諸君らが愛してくれた永井一郎は死んだ!何故だ....

 あぁ、今日も一日仕事終わったなぁ〜と思いつつ、ちょっぴりTwitterを覗いた途端に眼にした「永井一郎が亡くなっただと・・・」の文字。

 年齢も年齢であるし、意外と言うわけでは無いけれど、仕事で滞在中だったホテルで死因も分からず亡くなっていたという事実には「マジかぁ...」という気分全開になってしまった。


 永井さんと言えば、国民的お父さんである「サザエさん」の”波平”であると共に、「機動戦士ガンダム」のドラマ性を高めてくれた名ナレーターでもありました。

 時に厳しく。時に優しく。時にコミカルに。永井さんが喋ると場の空気が良く締まりましたね。お父さん、お爺さんを演じさせたら間違い無くトップクラスの方でした。真面目なお父さんから、不真面目なお父さんまで、バリエーションも豊富でしたよね。ある意味癒し系でしたしw

 僕が永井さんの声をアニメなどで聴くようなった時には、もう普通にお父さんな感じの声でしたけど、20代の頃とかどんな声してらっしゃったんでしょう?若い頃から渋い声だったのだろうか??(´-`).。oOきっと苦労人だったんだろうな....



 馴染み深いキャラとしては、「うる星やつら」の”錯乱坊” 「ドラゴンボール」の”カリン様” 「YAWARA!」の”猪熊滋悟郎” 「らんま1/2 熱闘編」の”八宝斎”などが直ぐ浮かびますが、つい最近でも「スペース☆ダンディ」と言う本気でふざけてるアニメで、”幻のラーメン”を作っている屋台のオヤジ役も良い味出てましたし、80歳を越えていても、まだまだ元気そうだっただけに残念で仕方無いですね。

 人間いつか死にます。僕達は確実に年々年老いてゆくのです。当然、大先輩達は僕達より先に歳を取ってしまうから、亡くなるのもそりゃ先になって当たり前。

 でも、そんな分かり切ったことであっても、寂しいものは寂しいものもので、いっそ自分が死ぬまで好きな人達には生き長らえて欲しいとさえ思ってしまいます。



 好きな相手の死に際を見たく無いっていうのは、ただの逃げなんでしょうね。辛い事は相手任せにしたいという....

 これからも沢山の人を葬ることになるでしょうけど、1人1人の人生をしっかり眼に焼き付けておきたいものですね。僕が死んでしまうその日まで....

 (-人-)永井さん、ゆっくり御休み下さい....



posted by lain at 21:19北海道 ☔Comment(0)雑記

ナマモノ注意だ演劇だっ「羊人間012」/森本晃司/保坂萌/劇団ムシラセ/2013年/演劇/感想

 いつ何処に飛んでゆくか分らないような、掴みどころの無い創作が得意なクリエーターさんて、皆一応に世捨て人のような風貌をしている気がする。

 国民的アニメを次々産み出して来た”宮崎駿”さんだってそうだし、押井守さんや数年前に亡くなってしまった”今敏”さんなども独特の雰囲気を醸し出していたし、顔出ししない”高山文彦”さんなんて既に殿堂入りと言っても良いでしょう。

 何故に彼等はここまで僕ら普通の人間と住む世界が違ってしまったのか?

 単純に見えている物が違うのか?感じ方が敏感なのか?頭の出来が違い過ぎるのか?


 ただハッキリしているのは、彼等全員終わらない夢を追い続けているという事。

 理想の少女を追い求め。永遠にお祭り前夜を愛し。混沌の中にこそ真実を追い求め。何度となく感情が揺らぐ刹那を描き続ける。それがクリエーターではなかろうか。 

  

 ”森本晃司”さんも、そんな名立たる変人達と並ぶ、世捨て人(見た目)クリエーターであるが、初?の舞台作品がスカパーで放送になっていたのを観てみました。




 元の1人の人間から11人分裂してしまったという”分裂人間”達の物語で、あーでも無いこーでも無いと面白可笑しく騒ぎ立てる内容なんですが、実際に居るか居ないか知れない自分達のオリジナルの話をきっかけに分裂したままで良いと言う意見と、元の一つの生命に戻るべきだという意見が対立する展開になってゆきます。

 この辺りから終盤まではエヴァっぽいテーマを感じてしまうわけですが、全体としては何処にでも飛び火しそうなコミカルさが非常に刺激的で面白い作品となってまして、水に濡れると融けてしまうだとか、感情や五感が全員に伝染するだとか、分裂だけじゃなくて統合出来るとか、分裂人間達の特徴一つ一つで舞台全体が動いているのが伝わって来ます。

