こんな完璧な中学生居たらオジさん凹むわぁ(´・ω:.;:…「ドキドキ!プリキュア」/テレビ朝日/2013年/東映アニメーション/感想

 困ってる人の為になら、どんなことでも全力で頑張っちゃう生徒会長が、弱い心につけ込まれ"ジコチュー"へと変貌させられてしまった人々を毎週救うと言う日曜朝の定番ヒーロー『ドキドキ!プリキュア』が終わってしまいました。

 秀才設定なのに、ちっとも頭が良さそうに見えない主人公の愛!愛っ!そして愛っ!!な、押しの強い姿勢がちょっぴり苦手だなぁと思いつつ僕にとって2作品目のプリキュアを観始めたものの、主人公”相田マナ”の変身後の姿が僕好みの主役らしいデザイン(ちょっと「神風怪盗ジャンヌ」っぽいテイストだと思ったら、作監の”高橋晃”さんジャンヌに参加してました)でしたし、周りのキャラが主役以上に見た目と中身がマッチしたキャラ付けがなされていたおかげで大きな違和感も無く世界観に入っていけました。ただ、女の子達がみんな出来過ぎなほど人間が出来ているのはファンタジーでしたけどねw

 マナの前に現れた謎のプリキュア”キュアソード”の事情が判明して以降、徐々に謎めいた楽しみが無くなってしまい、若干先が読めるようになってワクワク感は無くなってゆきましたが、時折泣けるエピソードがあったし、プリキュアの妖精達が擬人化するのも萌えたし、皮肉や洒落の効いたジコチューや個性豊かな悪役共が大いに盛り上げてくれました(田中真弓さんの”イーラ”は憎めない奴だった...)。他にも、物語の鍵を握る小学生プリキュアや悪の親玉キングジコチューの娘”レジーナ”の登場など、飽きさせない展開が流石のプリキュアシリーズだなと感じましたね。

IMG_9958.JPG
※擬人化した妖精達



 プリキュアは監督の名前がほぼクレジットされないので良く分りませんが、ドキドキプリキュアの面白さはシリーズ構成の”山口亮太”さん辺りの手腕によるものなんでしょうかね?個人的には山口さんが関わってる作品(メダロット・青の祓魔師など)は好きなので、毎週安心して楽しんでましたけど♪

 最終回でみんなにマナが正体バレちゃうとこなんかも、美味しいシチュエーションで良かったし、世界を自分だけのものしようとするキングジコチューに、自己中とは誰かに迷惑をかけて成り立つものであり、「誰もいない世界ではあなたは自己中でいられなくなる」と説き伏せるマナのセリフにはゾクりとしました。長い不景気が続き、少子高齢化にも拍車がかかって来た中での大きな地震と津波....  挙げればキリがないネガティブな日本で、誰もが自分を護ることで精一杯になっていないだろうか?そんな時、少しでも誰かを想いやる余裕があれば、人々の笑顔は芋づる式に増えてゆくんじゃないかというメッセージも本作には込められていた気がします。このセリフの為に49話を積み重ねて来たと言っても過言じゃないことでしょう。

 正体がバレてからの後日談として、人々に当てにされ過ぎて人類に絶望するきわどいプリキュアもありな気がしちゃいました。誰か薄い本で描かないかな?w 薄い本もそうですけど、だいぶプリキュアブランドに慣れて色々と各方面興味湧いて来たんですけど、やっぱ格ゲー欲しいですねプリキュアの。

 製作陣がプリキュア同士が戦う作品は作りたく無いと言うことらしいんですけど、セーラームーンとか平気で格ゲー出てましたし、ガチャガチャ弄ってるだけで技が出る、格ゲー苦手な女子でも楽しめる設計にすれば絶対需要あると思うんだけどなぁ..... (= ワ =*)


 
 


 東映公式HP http://www.toei-anim.co.jp/tv/dokidoki_precure/
posted by lain at 07:17北海道 ☔Comment(0)アニメ

年明けアニメはこれがい〜〜ね♪(゚⊿゚)b

 今年の年明けアニメは不作だと嘆いている人結構見掛けましたけど、僕的にも観ようじゃなくて観たいとより積極的になれる作品は少なかったかもしれません。まぁ、それでもコレくらい↓はあったわけだから、充分と言えば充分じゃないかな?....



