沈んだ大陽がまた昇るように、月もまた空へ還る...「moumoon "FULLMOON LIVE TOUR 2014 ~LOVE before we DIE~" 3/22札幌cube garden」/感想

おはようございます。

昨日3月22日から始まった”moumoon”2014年のツアーに参加して来たせいか人恋しくてたまりません。

この両腕に、身体全体に体温を感じたい。心底そう思ってしまって自然と涙が溢れながら最初の三行を書き加えている僕です....(´;ω;`)ゞ))ポリポリ




LIVEの話の前に、誰も興味無いかもしれませんが、僕がmoumoonを好きになった頃の話をさせて下さい。

あれはそう、いつだったかなぁ?(早速あんま憶えてない)どこぞに出張行った時だったろうか?パワープッシュだから聴きやがれと毎日のようにラジオ局が流す『Do you remember?』を聴いたのは?...

冒頭の「Do you remember〜恋がはじまった帰り道は〜♪」の時点でガツーン!と頭が殴られたかのような衝撃を受け、まんまとmoumoonと言うアーティストに対し恋に落ちたあの時の僕。ボーカルの”YUKA”さんの抑揚が効いてるところだとか、ナチュラルな英語の発音もキュートだし、そこへ彼女を優しく包み込むような”柾昊佑”さんの曲がガシっとハマって産まれたメロウさにキュンキュンさせられてしまった....

ゆったりとした曲に舌を噛みそうな歌詞の波。これが実に心地良く癒される。ふんだんに鏤められた愛と哀の言葉もお洒落でなんか素敵。可愛らしくて抜群の歌唱力と繊細な曲のバランスが素晴らしい。が彼女達への最初の印象でした。


なのにそれから数枚ミニアルバムとフルアルバムを聴いたあと、しばらく彼女達から僕は離れてました。理由は特に無いです。単純にここ数年あまり邦楽を聴かない生活をしていたせいかもしれません(逆に今は邦楽中心ですw)

ここ数年ライブに熱を入れ出したせいで思い出し、ライブに行きたいアーティストのリストの中にmoumoonも早いうちから名前を入れていたのですが、去年は平日公演ということで断念してました。今年は土曜日だったので本当に嬉しかった。目標が決まると足取りも軽いのが人間と言うもので、早速手元に無かった「No Night Land」以降のフルアルバムを入手してガッツリ聴くことにしたのです....


久し振りに耳にするmoumoonの歌の世界。YUKAさんの可愛さは相変わらずだけど、それ以上に憂いの部分に磨きが掛かったように感じました。一部では初期の頃のポップでキュートな可愛らしさ全開から、ロック色が強まって来た現在の差に戸惑うファンもいるようですが、僕は今のmoumoon凄く好きですね。”PAIN KILLER”の「ネバイナフ」なんて泣きそうになるほどグッと来るし、出だしが味わい深い「どこへも行かないよ」は”小谷美紗子”さん並みに憂いを感じ、本当の意味でアーティストへの道を歩んでいるのだと強く感じました。


そうして一気にアルバム達を聴いているところにタイトルやジャケットが話題になった最新アルバム『LOVE before we DIE』が現れ、更に変化した彼女達には脱帽を禁じ得ませんでした。というか最初はピンと来なかったと言うのが正直な感想でして、スタンダードのようなのにトリッキーな作曲に思えるし、哀しい雰囲気でありながら何処か希望が見えている歌詞。それらが合わさって統一感がある作品であるがゆえなのか?今ままで彼女達に僕が抱いていたイメージが上書きされるまで良さが分からなかったのか?よく分らないけれど、少し冷却期間を開けてから聴いてみて初めてもの凄く良いアルバムだと思うようになりました。

改めて聴くと歌詞も曲も色んなことにチャレンジしているのに、moumoonの良さもしっかり継承しているし、何より抜き身なYUKAさんの歌詞と憑き物の取れたような思い切ったボーカルの突き抜け方に切実な想いが籠ってているように感じて最高に痺れた。どの曲が1番だと上げるのは勿体無いほどどれも良い。

