裸の城主がひょろろんひょろろん♪((ノ´д`)ノ))「のぼうの城」/和田竜(原作)/犬童一心・樋口真嗣(監督)/2012年/映画/感想

あまり歴史に明るく無いので、誰々が何処に攻め込んだ細かい理由とかがよく分らないものの、少数が多数を破る戦と言うのは、いつの世も甘美なものであることは知っています。




 関西を掌握し、仕上げの関東へと矛先を向けた”豊臣秀吉”の一軍2万兵を相手に、たった500人で挑み退けたと快作と大々的に歌っていますが、兵として城に留まった農民を合わせれば3000人を越えていたと作中で語られあっという間に拍子抜け( ゚д゚)ポカーン


 よくよく調べると、彼等が籠った”忍城”を水攻めしたのも、”石田三成”の考えではなく豊臣秀吉の命令であり、石田は反対していたという話があったり、本丸が落ちる前に本当は忍城は落ちていたとかという説があるなど、不確かな歴史を都合良く解釈して美談にしただけのように思えてなりませでした。僕のような歴史に詳しく無い者ならいざしらず、石田三成ファンな歴女がいたら、激怒を通り越して訴訟を起こすレベルではないかとw


 こういう通常有り得ない戦って言うのは、僕だって嫌いじゃない。「銀河英雄伝説」の”ヤン・ウェンリー”を心の師と仰いでいるくらい少数精鋭が大好きだ。問題は、実際に居た人物を扱ってフィクションを描くことの危うさにあると思う。

 まったく存在しない人物であれば、いくら扱き下ろそうが、持ち上げようが、そういう人物なのだと受け入れることが出来るわけだけど、実在した人物が相手だと、多くの人の中にそれぞれ人物像が出来上がっているわけで、どうしてもこういう違和感が生まれてしまいますよね。

 まあ、この作品は色々とお金が掛かっているわりに、コメディタッチにしたかった為か肝心の配役がピンと来ないですし歴史解釈の問題以前に問題があるように思いますけどね。武将達に凄味に欠けていたし、榮倉奈々を使ったこともね.....



 個人的には、”野村萬斎”の独り舞台を観ている気分でした。彼が農民と野良稼ぎで仲良くガハハと笑い合う様や、野村萬斎本人が構成した田楽踊りの阿呆振りときたら圧巻でしたしね。いっそ、ミュージカルのようなテイストにして、映画全体を"テンポの良い狂言"で構成したら面白かったかもしれません。

なんでも型通りに作っていては、つまらないですし、それこそ野村萬斎演じる"成田長親"の型にハマらぬ思考と行動に習った意欲作であって欲しかったなぁと思いました...




公式サイト http://nobou-movie.jp/


「野村萬斎「のぼうの城」で体現してみせた“すきを見せる演技”」
http://eiga.com/movie/55578/interview/2/
posted by lain at 08:12北海道 ☔Comment(0)映画

静かに燻る詩人の渇望「ハルカトミユキ」/音楽/感想

 この前いつ振りかのカラオケに友人と行ったら

 「お前の唄う曲って、どれも切実な歌詞ばかりだな」

 って、言われた。



 
 確かにそうだ。行動してもしなくても上手くいかないことを、心の何処かで諦めきれず、なんで?どうして?こうしたいのに、ああしたいのに。こうしなきゃ、こうでなきゃ。理解されたい、想われたい。ならお前はどうすべきだ?と、求めてばかりで鬱憤を溜め込んでしまうのが僕である。いざカラオケに行こうと思い、何を歌おうかと選曲すると、どの曲もテンションが上がらない暗い曲ばかりになるのも致し方ないことなのだ。

 ちなみに、その日一番多くの曲を歌ったアーティストはamazarashiだエッヘン



 何かと暗い話題が多い現代なので、今は楽観的というか、分かり易い曲が好まれていますが、切実な人の想いはどんな薄っぺらいラブソングより心に響くから僕は大好きです。売り上げの大きさで曲の偉大さが決まるわけでは無いとも思う。ただ、僕が好きなアーティスト→売れない→活動停止ということが多いのは哀しい限り。

 だから、最近ずっと聴いていた”ハルカトミユキ”が、同じように消えてしまわないかどうかがとても不安だ....




