マーヤの舞台役者っぷり素敵やんっ「ダディ・ロング・レッグズ 足ながおじさんより」/坂本真綾・井上芳雄/2014年/ミュージカル/サントラ/感想

 声優としても、歌手としても、そしてひとりの女性としても円熟期へ向っている我が敬愛する坂本真綾


 そんな多才さで未知数の将来を嘱望される(ファンの希望的観測)彼女の原点とも言える演劇が初めて僕らの手元に届く日が来ました。一昨年から公演を開始し、去年は役者として名誉な菊田一夫演劇賞を真綾が受賞することとなった「ダディ・ロング・レッグズ 足ながおじさんより」をぎゅぎゅっと1時間ほどに凝縮したスタジオ録音のCDです。


※非常に若々しく見える真綾w


 孤児院に暮らす18歳の少女ジルーシャ(坂本真綾)は、ある夜、大学に進学し勉学を保証するという思いもかけない手紙を受け取る。


 条件は、月に一度手紙を書くこと



 手紙の主は、その夜に見た、車のヘッドライトに照らされ、まるで足長蜘蛛「ダディ・ロング・レッグズ」のような影、まさにその人だった。


 影でしか見たことのない相手だったが、ジルーシャは心を躍らせ手紙を送り続けた。影の正体であるジャーヴィス・ペンドルトン(井上芳雄)もまた、知性ある手紙を毎回送ってくれる彼女に、惹かれていくのに時間はかからなかった。


 そしてついにジャーヴィスは、影の正体であることを隠してジルーシャの前に現れる-。

※HPのSTORYより





 僕は真綾の舞台を一度も観に行った事がありません。いつか観たいと思っていたエポニーヌ(レ・ミゼラブル)役からも真綾は離れてしまいましたしね。結局今日までヘタレの僕は、せめて札幌公演があればと嘆き続け、いつかDVD化のような形でファンの手元に真綾の勇姿が届く日が来たら良いな〜と漠然と思っていただけなわけですが、奇しくも音源のみであってもミュージカルの魅力が自宅で楽しめる日が来ようとは思っていませんでした。


 ミュージカルナンバーのみをスタジオ録音した物なので、ダディ・ロング・レッグズを隅々まで楽しめる音源とまではいきませんが、通常2時間半を越える本公演で使われる曲を1時間分も収録していますから、かなり物語の流れを掴めるます。とにかく真綾や足ながおじさん役”井上芳雄”さんの熱の籠った演技&歌の迫力は凄いの一言。録音だと分かっていても生の舞台の息吹を感じさせてくれる仕上がりになっているので、サントラとしてだけではなく、ドラマCD的に聴くのも有りな気がしました。


 個人的にはジルーシャの憧れと嫉妬が綯い交ぜになった「他の子のように」が妙に懐かしの真綾ソングを連想させて好きでした。井上さんがメインの「幸せの秘密(リプライズ)」も素敵でしたね♪

 (= ワ =*).。oO最後にハゲを気にするところとかも笑ったなぁw




 勝手に期待して勝手に裏切られてと忙しいジルーシャと、臆病者な成金の繊細さがもどかしい愛の物語である”足ながおじさん”

 既に100年近く経っているのに、なんだかとても新鮮かもしれない。今じゃとうに失われた純愛がここには有るから....



 世界名作劇場の「私のあしながおじさん」面白かったよなぁ。なんだか久し振りに観たい気分。ジルーシャの心の闇を吹き飛ばすようなおしゃまな元気さが大好きだ。







IMG_2385.jpg





 公式サイト http://www.tohostage.com/ashinaga/index.html

posted by lain at 07:07北海道 ☔Comment(0)音楽