これが東映創立60周年記念作品か....(´-`;)ウ-ン「北のカナリアたち」/阪本順治(監督)/湊かなえ(原作)/吉永小百合(主演)/2012年/映画/感想

 稚内より北にある離島で、その昔教師として働いていた”川島はる”の元を刑事が訪れ、分校での教え子”鈴木信人”が殺人事件の容疑を掛けられていることを知り、彼が自分の連絡先を持っていた理由を知るため、分校に居た残り5人の生徒達それぞれの元を訪れ、川島はると子供達にとって忘れられない20年前の事故の想い出を生徒一人一人と邂逅することになる。

 という映画かと思いきや、実は…..みたいなどんでん返しを含んでいるものの、別段驚くようなレベルではありませんでした。

 展開としては、当時の”あの”事故の時どう感じていて、今はどう思っているかを生徒達それぞれが先生相手に語るテイストになっており、どことなく湊さんらしい「告白」スタイルのような感じ。子供達の語りによって少しずつ過去に起きた事故にいたるまでの人間関係が見えて来ると言うものでした。 

 しかし、映画の演出が悪いのか?”湊かなえ”さんの短編がそれほどでも無いのか?原作を知らないのでなんとも言えませんが、ミステリアスにはほとんど感じなくて、普通にお涙頂戴の安っぽさが鼻についてしまい、このレベルならテレビSPかなにかで放送して終わりで良いのでは無いかとさえ思いました。

 役者は豪華の一言。主演の”吉永小百合”さんを筆頭に、里見浩太朗、柴田恭平、中村トオル等のベテラン揃いだし、主演でもおかしくないような若手”宮崎あおい”や”松田龍平”、「悪人」で見事な演技を見せた”満島 ひかり”なども名を連ね、これで良い映画にならなかったら誰の責任だ?と映画会社の人事問題に波及しそうなギャランティが動いたに違い有りません。

 ところが、この豪華さが逆にバランスを崩しているように思えました。まず主演の吉永小百合さんと里見浩太朗さんが親子であることの違和感。夫婦ならしっくり来た。劇中は柴田恭平さんが旦那さん役をしているわけですが、これがまた役者の色が吉永さんと違うからフィットしてない感たっぷり。役者の演技スタイルによって相性ってあると思うんです。

 宮崎あおいさんや松田龍平くんはそれぞれそれなりに良い仕事してましたが、”小池栄子”の演技がそれを台無しにしてたし、個々の善し悪しはあってもトータルでバランスは非情に悪い映画だと言えます。 主演ばかりを経験して来た良い役者っていうのは、我の強い人が多く、周囲の雰囲気に自分が合わせることに慣れていないのでしょう。そこら中にキムタクが居て演技してるみたいに違和感ばかりが残りました。



 個人的に唯一良かったと思うのが、分校の生徒達の子供時代、川島先生に促されて上手に合唱しているシーンが多かったこと。北の果てで綺麗な歌声を響かせる幼いカナリア達。この澄み切った透明感こそが、僕にとって、この映画の全てでありまして、色々と個人的にはピンとこない部分が多くても、彼等幼いカナリアの歌声には、赦し赦され「生きる」という事の尊さを充分に伝えられる力がありました。 中学の頃、授業や合唱コンクールで皆と歌うのが大好きだった僕にとって、最果ての分校の子供達が歌で繋がる姿は胸を打つ物があったのです。



 いつかあの頃の仲間たちと、懐かしい歌を歌い合えたらどんなに心地良いことだろう?

 そう考えるとついつい涙ぐんでしまいましたよ…...(´;ω;`)







 公式サイト http://www.kitanocanaria.jp/
posted by lain at 10:48北海道 ☔Comment(0)映画

邪魔だ邪魔だどっけどけ〜〜〜3 ブルル-ン「WRC Powerslide」/XBLA/PSN/XBOX360/PS3/2013年/感想/

 WRCと言えば、一台ずつ大自然をバックに舗装道路、泥道、雪道、あらゆる道を疾走してタイムを競うレースなので、己との戦いと言う意味合いが強いのですが、このゲームでWRCはかなりアメリカンな馬鹿騒ぎレース化されてました...





 ノリノリの音楽に乗って、計4台が狭苦しいコースにひしめき我先にと鼻息を荒くして車をぶつけ合うと言うなんとも荒々しく無粋なラリーゲームされてますよねw

 マリオカート等で拾って使うアイテムがこの作品にもあり、先頭の車に雷を落としたり、自分の前をゆく車に何やらホーミングでぶつけたり、自分以外の全車両に雪を降らせてスリップさせる等のアイテムを駆使して1位を目指すことになります(アイテムの特性を理解するまでイライラしますw)


 4台で走るのも奇抜ですが、斜め上からの見下ろしタイプのレースゲームであるのも新鮮でした。ラジコンを少し高めの位置から眺めながら操作してるような感覚です。 この視点のせいでコース上の樹々が視界を遮る等のいやらしい場面も出て来ますが、逆にそういった場所でのトラブルがマルチプレイだと面白いかもしれません。

