新緑が降る窓辺にて「Laika Came Back コンサート 5/11 札幌 musica hall cafe」/ライブ/2014年/感想

 北海道でも桜は散る頃と知り、穏やかで過ごし易い季節になって来た今日この頃。

 5月11日、優しい木漏れ日が入り込む札幌の”musica hall cafe”では、所狭しと集まったファン達が素敵な午後のひと時を楽しんでいた。
5EB135C1-4A74-42CA-A8EE-13C83F21D099.jpg

C01184F1-A1A2-449F-98F0-FF3CAEA67358.jpg


 今聴くとほとんどの曲が何がどう良いのか分らないバンド”BAKU”を卒業後、貪欲に音楽の道を歩むために"石田 ショーキチ"と手を組んだ”Spiral Life”で躍進し、更なる『個』の音楽を求め右往左往したAIRを世に残して一旦音楽から去ろうとした車谷浩司が、もう抱きしめることの叶わない最愛の人との想い出を一つ一つ確かめるように音を奏でているのが”Laika came back”と言う新たな到達点。






 AIRの後期から癒しなミュージックというか、既に隠居状態なリラックスムード全開になって来た車谷音楽。ヒーリングな方向性は前々から根幹にあったわけなので、本人からしたら自ずとこうなって来ただけなのでしょうけど、今の彼に戸惑っているファンが少なからずいるのも致し方無いと感じるくらい、生の彼は穏やかで、AIRで「Me,We.」を歌ってたのが嘘みたい....

飾らない風貌で物腰柔らかに話し、微笑み、自然体でほどよく憂いを感じる佇まいで歌を歌う彼は、物凄く身近な人のように見えて、でもその実、生きる次元すら違うようにも感じました。
やっぱ凄い男だ車谷浩司。時折、窓の外に眼を向ける彼はめちゃくちゃ絵になってたしなぁ....


 前触れもなくスッと会場に現れた彼は、既に録音してあるものではなく、即興でアクセントとなる音をその場で一つ一つ音を機材で重ねながらギターを弾くので、シンプルでありながら濃厚。 彼の丁寧な音使いと繊細な声を耳にしていると、大事な人の顔や、思い出の場所が奥底から湧き上がって来ます。

前半の「終電車」〜「駿馬」への流れが1番良かったです。新曲の「逆光」も今の車谷浩司を表現してて良い曲でしたし、最後に僕が大好きなThe Framesの「Falling Slowly」をカバーしてくれたのも凄く嬉しかった。またこんな良い天気の中彼の歌を聴きに来たいと素直に思えましたね。



それにしても、公演中に自分もお酒を飲みながらやって良いかファンに聞いて実際に飲み物注文しに行ったりして会場を和ませたり、コンサートの中ほどで10分、15分の休憩を入れるあたり流石女性ファンが多い方ならではの気配りだったなぁとw

やっとコンスタントに曲を発表したりライブを行える体制が出来て来たそうなので、今後の活動にも期待したくなる良いコンサートでした♪




セットリスト

1.あいうえお
2.George
3.Humming
4.桜花
5.When Your Wings Forget How To Fly(音源未発表)
6.A Horse With No Name (バンドAmericaのカバー)
7.(曲名不明、新曲)
8.終電車
9.駿馬
10.Ride On The Secret
11.「君を愛し赦す日々〜♪」が印象的な(新曲)
12.Trace
13.Landed
14.Southern Cross
15.逆光
16.Falling Slowly(映画「ONCE ダブリンの街角で」の主題歌で、バンドThe Framesのフロントマン”グレン・ハンサード - Glen Hansard 
”のカバー)




 公式HP http://laikacameback.blogspot.jp

 


関連過去記事


posted by lain at 07:02北海道 ☔Comment(0)音楽

止め絵が世界を駆逐する時...「Child of Light (チャイルド オブ ライト)/Ubisoft/2014年/PS4/Xbox One/PS3/Xbox360/Wii U/PC/感想

 連休中PS4でサイボーグニンジャアクションぽい「Warframe」ばかりを遊んでいたのに、休みが明けも相変わらずWarframeをやっているため、なかなか手に付かない『Child of Light』の序盤をようやく遊びました。



 日本のファンタジーアニメの世界観と、いわゆるJRPGの要素を織り交ぜて作られた本作は、その特徴ゆえにかねてから日本でも注目度が高いソフトでしたが、実際遊んでみても、その期待を裏切らないレベルのビジュアルで美しいですし、我々日本人が慣れ親しんだFFやグランディア等を彷彿とさせる戦闘システムが結構楽しい。主人公に付き従う光る妖精みたいな”イグニキュラス”を使い、回復や敵の目くらまし、MAP上のオブジェクトの操作などを行う要素も良いアクセントになってます。ちなみに、体験版は戦闘の難易度が高かったけれど、本編は噂通り難易度が低めのようです。

IMG_1574.JPGIMG_1577.JPG
※見知らぬ世界で目覚める少女



 とにかく世界観が綺麗で、その世界を放浪する少女のちょっぴり寂し気な佇まいが心地良く、良作な匂いが序盤の時点でプンプンするわけですが、どうしても気になるところが2点あります。

 一つ目は少女の会話シーンで挿入される止め絵のなんか違う感....