「いなり、こんこん、恋いろは。」
「ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル」
「鬼灯の冷徹」
「スペース☆ダンディ」
「世界征服〜謀略のズヴィズダー〜」
「ニセコイ」
「妖怪ウォッチ」
「バディ・コンプレックス」


 他にも色々と観てますが、御新規さんでこりゃ気になったのはこんな感じ。

 兎に角1番衝撃的だったのは”岡村天斎”さんの新作「世界征服〜謀略のズヴィズダー〜」で間違い無いですね。いきなり日常的に戒厳令が敷かれている設定から入り、主人公がたまたま出会ってしまった補助輪付き自転車に乗った幼女が、実は世界征服を目論む秘密組織ズヴィズダーの首領で、彼女にすっかり気に入られた主人公は無理矢理戦闘員として組織に入れられてしまうというロリコン男悶絶な突飛さがあまりにもポカーンで良い。首領役”久野美咲”のロリっぷりが妙にリアルだしw

 幼女首領が第一話で「世界は征服されたがっている!」とドヤ顔で言うシーンなんて、まさにドMロリコン達への挑発そのものだったし、ふざけた内容のわりに「あ、そうかも」って勘違いしちゃうような鋭いセリフもあり、このままただのラブコメで終わりそうに無い岡村節を幼女と言うオブラートに包んで飲み易くしてみた作品とも言えそうです。

 ただ一つ不安なのが、首領に変貌した幼女の露出がセクシー過ぎて、倫理関連の人に怒られないかが気になる......ゴクリ



 
 
 ふざけた作品と言えば、今回一番悪ふざけが過ぎる「スペース☆ダンディ」

 ”渡辺信一郎”監督を筆頭に、ビバップ絡みの人達やそれ以外の大物が多数参加しているので、これで面白くならなかったらどうするのさ?って話なんですけど、あまりにもゆる〜く作ってますねw

 いや、勿論手抜きと言うわけじゃ無いと思うんですけど、スタートレックや、スペースコブラのパロディ全開だし、さっきこんな事になってたのにどうして今はこうなってるの?と、思わず思ってしまうほどの思い切った整合性の排除など、頭空っぽにしてお気楽に観てくれと言わんばかりの緩さなんですよね。正直この自由過ぎる緩さでどう盛り上げてゆけるのか、少々不安な第一話でしたが、第二話のちょっぴり哀愁のあるラーメンネタが思いの外良かったので、尻上がりにおマヌケな連中がフィットして来そうではあります。

 そういやOPに”岡村靖幸”を抜擢したことも驚きだったなぁ...
 




 原作を知らない「いなり、こんこん、恋いろは。」と「鬼灯の冷徹」も安定して面白いですね。

 「いなり、こんこん〜」は、最近よく見掛ける”少女×神社”の組み合わせで、変身出来る力を神に授かり、ドタバタと恋に友情に奔走する王道少女漫画展開が良い。好きな男子に告白出来ず、自分より可愛い女の子に軽く嫉妬してしまう主人公が不器用で可愛いし、神様であるお稲荷様がお色気むんむんだし、お稲荷様の御使い子狐がめちゃモフモフしてて萌えます♡ 変身要素が大いに青春の小道具として活きて来る事でしょう。

 それから鬼灯ですが、地獄がめちゃ公務員みたいに組織化されてて、表情一つ変えずに地獄のトップ”閻魔”を足蹴にしつつあの世をやりくりする”鬼灯”さんがあまりにも美味し過ぎますなっw普通に現世の話で盛り上がったり、気色悪い金魚が生える草を育てていたり、他作品のネタも平気で入れて来るからとにかくおかしいwww

 「銀魂」や「鬼灯」、こういうジャンルは日本アニメ上手いし強いっすね。それに子鬼可愛いよ!子鬼っ!!ゴロンゴロン

IMG_9942.JPG




 あとはそう、「ニセコイ」ねっ!