 コースの作りもなかなか凝っていて、オブジェクトはちゃんと壊れるし、有名なコースの特徴をちゃんと感じることが出来るレイアウトが綺麗なミニチュアのような趣きで、絶景まではいかなくとも良い風景だと思いました。

 
 車両についても、大味ながら3クラスごとにも、メーカーごとにも性能が若干違うのが分かりますし、オブジェクトと同じくちゃんと壊れます(性能に影響は無い) それに操作に慣れて来ると、なんちゃってパワードリフトが心地良いゲームになって来ます。

 ちなみに全8コースにSSが3つと、それぞれに3クラス分のボリュームがあり、条件を満たしてゆくと次のSSやコースがアンロックされるようになってまして、全てのコースを遊ぶには自然と3つのクラスの車に乗ることになります。初見のコースはそれぞれ個性的で楽しいのですが、コンプを目指して3クラス分遊ぶとなると、かなり終盤ダレますw

 まあ全てのコースを全てのクラスでクリアしても、たいした時間は掛からないんですけどね。唯一のオンライン実績も45分間マルチをプレイするという簡単な物なので、簡単に実績やトロフィーは獲得出来るかと思います。



 とりあえず意外と面白いWRCゲーでした。こういうアーケードライクなWRCを、もっと大手のパブリッシャーが手掛けてくれたら更に快適で刺激的なWRCになりそうな気がしました。シミュレーター系レースのリアルさに疲れたら、箱庭気分で本作を遊ぶと気分転換になることでしょう♪

 欧州に人気が片寄っているWRCなので、あえてこういった米国受けしそうなアーケードライク作品を出したって言うのもあるでしょうかね?あんまり売れないんでしょうけど、懲りずにWRCゲーの裾野をこれからも拡げていって欲しいものです (= ワ =*)

 
 ※海外でしか配信してません




 公式サイト(英語) http://www.wrcpowerslide.com

 実績wiki http://www12.atwiki.jp/xbox360score/pages/1892.html

 『斜め見下ろし型ラリーゲーム『WRC Powerslide』が海外で配信開始、ローンチトレイラー』 http://www.gamespark.jp/article/2013/03/08/39394.html
posted by lain at 07:18北海道 ☔Comment(0)ゲーム

予告やタイトルに騙されちゃ〜いけない「モンスターズ/地球外生命体」/ギャレス・エドワーズ(監督)/2010年/英国/映画/感想

 地球外生命体の細胞サンプルを積んだNASAの探査機が大気圏内メキシコ上空で大破し、その時まき散らした地球外生命体の細胞が地球で根付いて巨大モンスターが生息するようになってしまってさあ大変!

 本作は、そんな状況が当たり前になって6年が経ったメキシコから、カメラマンの”コールダー”が上司命令で腕に怪我を負った社長令嬢をアメリカまでエスコートするという内容で、地球外生命体の到来で大きく変化したメキシコの人々の生活を描きつつ、モンスターの圧倒的な強さを少しだけ見せてくれました....





 もの凄く低予算の映画なので、モンスターが出て来たり、軍隊が登場する大掛かりなシーンは本当にわずかしかなく、あとは普通にエキストラなメキシコ人を配置して、モンスターの噂話を道すがら2人が見聞きするという、モンスター登場後のメキシコを観光するような内容になってまして、緊張感あるシーンもアメリカへ移動中襲われた時と、終盤にモンスターが現れた時だけでした。

 「クローバーフィールド」や「ブレアウィッチ」のようなモキュメンタリーを、カメラ視点ではなく普通に撮影したようなものなので、終盤モンスターの姿が完全に見えて来ると、唖然として「イカだな。イカ...」と気を失いそうになりました。この手の安い化物ネタは、化物の全貌を最後までぼかしておいた方が何かと便利な気がするのですが、あえて最後は生命の神秘的な綺麗な表現で終わらせたかったようで、馬鹿でかいイカ同士の求愛のダンス※(←反転するとネタバレが見れます)を見せられて感動(?)のエピローグへ突入します。

 パニックSFを期待してこの映画を手にしたならば、確実に肩透かしを喰らうし、感動作だと思って手にしても「はぁ?」で終わると思います。

 そんなどっち付かずの微妙なバランスが楽しめる人や、なんちゃってドキュメンタリーっぽいテイストの作品が好きな方なんかも面白いと感じる部分があるかもしれない。モンスターの繁殖方法や、習性についての設定が案外ちゃんとしているし、モンスターを倒す為に軍隊が行っている爆撃を非難するような人々が描かれているなどの世界観構築も行っているため、なんちゃってでもなかなか楽しいメキシコ観光になるかと思います。



 この映画のあと仕事が増えた”スクート・マクネイリー”は、社長令嬢を演じた”ホイットニー・エイブル”と結婚したそうなので、まさに私的なハネムーンを94分にまとめあげた映画だと言えるでしょう。

 結構良い表情して演技してると思ったら、普通に恋しちゃってたんだなぁ...


( ╹◡╹)<リア充はモンスターに喰われてしまえ♡





公式サイト http://www.monsters-movie.com/
posted by lain at 07:18北海道 ☔Comment(0)映画