人間"安藤裕子"がアップデートされました「グッド・バイ」/安藤裕子/2013年/音楽/感想

 諸事情(財政)によりなかなか新譜を聴けずにいましたが、ようやくフルで全ての曲に耳を傾けることが出来ました。

 ベスト盤やカバーアルバムを挿みつつ、しっかり毎年のようにアルバムを出してくれるねぇやん。

 今回はかなり新しい刺激を織り交ぜた一枚な気がしました。

 楽曲にしても歌詞にしても、表現者として新しいものを出してゆきたいと言う強い想いが出ていましたね。「いらいらいらい」と「貘砂漠」だけを切り取って聴くと、もはや別人のアルバムを聴いているくらいに変化が顕著に感じられます。

 もどかしさに髪を掻きむしりながら、音にし切れない感情が叫びを上げている。そんなねぇやんの姿が脳裏には浮かぶような一曲一曲でした。


すらすらと話す方ではないし、思い悩み過ぎるようなナィーヴさもあるねぇやんだけど、芯は強くて「こうだ」と思うことはちゃんと口に出来る女性だと、MCの時やLIVEのコール&レスポンスの際つくづく思わされて来ましたが、「問うてる」を発表してから、メッセージ性を重視した楽曲が増えた気がしますね。

それによって、特徴であった抽象的世界観→聴く者すべてに違うイメージを与えるような部分が、より鮮明なメッセージによって失われて来たところもあるのかもしれない。

そんな一抹の不安が頭をよぎるほどに、彼女の歌は、ここ数年いっぺんに味わっしまった悲しみと喜びによって変化したのです。
 
 生と死に板挟みにされて彼女は何を手にしたのか?

 その答えがそこかしこに散らばっている。今までの彼女がこれからの彼女へ変わる瞬間を眼にしているのかもしれない。

 既存のファンは戸惑うところもあるでしょう。今までの彼女をイメージして聴いたのならば。このアルバムから入る人達は安藤裕子をどう判別するのかな?とても興味ありますね。




 僕は色んなことに挑戦して足掻く彼女の強気なところは好きだけど、ベタさを避け無理矢理に引き出した曲よりは、やはり素直な感情が形になった曲が1番ではありました。今回のグッド・バイでいうと「ようこそここへ」「愛の季節」や「Aloha`Oe アロハオエ」「グッド・バイ」

 しかしライブになると光り出す楽曲もあるので、正直グッド・バイに収録された曲中心のライブが見てみたい気分でいっぱいです。

 残念ながら今年の後半のツアーに北海道は含まれていませんので、来年のどこかでグッド・バイの曲がセットリストに入ったライブが開催されると嬉しいですなぁ…..







EMTGインタビュー『安藤裕子、7thアルバム『グッド・バイ』、それは終わりではなく始まりの歌』
http://music.emtg.jp/special/2013090273108f38e




関連過去記事


『お帰りなさい。そしてありがとう。「安藤裕子 2013 ACOUSTIC LIVE 5/11 札幌 道新ホール」/LIVE/感想』
http://lainblog.seesaa.net/article/360648313.html

posted by lain at 07:21北海道 ☔Comment(0)音楽

まいごのまいごのおまわりさん「迷子の警察音楽隊」/エラン・コリリン(監督)/2007年/イスラエル/映画/感想

『 ”アラブ文化センター”での演奏を依頼されイスラエルへと降り立ったエジプトの音楽隊だが、出迎えも無く途方に暮れてしまう。


 なんとか目的地へのバスに乗り込むことが出来た音楽隊一向。しかし辿り着いた場所は目的地と一文字違いの寂れた町だった.....』





 だいたい軍隊や警察組織には音楽隊が実際にあります。


 日本でもアメリカでも韓国でも。



 ただ、その音楽隊がどんな活動をしてるかなんてあまり知られていないと思います。


 ていうか眼中に無いですよね(白眼)



 このエジプトから来たと言う警察音楽隊も同じで、とにかく誰にも注目されていない感たっぷり。何をやっても誰の眼中にも映らないかのような扱いを受ける。バスターミナルへ迎う途中写真を撮らせてくれと言われて綺麗に並んでみても、清掃係が気も止めずにフレームに入り込むし、田舎のヤンキーには小馬鹿にされるし、迷子になって辿り着いた町で泊めて貰った家の家族には白い眼で見られる始末。とにかく自信とか覇気を感じ無い頼りなさなのです....


