ひと欠片の好奇心と、とりあえずの一歩が”生きる”を呼び起こす「LIFE!」ベン・スティラー(監督・主演)/2013年/米国/映画/感想

 僕らは朝8時か9時には大抵会社でなにかしらの雑務をこなし始め、大陽が沈む頃まで齷齪働いている。


 労働なのだから正直楽しく無い事がほとんだ。自分だけの仕事で評価が決まる作業でも上手くいかなければイライラするし、チームで動くとなると、脚を引っ張ったり引っ張られたりに振り回されて疲れてしまう。



 そんな負のスパイラルに落ち入ったとき『なんの為に働いているのか?』と思わず考える。


 遊ぶ金欲しさか?


 社会の歯車として挟まっていると安心出来るのか?


 別にしたいことも無いし必要とされるなら何処ででも良いのか?




 あれこれ考えているうちに、生きている意味まで考え始めるものの、結局同じ日常に戻っている。


 それが僕らの人生。いや、僕の人生だろう。




 しっかりとした将来の形なんてなくても、漠然とした変化を心の中で誰しも求めているものだと思います。しかしそれは所詮頭の中だけの理想像。いくら妄想しても叶うわけでは無いのです。


 既に休刊してしまった”LIFE誌”最後の表紙を飾るべく写真を追い求めた男を描いた映画『LIFE!(原題The Secret Life of Walter Mitty」』は、そんな妄想だけで前に進めない僕らの代表みたいな主人公でした。





 毎日シリアルを食べ家計簿を書き、出逢い系サイトを眺める冴えない男"ウォルター・ミティ"は、印象的な写真でアメリカを、そして世界を伝える雑誌「LIFE」のネガを管理する仕事に就いている。地味な仕事だが、専属の写真家からは絶大な信頼を得ている大事な仕事だ。

 そんな彼を信頼する写真家の1人”ショーン・オコンネル”からメッセージ&プレゼント付きのネガが届く。オンライン事業に絞ることが決定され、紙媒体では休刊になってしまうLIFE誌の最後の表紙を飾るに相応しい写真だから使ってくれと言うのだ。

 報われることが少ない仕事のなかで、ショーンの言葉に感動するウォルター。早速最後の表紙に相応しいと言う25番のネガを見ようとするものの、何故かその一枚だけ見つからない....そこら中探すものの見つからず、新体制のために送り込まれて来た嫌な上司にはさっさと表紙の写真を見せろと言われ八方塞がり。さぁどうするウォルター?.......




 とにかく序盤から中盤までは、主人公ウォルターの妄想がド派手なアクション映画さながらの様相を呈していてめちゃくちゃ力が入ってました。しかも何処か笑えるのが良い感じ♪ 中盤からは妄想に後押しされつつも実際に行動する彼のワイルドでコミカルな奔走っぷりがなんか好きでしたね。主演・監督を努めた”ベン・スティラー”の飄々としたギャグセンスはお洒落だし、延々と何かを求めながら前に進み続けている自分を思い浮かべるようなボーカル曲の数々が本作の雰囲気を上手く盛り上げてくれてました。大好きなアーティストが沢山参加してて個人的に凄くツボだったのでボーカル曲だけ集めたサントラも即iTunesで購入♪



 内容としてはファンタジーに類するんじゃないかと思うほどご都合作品ですし、ある意味ベン・スティラーが自主制作したプロモを2時間近く見せられた感じがしなくも無いですが、素敵な妄想の数々や背景に文字を落とし込む最近流行の演出が楽しいですし、彼が伝えようとしている『生きる』為の真髄とはまず行動することだというメッセージ性が胸を熱くさせて良い映像作品だと思いました。


 ぶっちゃけLIFE誌なんて読んだことも無いし、LIFE誌の編集社がどんな場所だったのか知る由も無いわけですが、作中よく引用されるLIFEの社訓がとても前のめりでワクワクするような言葉なんです。奔放な写真家ショーンの様々なことを体現して来た男だけが出せる深みや、勇ましくなって戻って来た主人公が嫌な上司に捧げる言葉なども、やさぐれた僕の心に突き刺さりました。


 疲れた社会人


 信じる物を持たない人


 漢としての情熱を失った者


 夢やら愛やらが薄ら寒く思えるようになってしまった全ての人に捧げたい映画です。


 勿論こんな映画みたいには行かないのでリスクは付き物ですが、じっとPCの前に居ても本当の人生の醍醐味は味わえません。 肌を削るような風も、目が覚めるような飛沫も、大地を揺るがす生命の胎動も、僕らの五感が直に感じ取らなければ本当の刺激を脳は知り得無いのです。





 きっと来週も同じ毎日を繰り返す。


 でも、ほんのちょっとでも新しい自分を始める努力だけは欠かしたく無いなって、本心から思える良い映画でした。全てが報われる25番の写真の正体は劇場でお確かめ下さい♡ (= ワ =*)




 最後にウォルターの片思い相手がウォルターの妄想内で弾き語りしてたトム少佐の原曲をどうぞ♪





 LIFE!オフィシャルページ http://www.foxmovies.jp/life/


 LIFEオンライン http://life.time.com


posted by lain at 12:42北海道 ☔Comment(0)映画