 ヤクザの息子が抗争を止める為に相手のマフィアの娘と付き合わなきゃならなくなってさあ大変!って設定が無茶苦茶過ぎて最高でした。ただ薄ら笑みを浮かべる優男とは違い、ジャンプ漫画らしい分かりやすい性格の主人公であるのも好印象。こういう美少女との恋愛物で大事なのは、女の子の可愛さ以上に主人公の男の子なんですよね。主人公がキモいと、そのキモい男を好きな女の子も気持ち悪く見えてしまい、ヒロインの魅力が半減するというものですよ(持論)

 二人の偽りの恋人関係を疑うマフィアとヤクザの子分達がなにやら画策してきそうだし、主人公と実は両想いっぽい女の子を交え、こんがらがった三角関係がどう収まるのか楽しみ♪新房昭之さん良い作品に手を付けましたw





 あとはそうね、個性豊かな妖怪達とワイワイやってる「妖怪ウォッチ」もすこぶる楽しんでいるし、久しぶりの”梅津泰臣”作品だけど、台詞回しが好みじゃなくて、そのうえ色々な要素混じり過ぎててアレだなぁ〜と思いつつも「ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル」結局見ちゃってるとか、作品のベースにガンダムっぽさが随所に見られて、またかぁ〜なサンライズの新作ロボアニメ「バディ・コンプレックス」がこの先どう転ぶのか冷ややかに見守っていたりします。


image-20140130074745.png

※妖怪ウォッチのジバニャンには要注目にゃ〜o0((((;(^ ・ω・)ノ



 年々細かい事をいちいち気にするようになって来ましたけど、まだ普通に楽しいと思える作品があるのが救い。おかげさまで一昨年辺りから再燃したアニメ熱はまだまだ冷めそうに無くて嬉しいです (= ワ =*)♪
posted by lain at 07:22北海道 ☔Comment(0)アニメ

夏草や 兵どもが MAGの跡...「MASSIVE ACTION GAME(MAG)」/ソニー/2010年/PS3/感想

 驚異の256人対戦をPCではなくコンシューマで可能にしたFPS『MASSIVE ACTION GAME (MAG) 』


 厳密には全員が同じ場所に集まり戦う場面は無いけれど、所狭しと兵士達が群がり押し合い圧し合いを繰広げる様は、それはそれは見応えある光景でした。


 必死に拠点を攻めて守って。味方を回復したり回復されたり。少しづつ前線を押し上げるのがこんなに楽しかったゲームはBF以来だったかもしれません。





 勿論256人対戦を可能にする為に、色んな物が犠牲になっていました。



 グラフィックやサウンドは一昔前のFPS並みだったし、バグも少なからずあった。キャラメイキングで最初に選ぶ勢力によってリスポーン場所が固定されてしまうので、常に不利を受けるプレイヤーが出てしまうというバランスの悪さもありました。きっと序盤でやめた人も多かったことでしょう。


 でもね、辛抱強く遊んでいればスルメ以上の噛めば噛むほどなんとやらで、不思議と夢中になってしまう面白さがありましたね....




 昨日1月28日にとうとう256人対戦の幕を閉じたMAG。


 最後くらい遊んでみようと昨夜試みたものの、既にサーバー死んでました。何度アップデートしてインストールしても、PS3がフリーズしてしまいました。28日終了っていったら、29日になるまで猶予あるってことじゃ無かったですね.....ガックリ


 最後ぐらいみんなワイワイ集まって戦っていたのだろうか?対戦人数が多い分、人が集まるまで大変なときもあったりしたなそういやw


 まったく続編の話が上がらないうちにオンラインサービスを打ち切られてしまったので、なんだか寂しさ倍増ですね。せっかく次世代機が出たわけですし、もう一度256人対戦のFPSにソニーには挑戦して貰いたいものです。MAGのおかげでPS3を見直したところも当時ありましたしね。すげぇなPS3って.....





 こうしてサービスが終了してしまうと、一切どんなプレイも出来なくなってしまうオンラインゲームというのは困り者です。技術的なことは良く知らないでのあれですが、理想を言えばせめてCPU相手に練習出来るモードくらいオフラインで遊ばせて欲しかった。対戦人数が足りないときは、カウンターストライクのようにCPUが兵士を動かせば良かったわけですし。


 基本無料ゲーでも無いのに、オンラインサービス打ち切られたらお終いなのはやっぱ頂けないです。もう遊べなくても中古屋さんには平気で並んでいるわけですし、知らずに買ったお客さん涙目ですよ....





 こうして夢の256人対戦を振り返ってみると、ユーザーに幾らもっと対戦人数を増やせと言われても、頑として首を縦に振らないBFが、いかに高画質とゲーム性の狭間で葛藤して来たかが痛いほど理解出来ました。何事もバランスって大事なんですよね (= ワ =*)










 関連過去記事


posted by lain at 06:57北海道 ☔Comment(0)ゲーム