赦し赦され生きて行こうじゃないか「天使の分け前」ケン・ローチ(監督)/2011年/欧州/映画/感想

 人間誰でも生きていれば大なり小なり罪を犯す。それと同時にその罪で何かを学ぶことも人間は出来る。

 


 この映画の主人公”ロビー”は、いわゆる人間のクズである。ドラッグを使用して暴力を振るい、若くして人間としての落第点を付けられた男なのだ。

 そんな彼に最後のチャンスが与えられる。投獄しない代わりに社会奉仕をしろと言うのだ。恋人との間に子供が産まれ、奉仕活動の面倒を見てくれる男”ハリー”にも助けられ、真面目に更正しようと考え始めるロビー。でもそれを許さない過去が彼の行く手に立ちはだかる。執拗に喧嘩を吹っ掛けて来る奴等。ロビーを嫌う彼女の親連中。自分の蒔いた種が今頃満開を迎えたかのように、彼と彼女とその子供の邪魔をする。

 もう地元には居られない、そう考え始めていた矢先、ウィスキー好きなハリーを通じて、ベラボーなオークション価格が付くであろうウィスキーの存在を知って、新生活の為に最後の悪事を働くことを決意するのだが.....






 
 ロビーが傷つけた被害者と面会するシーンまでは、その後の幸せな未来が予測出来ない内容だったので、もう少し重い結末が待っていそうな予感がしたけれど、最後は軽やかなハッピーエンドで胃にもたれない優しい作品でした。きっと、こう言う人間のクズに少しでもチャンスを与えたいと思えるかどうかで、映画自体の評価が割れるのだろうと思いました。ロビー自体は根が優しい青年なんですけど、彼と一緒にウィスキーを盗みに行く連中の阿呆さと言うか愚かさは死んでも治りそうも無かったし、生理的に嫌悪を憶える人も多いことでしょう。


 僕はどちらかというと反社会的な人間なので、どうしようもないクズ共が愛しくて仕方ない。少しでも変わりたいと考え行動しても、全てが裏目に出て信じて貰えないような不器用さは、誰かが愛して赦してやらなきゃならないと思っちゃうんですよね....

 「天使の分け前」は、その辺りの黒いドラマ性が若干弱い内容ではあるんですけど、自分なりのルールで一生懸命頑張り人への感謝を忘れないロビーの生き方が心地良く、たかがワインに何千、何億というお金を払う連中をあざ笑うような展開も一般庶民である僕には面白かった。


 物事の深刻さを決めるのは、個々人の判断より周囲の人々の「こうでなければ」と言う想い込みの重みが大きく影響していると思う。だから大勢の想いの前では『罪を憎んで人を憎まず』という言葉はいとも簡単にどこかに追い遣られる。

 この言葉が死につつある現代で、僕らは誰を赦し、誰に赦され生きてゆけるだろう?誰も赦さずにいたら、いつしか自分か周りかを世界から排除することになるかもれない...



 世のクズ共がロビーみたいに根が優しい奴ばかりじゃ無いのも確かですけど、早い段階からガッチリルールで囲んで行き場を無くすようなやり方ではなく、お酒の熟成の過程で少しずつ水分やアルコールが蒸発して失われる「天使の分け前」を受け入れるのと同じくらいの度量で見守る忍耐が世の中には必要だと感じました。

 人間でもお酒でも、熟成するには時間が掛かるものさ.....(´・ω・`)




 公式サイト http://tenshi-wakemae.jp/
posted by lain at 10:34北海道 ☔Comment(0)映画

ジブリの食事シーンは食欲を誘うけれど、この映画は真逆だった.......『スーパーサイズ・ミー』モーガン・スパーロック(監督・製作・主演)/2004年/米国/映画/感想

 今夜はネットで注文した少し高めの炊飯器が届いたり、早めに帰ってこれたこともあり、溜め込んだ映画を消化しようと何気なしにこの映画を観た。

 しかし、夕飯を食べながら観るような映画じゃありませんでした。めちゃくちゃ胸焼けしてます今.....




 10年以上前にアメリカで、ハンバーガーを食べ過ぎたせいで肥満になったとマクドナルドが訴えられ、そこに注目した監督兼主演である『モーガン・スパーロック』が、実際にマクドナルドの商品を食べ続けたら不健康になるのかどうかを自分の身体を使って検証することにしたと言う映画で、わざわざ今の健康状態を身体の隅々まで(直腸の触診まで.....)事前に検査し、医師は勿論のこと栄養士やら運動生理学の専門家やらに体調をチェックして貰い、”ウォーキング誌”の元編集長にアメリカ人の一日に歩く量まで聞いてマクドナルドを喰いまくり運動はおろか歩くことさえ最小限にした生活を30日間続ける姿に心底呆れました....