IMG_1578.JPG


 誰?...

 ゲーム中のキャラは非常に可愛くて、長いがなびくのも、の重みに負けるのも、素足でぺたぺたと歩き回る姿も、どれを取ってもチャーミングなのに、何故この林檎ほっぺな癖っ毛田舎娘イメージなのか?日本の創作物に影響を受けた割に、日本人の考える可愛いとは少しズレてますよねw このキャラ絵に関しては、このゲームが色んなサイトで取り上げられ始めた頃から分っていたのですが、実物を目にしてここまで興醒めするとは思いませんでした。

 もう一つ気になる点が会話の内容でして、せっかく綺麗な世界観なのに直訳感半端無い翻訳のせいか、元々がそうなのか、キャラ絵に合わないセリフばかりでなんかグッと来る物がありません。もっと少ない量で印象に残る詩的で抽象的なセリフの方が魅力を引き出せた気がしてしまいました。


 この2点が合わさってしまったために、先へ先へと進みたくなるモチベーションがなかなか上がりません。いっそセリフを排除してPS3の「rain」みたいにキャラも抽象的に描いてしまって絵本のような空間にしても面白かったんじゃなかろうか?




 序盤伝説の剣を抜くようなシーンがあったり、マスコットキャラとのほのぼのとしたやり取りがあったりと、コンセプトは良いのにこの絶妙な肩透かし感は残念な限りです。

 もう少し進めたらまた違う見方が出来るかもしれないので、まだ断言したくありませんが、どうなることやら少し不安ですね (= ワ =*)ハハハ....

IMG_1579.JPG






posted by lain at 07:22北海道 ☔Comment(0)ゲーム

この呼び方好きだな♡「ゆりだんし」/マイウェイ出版/2013年/写真集/女装/感想

 数年前から”女装家”だの男の娘だのと言う言葉が流行し出し、女装メイドカフェ「NEW TYPE」の店員さん達が写真集を出したり、フェチな写真を撮らせたら天下一品の”青山裕企”さんがとうとう女装写真に手を出したりと、昔なら肩身の狭いジャンルだった女装が書店でも市民権を得出したわけですが、女装だと言われなければ判別出来ない方達が増えて来たことで、伝統的なムサいおっさんの女装から〜男の人が好きで性転換も視野に入れている方の女装まで、かなり細分化が進み女装界隈は混沌を深めているように思います。


そんな世の流れの中、去年出版された「ゆりだんし」は、女の子より女の子らしく本物の女子によって演出された女装男子達が、まさに『百合男子』という言葉がしっくり来る感じで写真に収めれた写真集になっており、混沌したした世界を更に掻き回しておりました。





7C63125B-0A52-4B76-BF3E-48E670AADEF2.jpg

C7F62459-FB42-48AA-BFB3-800A0A451EF9.jpg DD56F491-79FF-40FA-A401-028AEFB0DF9A.jpg



ふんわりと可愛らしい方から、キリッとした格好良い系の方まで、写真のままの姿なら普通に街角に居ても違和感無しなのが素晴らしい。

特に僕のツボだったのが、加茂碧唯(かも あおい)さん。慶應義塾大学の学園祭で行われた女装コンテストにエントリーしたりしてた方なんですが、その頃から比べると更に可愛くなってまして、僕的に1番輝いて見えました(♡´▽`)
0A383C3E-2F14-411A-B207-79B232F935C4.jpg B2871D64-FA1C-403D-8A07-398CDFD014CF.jpg39448948-ED06-4385-958F-E4F7F77C3C5C.jpg 5C28881A-2B1B-4705-B7BD-B7EC01DB5821.jpg


 こうして可愛い格好をするのが好きで、しかもそれが似合っている男子が増えるのは嬉しいことなんですが、個人的には「海月姫」の"蔵之介"くんみたいに女の子が性的対象だけど、女性物の服が大好きで女装してる美人さんがツボなので、どんどん心も女性化して男性的な部分が一切無くなった方のは女装じゃなくて正装な気がしちゃいますね。

 まあ、それが悪いとか良いとかいう問題ではありませんが (= ワ =*).。oO可愛いは正義♪






 「男の娘×男の娘をテーマにした写真集「ゆりだんし」発売 男の娘があなたの法則を乱し始める」
 加茂碧唯Twitter(非公開) https://twitter.com/AonyanKamoAoi





 関連過去記事

  『男の娘....好きですか?┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ「NEWTYPE写真集 女々男子~綺麗な男の娘は好きですか~/2011年/同人誌/写真集/感想」』


『もうこのセカイの加速は止められない『女装少年』/青山裕企/一迅社/2012年/写真集』
posted by lain at 12:50北海道 ☔Comment(0)写真集