 これは森本さんの突飛な引き出しの多さが素晴らしいのもあるでしょうけど、それを実行してみせる役者達の稽古の賜物でもありますよね。役者達を翻弄する側でも、翻弄される側でも、演劇を一から作るのはさぞかし楽しいことなのでしょうなぁ。

 場面転換を多用し、分裂人間以外の人間の配置で時系列を惑わせるなど、いたずら好きのオジさん達が考える演出は本当に面白い。森本さんの新たな試みであるので、少々まとまりが悪いところはありますが、感性をそこら中に引きずり回される感覚がすこぶる心地良い内容でした。ちょっぴり切ない終わり方も良いし、”たむらぱん”の田村歩美による音楽もピッタリ(公式HPでサウンドがONだとテーマ曲が聴ける)。

 またこういう機会があれば、もう一度演劇を森本さんには創って欲しいですね。


 
 アニメ監督で有名になった人っていうのも、たまたまアニメでの創作を認められたというだけの話しで、必ずしもアニメじゃなきゃ駄目ってわけじゃないなって、つくづく思いました。

 得手不得手はあるけれど、アニメ畑だから浮かぶアイディアは絶対にあると思います。昔演劇部だったと語る森本さんのように、演劇界からアニメ演出に進出するのだって面白い。

 アニメ好きだからアニメ。演劇好きだから演劇。そんな凝り固まった考えではクリエイティブは絶対行き詰まります。


 今の御定まりなアニメ業界にも、新しいジャンルからの刺激を取り入れて欲しいなぁ....




 公式HP http://sheep012.com
 羊人間012Twitter https://twitter.com/sheep_012
 劇団ムシラセブログ http://mushirase.jugem.jp
 テレ朝チャンネル(SOLD OUT) http://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/variety/0049/ 
posted by lain at 14:12北海道 ☔Comment(0)舞台

意地っ張りなジブリの双璧に挿まれ鈴木のオジさん絶句『文藝春秋 2014年 2月号 ”スタジオジブリ30年目の初鼎談「宮さん、もう一度撮ればいいじゃない」”』/雑誌/感想

 初めて『文藝春秋』なるお堅いイメージの小雑誌を買った。


 宮崎駿・高畑勲・鈴木敏夫 合わせて216歳の濃密そうな鼎談が掲載されていたからだ。



IMG_9915.jpg


IMG_9918.jpg



 文藝春秋と言えば、政治思想的に偏っている雑誌で、一部の「側」の人間を心地良く思わせるのを生業にしているような節があるように思えるし、滅多にそういった社会派な本を読む事が無い僕には、軽くぱらぱらとページをめくるだけで異次元に迷い込んだかのような気分にさせられました。せっかく買ったわけだし、お目当ての記事以外も洗脳されない程度に社会勉強だと思ってそのうち読んでみましょうかね....



 さて、去年揃って同じ年に作品を発表したために、なにかに付けて宮崎さん・高畑さん両名の複雑な愛憎具合を取り上げた記事が眼に飛び込んで来ていたのですが、こうして鈴木さんを挟んだ形で、じっくりお互いの考えを話すような記事は他に無く、大変インパクトありました。


 鼎談開始から牽制し合う2人。「あそこ」はこうした方が良かった。 いやいやあそこはちゃんと調べた結果「ああ」したのだから良いんですよ。と、お互いに言い張っているのが実に大人げなくて良い。あれだけ面白い物を作る人達だもの、こうでなきゃねw


 この2人は、お互いの良い所も悪いところも知り尽くしているから厳しい言葉を吐きたくなるのでしょう。特に宮崎さんは粘着質の人で、抱え込むタイプの人間ですから、かなり高畑さんへの想いは強いはず。 のらりくらりと自分の熱意を躱して来た高畑さんの、狡さが妬ましくて仕方無い自分が嫌い。そんなところなのかもしれない。



 ほんの10ページでありますが、お互いの本音を少なからず吐き出しているし、厳しいことを言った後にはあなたのこういうところを僕は愛しているのだと、フォローし合っている様子からは、かつての意欲が外にだだ漏れだった若きアニメ監督2人が、いかに長い刻を過ごして来たかが読み取れて、今なら2人であーでも無い、こーでも無いと言い合いながらも、また一緒に一つの作品を作るなんてことも可能な気がしてしまいました。


 とりあえず、この鼎談での熱さがある限り、この人達は物作りから離れる気はさらさら無いのだけは間違いありませんねw





 あまり文藝春秋の宣伝になるようなことはしたく無いですが、これ結構良い鼎談だったと思いますよ。


 実現しただけでも奇跡に近いですしね(ゝω・)☆





 文藝春秋HP http://www.bunshun.co.jp
posted by lain at 07:13北海道 ☔Comment(0)書籍色々