こんな完璧な中学生居たらオジさん凹むわぁ(´・ω:.;:…「ドキドキ!プリキュア」/テレビ朝日/2013年/東映アニメーション/感想

 困ってる人の為になら、どんなことでも全力で頑張っちゃう生徒会長が、弱い心につけ込まれ"ジコチュー"へと変貌させられてしまった人々を毎週救うと言う日曜朝の定番ヒーロー『ドキドキ!プリキュア』が終わってしまいました。

 秀才設定なのに、ちっとも頭が良さそうに見えない主人公の愛!愛っ!そして愛っ!!な、押しの強い姿勢がちょっぴり苦手だなぁと思いつつ僕にとって2作品目のプリキュアを観始めたものの、主人公”相田マナ”の変身後の姿が僕好みの主役らしいデザイン(ちょっと「神風怪盗ジャンヌ」っぽいテイストだと思ったら、作監の”高橋晃”さんジャンヌに参加してました)でしたし、周りのキャラが主役以上に見た目と中身がマッチしたキャラ付けがなされていたおかげで大きな違和感も無く世界観に入っていけました。ただ、女の子達がみんな出来過ぎなほど人間が出来ているのはファンタジーでしたけどねw

 マナの前に現れた謎のプリキュア”キュアソード”の事情が判明して以降、徐々に謎めいた楽しみが無くなってしまい、若干先が読めるようになってワクワク感は無くなってゆきましたが、時折泣けるエピソードがあったし、プリキュアの妖精達が擬人化するのも萌えたし、皮肉や洒落の効いたジコチューや個性豊かな悪役共が大いに盛り上げてくれました(田中真弓さんの”イーラ”は憎めない奴だった...)。他にも、物語の鍵を握る小学生プリキュアや悪の親玉キングジコチューの娘”レジーナ”の登場など、飽きさせない展開が流石のプリキュアシリーズだなと感じましたね。

IMG_9958.JPG
※擬人化した妖精達



 プリキュアは監督の名前がほぼクレジットされないので良く分りませんが、ドキドキプリキュアの面白さはシリーズ構成の”山口亮太”さん辺りの手腕によるものなんでしょうかね?個人的には山口さんが関わってる作品(メダロット・青の祓魔師など)は好きなので、毎週安心して楽しんでましたけど♪

 最終回でみんなにマナが正体バレちゃうとこなんかも、美味しいシチュエーションで良かったし、世界を自分だけのものしようとするキングジコチューに、自己中とは誰かに迷惑をかけて成り立つものであり、「誰もいない世界ではあなたは自己中でいられなくなる」と説き伏せるマナのセリフにはゾクりとしました。長い不景気が続き、少子高齢化にも拍車がかかって来た中での大きな地震と津波....  挙げればキリがないネガティブな日本で、誰もが自分を護ることで精一杯になっていないだろうか?そんな時、少しでも誰かを想いやる余裕があれば、人々の笑顔は芋づる式に増えてゆくんじゃないかというメッセージも本作には込められていた気がします。このセリフの為に49話を積み重ねて来たと言っても過言じゃないことでしょう。

 正体がバレてからの後日談として、人々に当てにされ過ぎて人類に絶望するきわどいプリキュアもありな気がしちゃいました。誰か薄い本で描かないかな?w 薄い本もそうですけど、だいぶプリキュアブランドに慣れて色々と各方面興味湧いて来たんですけど、やっぱ格ゲー欲しいですねプリキュアの。

 製作陣がプリキュア同士が戦う作品は作りたく無いと言うことらしいんですけど、セーラームーンとか平気で格ゲー出てましたし、ガチャガチャ弄ってるだけで技が出る、格ゲー苦手な女子でも楽しめる設計にすれば絶対需要あると思うんだけどなぁ..... (= ワ =*)


 
 


 東映公式HP http://www.toei-anim.co.jp/tv/dokidoki_precure/
posted by lain at 07:17北海道 ☔Comment(0)アニメ