愛しい想いが今にも駆け出しそうな「I say You say I Love You」 失われた愛の残像に想いをぶつけているような「Baby Goodbye」 情熱から一瞬冷めた時の自分に不安を禁じ得ない「Will you?」 現代病とも言える欲しがってばかりの世代を最高に力の抜けた感じで歌った「Yesterday today and Tomorrow (無気力同盟ショボンヌ)」 ちょっぴり身勝手で恐い願望をサラッと口にする「Butterfly Boyfriend」 人が手にするあらゆる感情のうねり、人生の価値に問い掛ける「memento」 少しずつ過ぎ去ってゆく時間の中で、愛おしい人との些細なやり取りの貴重さを知る「Everyday

兎に角、ここに上げ無かった曲や表題作「LOVE before we DIE」も含め、どの曲も今のYUKAさんの切実さが強く出ていてとてもアートスティックな一枚になってました(カバー曲「Lovin' You」は要らなかったかなw)子供向け番組のテーマ曲(ワンピースで使用してる曲だから当然かw)のような優しく懐かしい感じの「memories」で締めたのも本当に良かった(カバー曲とはいえライブでmemoriesをやらなかったのでひたすら残念でした.......)





これだけ切実で生々しいYUKAさんの想いが詰まったニューアルバムでしたから、実際のライブでの弾け方に妙な違和感を感じてました。確かに良い笑顔で歌ってましたし、縦ノリでめっちゃ飛び跳ねてましたけど、MCでやたら今回の新曲達を気に入ってくれたか気にしていた様子でしたし、ご本人も若干不安だったのかもしれませんね。これだけ切なさ全開の濃密な楽曲を詰め込んだわけですから。ただそんな彼女の問いかけにファンは良い反応を返したので相当手応えを感じて昨夜は良く眠れたんじゃないかしらw

いやぁ、でもほんと新参者の僕は面食らう勢いの激しいライブでした。少しでもノリの良い曲になるとレイブ状態で、僕みたいにしっとり感ある楽曲が好きな人は置いてきぼりをくってたんじゃなかろうか?しっとり曲も多いからまだ良かったですけどねw

それにしてもやっぱ可愛い人達ですよねmoumoon。YUKAさんの可愛さは言わずもがなだが、柾さんの口下手な感じがめちゃ可愛いし、ベースでツアー参加してるコジコジくんがめちゃ笑顔で汗だくなので、こちらまで釣られて笑顔になっちゃいました(*´ω`*)ニマ

新譜の曲はライブで聴くとより想いの籠った楽曲だと痛感出来たし、「Sunshine Girl」での生口笛の格好良さや「トモシビ」のアコースティックも凄く自分の中で来てました↑ 2人の名前を男(まさきー!)女(ゆーか!)が交互に呼び合うアンコール風景もファンとの強い繋がりを感じて凄かったなぁ。



僕的にはしっとり感溢れるアコースティックなライブの方が好きかもしれませんが、これはこれでとても良いライブを見せて貰った気分でいっぱいです♪

この先どんな姿をmoumoonが見せてゆくか分かりませんが、今のありのままの彼女達を僕は愛したいし、他のファンの人達にも受け入れて貰えたら嬉しいなと思いました (= ワ =*)


昨夜のセットリスト

1.memento
2.『Love is everywhere』
3.Bon Appetit
4.Butterfly Boyfriend
5.On the right
6.Sunshine Girl
7.トモシビ
8.Flowers
9.Baby Goodbye
10.I say You say I Love You
11.Will you?
12.S-cape
13.エメラルドの丘
14.Chu Chu
15.Yes / No continue?
16.IN THE END
17.LOVE before we DIE
18.Everyday

