の子供達にとってのドラえもんは勿論”水田わさび”さんだろうけど、僕らの世代は”大山のぶ代”さんの声で刷り込みされているので、キャスト変更後10年近く経った今でもあの声を思い出してしまうところがあるんですよね。



 決して”水田わさび”さんのドラえもんが悪いわけじゃないんです。今回も凄く良い演技をなさっていました。しかし、それでもなお、いつかもう一度旧キャストが集まったドラえもんを観てみたいと願う気持ちが少し大きくなったかもしれません。まだ皆さん健在なうちに、なんとか叶えたいものですなぁ。100周年記念じゃ間に合いそうに無いですしね............((ミ;Д;ミ))






posted by lain at 00:07北海道 ☔Comment(0)アニメ

終わらないゲームを終わらせる勇気を下さい......

PS4
どうにもまずい。最近ゲームをクリアした記憶が無いのだ。

PS4が我が家に来て、前々から遊びたかったWarframeをコンシューマでプレイ出来るようになってから、ほぼコレ1本を遊んで来たと言っても過言では無いのです。プレイ時間もなんと350時間を越えてしまった。

あんなにモンハンを何百時間も遊ぶ奴らは馬鹿だと言っていた自分が、よもや土壺にハマるとは思ってみませんでした....


一体何故こんなにハマッたのか?



まずは基礎となる世界観と自機であるWarframe各種の個性的デザインがもの凄く好きであったと言うこと。不気味さを醸し出しつつも格好良かったり可愛かったりする豊富なWaframeは見ているだけで興奮出来ます。


毒をばら撒く美女や、風を操り機動性の良いフレームを好んで使っていたけれど、今はもっぱらRHINO(ライノ)。いっぺんに敵を掃討出来る能力に若干欠ける分、ほとんどのダメージを無効化出来る能力を持つため、ソロプレイでガンガンいけるのが良い。
5332F81E-BBEF-4969-BF11-8D2B23D16871.jpg
※毒のある美女SARYNちゃん↑

03DB4C61-59BF-435C-B230-5661A5101EC2.jpg
※騎士風の勇ましいRHINO

04472475-4ED8-4550-B16F-64AEDE29FFD4.jpg
※外装強化後の見た目



 これもひとえにTPSという視点を採用したおかげでしょう。色々とWarframeを弄った結果が目の前で確認出来ると、また色々とカスタマイズしたくなるというものです。

 それ以外にも、他の人が使っている機体の性能を見せ付けられ「それいいなっ!!」と思ったが最後、その機体を開発する条件を整える為に何度も何度もミッションをこなしてしまいたくなるバランスもいやらしい上手さがあるんです。Warframeや武器を強化出来るMODにしても、様々な条件付けがなされているので、コンプを目指したり良さそうなのを手に入れようとするともの凄く時間が掛かります。ただ、その苦労を越えたとき、強化出来たことをちゃんと実感出来てしまうからタチが悪い。また遊びたくなるじゃないですか..........

 やってることは実に単調なのですが、去年の3月PC向けに配信されてから第14弾におよぶアップデートが敢行され続け、こま目に新要素やバランスの調整が行われるからついつい遊んでしまうのです。どうしても課金したくなる場面も出て来るし、数少ない海外製の無料ゲームの成功例のひとつにWarframeはなっているのではないだろうか。


 そろそろストーリーが楽しめる作品を遊びたい気持ちもあるけれど、つい先日PS4向けに公開されたアップデート14のせいでやれることが増えてしまい、まだもう少し遊んでしまいそうな自分が居て怖いです....




 とりあえずまだまだ遊びそうな感じなので、もしもPS4版を遊んでいる方で難しいミッションを手伝って欲しいと言う方がいたら、”ilain”という僕のアカウントにご連絡下さい。少しはお役に立てるかもしれません。




関連過去記事


posted by lain at 07:18北海道 ☔Comment(0)ゲーム

Instagramな風景まとぉめ

 社会人にとって大事な連休であるお盆休みが終わり、我らが北海道では学校も始まって子供らの登下校姿を見掛けるようになりました。夜になれば肌寒さを少し感じるようになったし、北海道は何処となく秋の香りがし出しております。


 残り少ない夏を是非有意義に皆さんは過ごして下さいましo┐ペコリ 


早くおいしいお米におなり。
今空。
そろそろご飯にするかヨッコイショ
金曜までの人達お疲れさま。
ただいま。



posted by lain at 20:14北海道 ☔Comment(0)写真