えーと、手放しに褒めれない....よね?.....「タイタンフォール Titanfall」/EA/Respawn Entertainment/2014年/Xbox360/Xbox One/感想

 発売日も決まり、やっと日本で重い腰を上げた感のあるXbox陣営。

 これで最近Xboxから離れてしまったユーザーも戻って来そうな気がしなくも無い、事も無い。

 9月まで現行の360を支えてくれるはずの頼みの綱である「タイタンフォール」も、冷静に考えるとそれほど特別なソフトではありませんでしたしね.....
 



 宇宙開拓時代の企業躍進による戦争をモチーフにした近未来SFな世界観を持つタイタンフォールは、飛んで・走って・乗って大暴れ出来る色んなゲームの旨味が凝縮された作品でした。ウォールラン等の要素は「ミラーズエッジ」、パイロットやタイタンフォールのカスタマイズは当然「CoD」、ステルス要素は「CRYSIS」、そして主役のロボット”タイタン”は、.......なんだろ?w

 まあ操作した感じは普通にメック系のゲームに登場するロボットです。唯一特殊な気がしたのは、バリアで敵の実弾を防ぎ、そのまま跳ね返して攻撃出来るところでしょうか。降りても自動でAIが動かしてくれたりもします。

 ただジャンプ出来ないんですよねw緊急回避的なステップは出来るんですけど、たまに障害物につまずいたり、狭いところで敵に蜂合わせた時にジャンプ出来ないのはちょっと面白く無いです....

 唯一タイタンてカッコイイ!って思ったのは、タイタンを召喚する時の演出です。空からもの凄い音を上げながら落下して来てズシーン!と、登場するのは流石におおっ!ってなりましたw

 遠距離攻撃は結構単調になっちゃうですけど、敵のタイタンとの接近戦になった時のどつき合いはハチャメチャで好きです♡ こういうロボットが登場するゲームは歩兵とのバランスが悪くなりがちなんですけど、歩兵のままタイタンに張り付いて攻撃したり出来るのでなかなかバランスは良い方ですしね。

 
 ロボットと歩兵が入り交じるFPSマルチゲーとしては、結構遊べる作品だろうと思うのですが、この手のマルチゲーにありがちなマッチングの悪さでやる気が削がれました。一応存在するキャンペーンモードでさえ人がある程度集まらないと直ぐに始まらないし、高レベルのプレイヤーと平気でマッチングを組むから操作に馴染んだり、MAPの特性を憶える暇がなく、マイペースに遊べるモードが無い為にストレスばかり蓄積されてしまいました。


 勝っても負けても進むキャンペーンモードなんて要らなかったなぁ。別にストーリーらしいストーリーがあるわけでも無いし。マルチだけで何千円も取るのはどうにも納得いかない世代の男です僕は。やっぱり操作に慣れる意味合いも込めて、しっかりとシングルだけのキャンペーンを作って欲しかった。

 様々なプレイスタイルが可能になる操作性や、ロボットの存在が楽しいゲームではあるし、CPU相手に銃を向けていればかなり活躍してる感を味わえる作品ですが、どっち付かずな所が多いので未完の大器と言ったところです。MSに急かされて早々にまとめあげたのかもしれませんね。 



 タイタンフォールでXboxに興味が湧いた人には悪いんですが、今更これ1本の為にXbox買うような事はしない方が良いです。 中華でも、フレンチでも、イタリアンでも無く、なんでも食べれて、それなりに美味しいバイキングレストランが1番だっていう方にならピッタリかもしれませんが....



 公式サイト http://www.titanfall.com/jp
posted by lain at 21:59北海道 ☔Comment(0)ゲーム