アンコール
19.Yesterday today and Tomorrow (無気力同盟ショボンヌ)
20.Good Night




今後のツアー予定

日程:3月29日(土)
会場:【東京】SHIBUYA-AX
開場/開演:17:00/18:00
お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:3月30日(日)
会場:【東京】SHIBUYA-AX
開場/開演:15:00/16:00
お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:4月2日(水)
会場:【石川】金沢AZ
開場/開演:18:30/19:00
お問い合わせ:キョードー北陸チケットセンター025-245-5100

日程:4月4日(金)
会場:【京都】京都MUSE
開場/開演:18:30/19:00
お問い合わせ:キョードーインフォメーション06-7732-8888

日程:4月5日(土) SOLD OUT!!
会場:【兵庫】神戸Kobe SLOPE (旧神戸ウィンターランド)
開場/開演:17:30/18:00
お問い合わせ:キョードーインフォメーション06-7732-8888

日程:4月6日(日)
会場:【広島】ナミキジャンクション
開場/開演:17:30/18:00
お問い合わせ:夢番地 広島 082-249-3571

日程:4月19日(土)
会場:【福島】郡山CLUB#9
開場/開演:17:30/18:00
お問い合わせ:G/I/P 022-222-9999

日程:4月20日(日)
会場:【宮城】仙台CLUB JUNK BOX
開場/開演:17:30/18:00
お問い合わせ:G/I/P 022-222-9999

日程:4月26日(土)
会場:【茨城】水戸ライトハウス
開場/開演:17:30/18:00
お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:4月27日(日)
会場:【栃木】HEAVEN'S ROCK宇都宮
開場/開演:17:30/18:00
お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:5月10日(土)
会場:【愛媛】松山サロンキティ
開場/開演:17:30/18:00
お問い合わせ:DUKE松山 089-947-3535

日程:5月11日(日)
会場:【福岡】福岡 DRUM Be-1
開場/開演:17:30/18:00
お問い合わせ:BEA 092-712-4221

日程:5月17日(土) SOLD OUT!!
会場:【愛知】E.L.L
開場/開演:17:00/18:00
お問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

日程:5月25日(日)
会場:【大阪】梅田AKASO
開場/開演:17:00/18:00
お問い合わせ:キョードーインフォメーション 06-7732-8888


日程:6月13日(金)
会場:【東京】ZEPP TOKYO
開場/開演:18:00/19:00
お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999



公式HP http://moumoon.com/index.html
posted by lain at 09:03北海道 ☔Comment(0)音楽

ひと欠片の好奇心と、とりあえずの一歩が”生きる”を呼び起こす「LIFE!」ベン・スティラー(監督・主演)/2013年/米国/映画/感想

 僕らは朝8時か9時には大抵会社でなにかしらの雑務をこなし始め、大陽が沈む頃まで齷齪働いている。


 労働なのだから正直楽しく無い事がほとんだ。自分だけの仕事で評価が決まる作業でも上手くいかなければイライラするし、チームで動くとなると、脚を引っ張ったり引っ張られたりに振り回されて疲れてしまう。



 そんな負のスパイラルに落ち入ったとき『なんの為に働いているのか?』と思わず考える。


 遊ぶ金欲しさか?


 社会の歯車として挟まっていると安心出来るのか?


 別にしたいことも無いし必要とされるなら何処ででも良いのか?




 あれこれ考えているうちに、生きている意味まで考え始めるものの、結局同じ日常に戻っている。


 それが僕らの人生。いや、僕の人生だろう。




 しっかりとした将来の形なんてなくても、漠然とした変化を心の中で誰しも求めているものだと思います。しかしそれは所詮頭の中だけの理想像。いくら妄想しても叶うわけでは無いのです。


 既に休刊してしまった”LIFE誌”最後の表紙を飾るべく写真を追い求めた男を描いた映画『LIFE!(原題The Secret Life of Walter Mitty」』は、そんな妄想だけで前に進めない僕らの代表みたいな主人公でした。