 この辺りの描写は、エジプトとイスラエルの関係性が強く表現されているらしく、微妙な距離感で国同士が繋がっていることへの皮肉が籠められているそうだ。


 正直中東は複雑過ぎて良く分らないけれど、迷子になった警察音楽隊の実直過ぎる隊長と、その仲間達の不器用さがとても切なく愛おしく感じられました。


 特に迷子になった先でぶっきらぼうに面倒を見てくれた女性に、少しだけ心を解きほぐされ笑顔を浮かべた隊長が、結局自分の不甲斐なさに打ちのめされ、渋さのギアを少し上げた感じで歌を歌いつつ演奏が始まるラストが良い。




 この手の政治が織り込まれた作品は、その背景を知らないと楽しめないとか、知らないで感動してはならないと頑なに語る方もいますが、これは素直に一つの映画として観て良いと僕は思います。


 自分が大事にしているものが、いったいどれだけ周りに必要とされているのか?


 誰でも不安になることがあるはず。


 そんな不安な想いをしている人達の肩に、そっと手を添えてくれるような温かさと切なさがほのかに残る良い映画でした。




 上手くいかなくても良い。不器用でも上等だ。


 生きることは難しいから面白いのだから。










posted by lain at 07:07北海道 ☔Comment(0)映画

スネオさんマジぱねぇ駄目男だった☆(ゝω・)v「スネオヘアー TOUR2013「8」ー達磨ー<1RM in札幌> 10/27 "CROSS ROADS"」

 日頃から「逢いたい奴には逢いに行け!」精神で、LIVEは見れるうちに観に行くべきだと口煩く言ってる僕ですが、観に行ってこれほどアーティスト本人の駄目さ加減を味わったのは初めてだった....



 ”スネオヘアー”こと"渡辺健二"を意識することになったのは、セカンドメジャーシングル「訳も知らないで」からで、映像"PV"からでは無く純粋に音先行(地元ラジオ局でパワープッシュされていた)でした。

 だから、どんなスタイリッシュな男がこんな格好良い曲を作っているのかと勝手に想像を膨らませてしまい、スカパーで放送されていた音楽バラエティ”熱血!スペシャ中学”のレギュラーとしてスネオヘアーが出ているのを眼にしたときは、かなり意外な印象を受けました。




 ひょろひょろで落ち着きが無く、世間の評価に確信が持てないわりに自分の曲が大好きで、調子に乗るとどこまでも乗って後から後悔するタイプ。

 それがテレビの中で動く彼の最初のイメージだった。


 しかも自他とも認めるほどの駄目男で、親の信用で金融会社からお金を借りたり、恋人の金をアテにして機材を揃たり、人様をアテにし過ぎのだらしなさ全開なんです。

 そして何が1番駄目かって、その駄目さ加減を自虐的にネタとして使ってしまうところでしょう。小心者が本心を隠す為に駄目な自分をあえて曝け出して「ロックンロール!」だと強がっている。そんな気がしてならなかった。

 日曜のLIVEの時も、自分が用意したファンへのお土産に関して「要らなかったら家で捨てて下さい」と言っちゃう始末。時折冗談で言うだけならいいけれど、少しくどいんですよねw

 同じことを何度も繰り返し言うし、思い付いたらやろうとしてた楽曲ほっぽり出して違うこと始めるし、せっかくキリ良く終わっても蛇足しまくるのがちょっと鼻についちゃうのです。

こんな自由奔放な人を家族に持ったら、さぞかし大変でしょうなぁ。 


 
 これだけ駄目さ加減をプンプン匂わせているのに、彼のファンは非常に女性が多い。

 しかしファン層は片寄っているようで、こんな事を言うと怒られそうですが、「クズな男にウッカリ騙されそう」な30代前後の女性ばかりに見えました。

 「この人私が付いててあげなきゃ駄目なんだわっ!」と、すっかりその気になってしまうというか、甘やかしてあげたくなるんでしょう。良く言えば寛容で包容力がある女性達。悪く言えば駄目な男を更に駄目にしてしまう女性達だと言えなく無い....