 自分を探し続ける道すがら、肌で感じた"えも言われぬ"憤りや焦燥を糧にして、誰かに、そして自分達に、シニカルなフレーズで問い掛ける彼女達。友人の見立て通り、僕の大好物である切実ド真ん中をハルカトミユキは行っている。一見脈略や協調性が無さそうな想いの断片が、彼女達に整列させられた途端、力強く呼吸をし始める様は、ナヨナヨ・クヨクヨした男達の歌よりよほどストイックで格好良い。名前の通り、ミユキとハルカのユニットであるが、曲自体はバンド形式で構成されているし、重い内容の歌詞なわりに曲がリズミカルなの物もあるので、2人はライブ映えするに違い無い。




 wikiを読むと、森田童子さんの曲なども好きで聴いていたと言うから、これだけ切ない雰囲気のスタイルになったのだろうか?まだ人生の重さ的に彼女達は軽いかもしれないが、活動を続けてゆけば、もっと深みのあるメッセージ性の強いアーティストになれるかもと、ついつい期待してしまうわけだが、おそらくそんな長い間活動し続けることは無いだろうなと、冷静に考えてしまうもう一人の自分が嫌だ...

 とはいえ、メジャーデビューアルバムと、インディーズアルバムを聴き比べると、歌詞、曲、共にステップアップしていることを感じられるし、自分達の色を求める真摯な姿勢を見ていると、期待せずには居られないし、応援したくなる。

 今年もどんどん曲を作り続け、どさ回りのつもりで全国を行脚し、どんな小さな会場でも良いから、突き刺さるようなフレーズを僕らに届けて欲しい。

 ジャニーズやAKBだけが歌では無い事を証明するためにも....
 






ハルカトミユキ公式HP http://harukatomiyuki.net/sp/index.html


『驚異を生む言葉の作り方 ハルカ(ハルカトミユキ)×穂村弘』

http://www.cinra.net/interview/2013/09/19/000000.php
posted by lain at 07:12北海道 ☔Comment(0)音楽

見知らぬ国でド阿呆な小人と国おこし「A Kingdom for Keflings」/Microsoft Studios/2010年/XBOX360/XBLA/感想

 前作「A Kingdom for Keflings」共々、何度となくセールの対象になってなっていた『A World of Keflings』をようやく遊びました。



 Xboxのアバターをそのまま巨人として操作し、どこぞの国の発展の為に、ボンクラな国民に代わって一肌脱ごうというゲームで、一般住宅やら工場やらお城やら様々な建築物を作る為、素材集めパーツ作りパーツの組み合わせを何度も何度も繰り返す事になります。

 ぶっちゃけやることはこのルーティンの繰り返しだけ。基本は国民である小人さん達に素材の採集から運搬まで指示を出し、建築したい建物のパーツ作り運営をいかに効率よく進められるかを楽しむ作品なので、ちょっとした整理整頓ゲームだと考えて良いです。

 放っておくと、いつまでも同じ行動を繰り返す小人さん達なので、終盤になると、かなり指示出しが面倒になって来ますが、こういう作業が現実でも得意な人は絶対ハマるでしょうね。僕は約8時間ぶっ通しでDLC以外の実績をコンプするまでやり続けてました.....

スクリーンショット 2014-01-15 6.58.11.png
 

 二作目と言うことで、若干ゲーム性が高まっているようですが、もう少しここはこうして欲しいと思う部分もまだまだありましたね。ミニMAPの表示や、小人が今何処で何をしているか分かり易い全体MAPなども欲しかったし、指示をそのMAPから行えるようなシステムもあったら便利かな?と。せっかくお気に入りの小人さんに名前を付けても、すれ違ったくらいじゃ名前が表示されないから誰が誰だか分らないし、作り込み的には本当に勿体無いです。小人さん達と汗水垂らして築いた国にもう少し思い入れが湧くような要素があれば、まだまだ遊べたかもしれない....

  
 もうちょっとストレスを軽減して、遊び易さを考えたインターフェイスに仕上げたら、確実にハマって遊べるゲームになるであろう良ゲーでした♪o<。・ω・。>o

スクリーンショット 2014-01-15 6.58.26.png
↑悪ノリ巨人&小人
posted by lain at 07:03北海道 ☔Comment(0)ゲーム