 毎日シリアルを食べ家計簿を書き、出逢い系サイトを眺める冴えない男"ウォルター・ミティ"は、印象的な写真でアメリカを、そして世界を伝える雑誌「LIFE」のネガを管理する仕事に就いている。地味な仕事だが、専属の写真家からは絶大な信頼を得ている大事な仕事だ。

 そんな彼を信頼する写真家の1人”ショーン・オコンネル”からメッセージ&プレゼント付きのネガが届く。オンライン事業に絞ることが決定され、紙媒体では休刊になってしまうLIFE誌の最後の表紙を飾るに相応しい写真だから使ってくれと言うのだ。

 報われることが少ない仕事のなかで、ショーンの言葉に感動するウォルター。早速最後の表紙に相応しいと言う25番のネガを見ようとするものの、何故かその一枚だけ見つからない....そこら中探すものの見つからず、新体制のために送り込まれて来た嫌な上司にはさっさと表紙の写真を見せろと言われ八方塞がり。さぁどうするウォルター?.......




 とにかく序盤から中盤までは、主人公ウォルターの妄想がド派手なアクション映画さながらの様相を呈していてめちゃくちゃ力が入ってました。しかも何処か笑えるのが良い感じ♪ 中盤からは妄想に後押しされつつも実際に行動する彼のワイルドでコミカルな奔走っぷりがなんか好きでしたね。主演・監督を努めた”ベン・スティラー”の飄々としたギャグセンスはお洒落だし、延々と何かを求めながら前に進み続けている自分を思い浮かべるようなボーカル曲の数々が本作の雰囲気を上手く盛り上げてくれてました。大好きなアーティストが沢山参加してて個人的に凄くツボだったのでボーカル曲だけ集めたサントラも即iTunesで購入♪



 内容としてはファンタジーに類するんじゃないかと思うほどご都合作品ですし、ある意味ベン・スティラーが自主制作したプロモを2時間近く見せられた感じがしなくも無いですが、素敵な妄想の数々や背景に文字を落とし込む最近流行の演出が楽しいですし、彼が伝えようとしている『生きる』為の真髄とはまず行動することだというメッセージ性が胸を熱くさせて良い映像作品だと思いました。


 ぶっちゃけLIFE誌なんて読んだことも無いし、LIFE誌の編集社がどんな場所だったのか知る由も無いわけですが、作中よく引用されるLIFEの社訓がとても前のめりでワクワクするような言葉なんです。奔放な写真家ショーンの様々なことを体現して来た男だけが出せる深みや、勇ましくなって戻って来た主人公が嫌な上司に捧げる言葉なども、やさぐれた僕の心に突き刺さりました。


 疲れた社会人


 信じる物を持たない人


 漢としての情熱を失った者


 夢やら愛やらが薄ら寒く思えるようになってしまった全ての人に捧げたい映画です。


 勿論こんな映画みたいには行かないのでリスクは付き物ですが、じっとPCの前に居ても本当の人生の醍醐味は味わえません。 肌を削るような風も、目が覚めるような飛沫も、大地を揺るがす生命の胎動も、僕らの五感が直に感じ取らなければ本当の刺激を脳は知り得無いのです。





 きっと来週も同じ毎日を繰り返す。


 でも、ほんのちょっとでも新しい自分を始める努力だけは欠かしたく無いなって、本心から思える良い映画でした。全てが報われる25番の写真の正体は劇場でお確かめ下さい♡ (= ワ =*)




 最後にウォルターの片思い相手がウォルターの妄想内で弾き語りしてたトム少佐の原曲をどうぞ♪





 LIFE!オフィシャルページ http://www.foxmovies.jp/life/


 LIFEオンライン http://life.time.com


posted by lain at 12:42北海道 ☔Comment(0)映画

Xbox Oneが9月にようやく出る。でもなぁ.....