 ナイーブでセンチな曲がスネオ氏の特徴ですし、自虐的なのもアートスティックな悲哀に感じて赦せてしまうのかもしれない。毒が強過ぎたりしつこ過ぎなければ面白い人物でもあるので、尚更「ほっとけない」感じなんでしょうかね?

 あくまで私感なので違ったらごめんなさい (´・д・`)ゞポリポリ...





  

 こんなに好き勝手に扱き下ろしているけれど、僕は彼の駄目な所が好きです。

というか、口先ばかり先行して自己嫌悪になっちゃうとこなんか、他人事とは思えなくて親近感かなりありますね....


 デビュー当時の自棄っぱちでダメダメなビビりロッカーから、なけなしの牙まで抜かれたナヨナヨポエマーへと変じてからは、あまり聴かなくなっていましたが、LIVEを前にしてここ数年のアルバムをまとめて聴いていると、こんな今のスネオも悪くないなって正直に思えました。お互い若さに任せて虚勢を張れるほど若くなくなっただけのことなんだなってひどく納得してしまったのです。

 まだまだ日曜のLIVEなどは自分家に友達を呼んで「これ凄いだろっ!」と無邪気に自慢する子供のような姿を僕らに見せてはいましたが、もうメジャーデビュー当時のガシガシした楽曲は彼にはもう作れないことでしょう。でもそれはそれで良いのです。

 最後に残るのがマンネリでも、ただの強がりで作る曲をいつまでも続けたって、音楽を嫌いになるだけのことでしょうから、今の自分が書きたい曲。書ける曲を書くのが正解な気がします。


これからもほど良く駄目男特有の不幸を纏って、音楽を楽しんで貰いたいものですな(´・灬・`)




 それにしても、バンド編成でドカッと激しいLIVEも良いけれど、アコギ一つで大事に歌うスネオ氏の姿は業の深さが出てて本当に良かったです。作り物っぽいCD音源より、100倍活きてるスネオに触れた気分になれました。


 惜しむべくは、1RM(ワンルーム)と銘打った新たな試みが、準備不足過ぎて無駄に尺が長くなってしまったこと。スネオ氏が準備をしている間、会場がシーンと静まり返る嫌な間も多く見られた。

 終わってみれば曲数こそ1ライブとしてはまあまあのボリュームを感じる24曲でしたが、フルで歌った曲は半分ほどで、残りはサビまでとかサビだけのショートVerばかり。

 1番時間を割いたのは、レコーディング風景や自室、インディーズ時代のアパートの写真などの紹介等と、ボイスメモに収めたデモ版の楽曲等の披露で、全てが終わった頃には3時間40分も経っていました。 帯広から来ていた女性は泣く泣く途中で帰らざる得なくなってましたし、僕のお尻と背中が悲鳴をあげるほど長かった.....



 流石に勘弁してよと思いましたが、なんとなく吹き込んだ、曲になる前の段階の音源を聴かせてくれたり、お蔵入りや最新アルバム「8」のデモ版を掛けながら、1曲1曲の製作話をちょろっと聞かせてくれたのは非常に面白かったです。

 普通に友達として渡辺健二の家には遊びに行きたくなりました。

 そして色々つっこんでやりたい。曲のことや現妻のことをw



 とりあえず今度はもっと一つのステージとして煮詰めたものを味合わせて欲しいです。

 MCも好きだけど、歌をもっとしっかり聴かせて欲しいから♪~(゚ε゚( )




セットリスト

 1. headphone music
 2. slow dance
 3.赤いコート
 4.Over the River
 5.眠りにつく頃
 6.期待ハズレの空模様
 7.if
 8.横顔
 9.こうしてはいられない
 10.ターミナル
 11.スターマイン
 12.NO.1
 13.スピード
 14.スキップ
 15.happy end
 16.エスプレ
 17.スカート
 18.ワルツ
 19.笑顔の数
 20.ストライク
 21.ナロウカーヴ
 22.やさしいうた
 23.さらり

アンコール
 24.ロデオ




レッツ宅録地獄☆
posted by lain at 07:04北海道 ☔Comment(0)音楽