 題材が題材なので、どうしてもどちらか寄りの表現になるのは分かるのですが、決めたルール(1.一日三食マックを食べる 2.マクドナルドのメニューにある全ての物を一度は食べる 3.マック以外の食べ物は食べない 4.店員に「スーパーサイズ?」と聴かれたらスーパーサイズを頼む)の通りにお腹が空いていようがいまいがマクドナルドから三食買って吐くまで無理矢理食べてみたり、様々な専門家の証言映像を使っていかに肥満が害悪であるかを露骨に羅列する内容には正直辟易するところがありました。 

 滅多にファーストフードに行くことが無い僕は、今までファーストフードの食べ過ぎで肥満になるのは本人が悪いとしか思えなかったのですが、専門家やマクドナルドの広告戦略の話を聞いていたら、確かにお店側にも責任があるなと少し考えが軟化しました。親しみ易いキャラクターを使い、子供が喜ぶ環境店内に整え、テレビやら書籍やら玩具やらありとあらゆる所に宣伝費を掛け、物心付いて間も無いような子供の頃からファーストフードの味を覚え込ませるやり方は確かに褒められたものでは無いですよね?

 小さい頃に親しんだ味は、10年後、20年後でも食べたくなるものです。おふくろの味って一生忘れないでしょ?一般的な食生活を送って来た人が大人になってファーストフードに溺れるのは本人の責任だけど、幼い子供をターゲットにした刷り込み商法は意地期待無いというものです。まあ子供向けの商品はファーストフードに限らず意地汚いものだけどね......w



 少し偏った映画なので、本作には色んな意見が出るでしょうけど、一ヶ月間マック三昧だった男の散々な姿を思うと、ファーストフードは年に一回で充分だと思いました。たった30日で11キロ体重増えてましたし、医師や家族は本気で心配してましたね(本人もビビってたw)

 色んな人達がフィルムに収められていましたが、マックばかり通ってる人の表情が気持ち悪かったり、店員が肥満な人ばかりだし、ジャンクフードの業者が何故か学校給食に食込んで来てるアメリカの実状にも嫌気がさしました。お昼にお菓子喰ってるようのものなんだよ.....ちゃんとカロリーや栄養素に気を配っている日本の給食制度がなんと素晴らしいことか.........

 一時的な喜びのために必要無いカロリーを摂取したところで、最終的に心身ボロボロになるのではやはり意味が無いですよね。セックスにまで影響が出てるとか彼女にバラされてたしねモーガン.....



 こういう映画を学校の授業で見せることを義務付けたら、ファーストフードの売り上げガクッと下がることでしょうな。

 なんでも腹八分目が健康の秘訣なんですよきっと( ´З`)=3 ゲップぅ…
 
posted by lain at 21:38北海道 ☔Comment(0)映画

華を摘み取る女の本性とは...「そこに薔薇があった」打海文三/集英社/1999年/小説/感想

 いつも打海さんの作品には、色っぽいシーンが付き物であります。言葉のひとつひとつから女性の生々しい裸体を想像させられてしまって毎度モヤモヤするんですよねw

 今回のはその色っぽさが凝縮されてまして、これぞ打海文三と感じる背徳感丸出しの男女がまぐわうシーンはエロスを通り越して芸術の域に達しているように感じました。熱い情事に到達するまでの詩的な流れがとても良いので、その後の濡れ場がひときわ輝いているのかもしれません。打海さんの作品は欧州辺りで出版したらウケが良さそうだ。


 お話の展開としては、主人公(♂)が美しい女性と出逢い良い仲になった途端、その女性に殺されてしまうという天国から地獄な各章ごとの短編スタイルなのですが、実は全ての章のお話に繋がりがあり、ラストまでゆくと「もしかして?.....ハッ!!」と、させられる感じで女性が怖くて怖くて仕方無い作品になってまして、様々なコンプレックスを抱えた主人公達が命を落としてゆく様を見ていると、打海さんが自分自身を罰しているかのような気分にもなりました。



 ミステリーとして読みたかった人、純愛物として読みたかった人、この両者は不完全燃焼なのかもしれません。でも、自分で積んだ積み木を自分の手で壊したくなる打海さんの渇いた衝動が僕は良いなと思うのです。

 何より女性が美しくも恐ろしく書かれているのが良い。このような女性の衝動と男女の関係を、女性自身がどう読み解くのか興味ありますが、やはり打海文三作品は美しい女性に犯されたい願望を心の何処かに秘めている駄目男の為の至宝だと思うので、女性にはオススメしませんねゞ(*ゝω・)ノ


安定の打海ワールド
posted by lain at 20:42北海道 ☔Comment(0)小説