 まったくXboxに期待していない人も、心底愛している人も、18日にようやく日本を含む26カ国での
Xbox One”発売時期が公表されたことを冷静に受けとめたことでしょうね。

 海外でのローンチから約半年ほど、PS4の日本発売からはひと月ほどが経過したタイミングでの今回の発表は、やっぱり日本市場なんてMicrosoftはどうでも良いんだなと思わせるに充分でした。増税だって目前に控えている日本ですから、最低でもPS4の発売前に確実な発売日を設定すべきだったと思います。

 Xbox360が日本で発売された時は、デジタル放送にこれから切り替わるからどんどん薄型ハイビジョンTVを買いやがれっ!な世の中だったので、ゲーム好きとしてもせっかく買ったTVで誰よりも速く次世代HD画質を体験してみたいと、まだまだ発売されそうにないPS3に先んじて日本に投入されていた360を手にしたユーザーが多かった。 その結果、360に遅れること約1年半で発売されたPS3は、値下げやら様々なキャンペーンを実施するまで苦戦を余儀なくされたのは記憶に新しいことでしょう。


 更にあの頃より日本は携帯機器でゲームを楽しむユーザーが増え、『基本無料』の言葉に踊らされ仕事と大差無いルーチンワークとしてケータイやPCでログインすることが日課になっている人がもの凄く多い。もはやお茶の間に2台も3台も据置き機を置く理由が無くなって来ているのです。

 据置き機として2013年1番だったPS3には、Vitaという飛び道具があるが、Xboxにそんな便利な物は無い。子供の時分に親しんだソフトが大量に配信されている”ゲームアーカイブス”もXboxには無い。せいぜいセガなど海外で評価されているメーカーのレトロゲーだけだ。

 そしてそんな懐かしい気分にさせてくれるゲームアーカイブスのソフトや、月数本のフルゲームを楽しめるサービス”PSプラス”の充実さもXboxには無い。ゴールド会員に月2本ソフトを提供する”Game with Gold”なるキャンペーンをXboxでも行っているが、提供されるソフトの質や量を考えてもPSプラスに及ばない。

 こんな状況で誰がXbox Oneの登場を待望出来ると言うのだろうか?.....



 僕は360をXboxを愛している。プレステがまんまとパクった実績システムだって、まだ不完全ではあるもののコントローラを必要としない革新的なKinectだって、そして何よりアナログスティックが操作し易く配置され手に馴染むコントローラーだって大好きだ。それでもこう考えずに居られない。何故にここまで差が見えるようになってしまったのか?と。

 Xbox Oneの発表時に大ブーイングだったネット常時接続を撤回するなど、当初からブレまくりだったXbox Oneの船出。若干性能面で有利だった360とは打って変わって、マルチタイトルでの解像度がPS4に劣っていたことにもガッカリでした。 熱心なファンは何台もXbox360本体を買い換えたり、北米版の本体を買ったり、1万本も売れそうにないソフトを予約して買い求めたりしているというのに....

 今まではせいぜいPSプラスの魅力と、日本のライトユーザーを取り込めそうに無いラインナップが残念なだけだと思ってたんですけどね...(各国ごとに向き不向きがあるのにサービスを分けて考えなかったMicrosoftが悪い) Appleにも少し感じることだけれど、アメリカ企業は俺様感覚で何でもかんでもやり過ぎですね。お客さんの目線が抜け落ちているように思います。世界的にも完全にPSと立場が入れ替わってしまった中、Xboxは何処へ向って行くでしょう?....


 
 4月に正式な日本国内でのサービス内容が発表されるそうなので、そこで少しは魅力的な話が聞けると嬉しいですよね。国内でもTVの配信関係に注力する気なのか?国内大手が手掛ける超弩級の独占タイトルを発表出来るのか?

 多分どんな発表がなされても売れないの分かってますけど.....





 追伸、僕は今直ぐにでも予約したいです(真顔)




 『「Xbox One」 9月に日本で発売 米MS』 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140319/biz14031912290014-n1.htm



関連過去記事

『次世代機のバカヤロー!!』 http://lainblog.seesaa.net/article/374399936.html