裸の城主がひょろろんひょろろん♪((ノ´д`)ノ))「のぼうの城」/和田竜(原作)/犬童一心・樋口真嗣(監督)/2012年/映画/感想

あまり歴史に明るく無いので、誰々が何処に攻め込んだ細かい理由とかがよく分らないものの、少数が多数を破る戦と言うのは、いつの世も甘美なものであることは知っています。




 関西を掌握し、仕上げの関東へと矛先を向けた”豊臣秀吉”の一軍2万兵を相手に、たった500人で挑み退けたと快作と大々的に歌っていますが、兵として城に留まった農民を合わせれば3000人を越えていたと作中で語られあっという間に拍子抜け( ゚д゚)ポカーン


 よくよく調べると、彼等が籠った”忍城”を水攻めしたのも、”石田三成”の考えではなく豊臣秀吉の命令であり、石田は反対していたという話があったり、本丸が落ちる前に本当は忍城は落ちていたとかという説があるなど、不確かな歴史を都合良く解釈して美談にしただけのように思えてなりませでした。僕のような歴史に詳しく無い者ならいざしらず、石田三成ファンな歴女がいたら、激怒を通り越して訴訟を起こすレベルではないかとw


 こういう通常有り得ない戦って言うのは、僕だって嫌いじゃない。「銀河英雄伝説」の”ヤン・ウェンリー”を心の師と仰いでいるくらい少数精鋭が大好きだ。問題は、実際に居た人物を扱ってフィクションを描くことの危うさにあると思う。

 まったく存在しない人物であれば、いくら扱き下ろそうが、持ち上げようが、そういう人物なのだと受け入れることが出来るわけだけど、実在した人物が相手だと、多くの人の中にそれぞれ人物像が出来上がっているわけで、どうしてもこういう違和感が生まれてしまいますよね。

 まあ、この作品は色々とお金が掛かっているわりに、コメディタッチにしたかった為か肝心の配役がピンと来ないですし歴史解釈の問題以前に問題があるように思いますけどね。武将達に凄味に欠けていたし、榮倉奈々を使ったこともね.....



 個人的には、”野村萬斎”の独り舞台を観ている気分でした。彼が農民と野良稼ぎで仲良くガハハと笑い合う様や、野村萬斎本人が構成した田楽踊りの阿呆振りときたら圧巻でしたしね。いっそ、ミュージカルのようなテイストにして、映画全体を"テンポの良い狂言"で構成したら面白かったかもしれません。

なんでも型通りに作っていては、つまらないですし、それこそ野村萬斎演じる"成田長親"の型にハマらぬ思考と行動に習った意欲作であって欲しかったなぁと思いました...




公式サイト http://nobou-movie.jp/


「野村萬斎「のぼうの城」で体現してみせた“すきを見せる演技”」
http://eiga.com/movie/55578/interview/2/
posted by lain at 08:12北海道 ☔Comment(0)映画